今年のあいち国際女性映画祭オープニング
本日のひこ(danielwu)

ひこでは無くLisaちゃんの雄姿

76758502gy1fj98g0n0tjj20qo0xcn37.jpg

足を骨折してたけど もうすっかり良くなったご様子です

今週は地元の「あいち国際女性映画祭」が始まりました

2017090718472207c.jpg

私は今回は4本の映画を観る予定です

9月6日 「29+1」
9月7日 「キタキタ」「天才バレエダンサーの皮肉な運命」
9月10日「わたしたち」 

では順に簡単な感想など・・・
先ずオープニングの「29+1」から

l_p0072594721.jpg
続きを読む
スポンサーサイト
【2017/09/07 23:02 】
香港映画 | コメント(4) | トラックバック(0)
100%香港映画
本日のひこ

5B48C8F034D707519A83C0E5953740FC.jpg

私がカメラマンさんなら ひこみたいに色んな表情を
即座に作ってくれる素材は楽しいだろうなぁ

「控制 Control」は12月5日に公開~なんて
以前の更新で変更と載せましたが やはり元に戻って(笑)
11月22日のままという事で 最終版の予告も出ています

ようつべにはまだ見当たらないのでこちらでご覧下さい

a620329djw1eadeix4x14j213r1jk7wh.jpg

北京でしょうか 大きな海報が羨ましい~!

6b698e8ajw1ea90owcf1pj20rs0iljy2.jpg

こんな街かどのさり気無いのも直に見たいなぁ~!!

6b698e8agw1e9w582bz29j20sc0i4tfo.jpg

太極拳のおやじかな・・・朝の風景ってとこかしら
しかし・・・無茶苦茶良い構図ですね~

さて
今日はちゅうぶな三人娘で地元の映画館シネマスコーレで
コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」(寒戦)を鑑賞

初日の10時半の初回にかちこんだのですが 結構な人気で
ほぼ満席状態 木曜日の中日新聞のシネマガイドに載ってたから
良い宣伝効果が有ったのかな~あれ映画好きはチェックするものね

2013110921500000.jpg

監督 リョン・ロクマン&サニー・ルク
出演 レオン・カーフェイ アーロン・クォック エディ・ポン
アーリフ・リー ラム・カートン チン・ガーロウ

警察内部で起こる汚職と誘拐事件をリアルに描き、2012年の香港映画界で興行収入ナンバーワンを記録したポリティカルサスペンス。香港最大の繁華街モンコックで爆破事件が起こり、その直後に5人の警官が車ごと姿を消す。海外出張中の香港警察長官に代わり、次期長官との呼び声も高い行動班副長官のリーが捜査の陣頭指揮を執るが、消えた車にリーのひとり息子のジョーが乗っていたことが判明。リーは人質救出作戦「コールド・ウォー」を展開する。一方、同じく次期長官候補と言われる保安管理班副長官のラウは、リーの作戦が公私混同になりかねないと指摘。2人は激しく対立するが……。レオン・カーフェイ、アーロン・クォックら豪華キャストが出演。助監督や美術スタッフとして多数の作品に携わってきたリョン・ロクマンとサニー・ルクが初監督。(映画解説より)

第32回香港電影金像奨で主要9部門を制したこの作品

多様な役職の警察官が入り乱れ 大勢のキャラクターが登場し
最初ちょっとどうなるのかと危惧しましたが
警官が車両ごと消える事件は面白く 序盤はグイグイ惹き込まれ
結構見ごたえ有る群像劇をつくりあげていました

ただどうしても ストーリーを追うのが中心になってしまい
登場人物の心理戦をもっと見せてくれたらドラマ性が上がったけど
監督達のデビュー作で此処まで見せてくれたら 次が楽しみ

そして何よりも100%香港を満喫出来ました!!!
これは風景見るだけでも映画館で観れて良かった香港映画です(笑)
続きを読む
【2013/11/09 22:24 】
香港映画 | コメント(18) | トラックバック(0)
王道香港ノワール!
本日のひこ

6c29453bjw6dbi6g9qcgpj.jpg

珍しいひこのパオ姿は「建党偉業」の時です


色々と忙しいのでもう諦めよかと思ったけど 
ギリ何とか観て来ました

「ラスト・シャンハイ」

2323719-1.jpg

ユンファとサモハンの香港ノワール
これで面白くない訳ありませんよね(笑)

白いスーツ着たユンファが・・白い長袍着たユンファが・・ 
銃をぶっ放す イイね~ブラボー!

ちょっと丸く成り過ぎかと思たけど ラストの微笑みにクラクラ
やっぱりこの大スターっぷりは誰も真似できないよ~ステキ!

シャオミンの長袍(彼は薄ねず色)も良く似合って美しい
ユンファとシャオミンの長袍姿にはうっとりでした

20120616091647314.jpg

すっかり丸いユンファとほっそりのシャオミンが同一人物なんて
「大丈夫か~無理っぽ」と思っていたのですが・・・

次第に上海で大物になっていくシャオミンの若き大器が 
悠然と椅子に腰掛けている姿を 
カメラが正面から背後へユックリと回り込みながら映し
もう1度カメラが正面に戻ると大器がユンファになっている
思わず「待ってました!」って心の中で喝采でした(笑)

でも私的にこの作品で一番うっとりなのは
ん様(フランシス・ン)!
惚れ惚れするくらい悪い奴でかっこよく美しい!
ん様って(ひこにもその傾向あるけど)嫌な奴やらせたら上手いね~
あのなんともいえない冷ややかな目にはゾクゾクしました
最初の登場のシーンなんか~マジ痺れました(笑)

W020121017694417201218.jpg

ラストの京劇シーン美しく泣いちゃった

大器の恋人で京劇の俳優に袁泉(ユアン・チュアン)
ひこと共演の「如夢」で見た時より艶っぽく綺麗でした(笑)
確かママになった後の作品だと思うけど・・・

そうそう倉田さんは悪役日本軍将校として出演でした

たまには王道香港ノワールも良いものですね 

さて
話変わって
続きを読む
【2013/10/19 22:38 】
香港映画 | コメント(12) | トラックバック(0)
美術が素晴らしい映画
今日は統計開始以来最も早い猛暑日(35度以上)になった日本の香港

そろそろ観て来ないと 上映時間がレイトとかになりそうで(笑)
行って来ましたウォン・カーウァイが撮るトニーさん映画
(のつもりだったらツィイー映画だったけど)

2013-03-26-095211.jpg

グランド・マスター(一代宗師)

監督・脚本・製作: ウォン・カーウァイ

武術指導: ユエン・ウーピン

音楽: 梅林茂

キャスト
トニー・レオン:葉問(イップ・マン)
チャン・ツィイー:宮若梅(ゴン・ルオメイ)
チャン・チェン:一線天(カミソリ)
マックス・チャン:馬三(マーサン)
ワン・チンシアン:宮宝森(ゴン・バオセン)

カンフーの世界に、正義も悪もない。あるのは、“ 勝者” のみ。 実在した伝説の武術家イップ・マンを、アジアの巨匠ウォン・カーウァイが これまでの中国映画のイメージを根本から打ち砕く斬新な映像美で描く!(GAGA)

ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家イップ・マンの物語を描く。1930年代の中国。引退を決意した北の八卦掌の宗師(グランドマスター)・宮宝森(ゴン・バオセン)は、一番弟子の馬三(マーサン)と、南の詠春拳の宗師・葉門(イップ・マン)を後継者の候補と考えていたが、バオセンの奥義を受け継ぐ娘の宮若梅(ゴン・ルオメイ)も自ら名乗りを上げる。しかし、野望に目のくらんだマーサンがバオセンを殺害。ライバルでもあるイップ・マンに惹かれていたルオメイは、その思いを封印して父の復讐を誓い、後継者争いと復讐劇は複雑に絡みあっていく。(映画・com 解説より)

公式サイトはこちら

シルバーって言ったら レディースデーですって言われた
どっちも1000円で同じなんだけど 私の免許証が空を切ったわ(笑)

名駅前の皮張りシートの豪華映画館で
レディースデーで15人って多いの?少ないの?
途中で2人帰って行ったわ・・・

私はウォン・カーウァイ映画が好きで観に行ったから
ウォン・カーウァイの全編オレ様映画に文句は無いけど
カンフーアクションを期待して来た人なら 
まあ帰っても仕方ないわ・・・

とにかく美術が凄い 1カットの無駄も無い美しい画面よ
続きを読む
【2013/06/13 22:55 】
香港映画 | コメント(10) | トラックバック(0)
ジャッキー最後のアクション映画
ちゅうぶのお友達から今日はお誘いを受け 
白内障が治った後の最初の映画鑑賞に行ってきました

その前に先ずはランチから
本場インド料理というネパールカレーのお店(?)

6434531.jpg

外観はチープ感いっぱいなんですが お味は本気のネパール(?)
店内は現地の方のスタッフさんでアウェー感いっぱい(笑)

カレー2種のセットが999円でこのボリューム
ちゃんと写って無いけど ナンが凄く大きくて完食出来ませんでした

13-04-13_001.jpg

帰りがけについ「最近インド映画流行ってますね」
なんて声かけたら すごくにっこりでした(笑)

その後 シネコンに車で向い
今日が初日のライジング・ドラゴン(十二生肖) 
公式サイトはこちら

jcposutar.jpg

運転用の眼鏡が必要かとかけて見始めたら
見え過ぎて目が廻りそうになって慌てて外しました
私には慣れてる多少ぼんやり位が丁度良いようです(笑)

実は睡眠時間4時間で お腹も一杯だしちょっと寝るかも
なんて思ったのは大間違いでした

ジャッキー・チェンが監督 製作 脚本 主演を務めた
最後のアクション大作ですが 本当に凄いアクションの連続
冒頭のローラースーツでのアクションシーンからギュッと鷲掴み

最近は色々芸術性とか社会性とか追い求めてるジャッキーだけど
やはり一番好きなのは凄くてスカッとしてて楽しいジャッキー映画
続きを読む
【2013/04/13 22:12 】
香港映画 | コメント(10) | トラックバック(0)
ニコラス迷さんに混じって
今日はちゅうぶな三人娘&ニコラス迷さん達と総勢7人で
ニコちゃん映画を鑑賞してきました

お昼からだったので 先に急ぎ働きで
名古屋B級グルメの「若鯱屋」のカレーうどんをかっ込みの筈が
済みません・・・私は揚げなすおろし麺です(笑)

IMG_4490.jpg

あっさりしてとても美味しかったです
「若鯱屋」にもこんなさっぱり系があったのね(笑)

「ビースト・ストーカー 証人」HPはこちら

IMG_4489.jpg

監督 林超賢(ダンテ・ラム)

主演 謝霆鋒 張家輝 張靜初

噂に違わず凄く面白い作品でした
もう手に汗握るこれでもかこれでもかなストーリーに
終演後 肩がガチガチに凝ってるほどでした(笑)
辛い場面が多かったので 最後がハッピーエンドでホッとしました

それにしてもなんという因縁・・・
顔の傷痕にもちゃんと意味があったなんて やるせない・・・
様々なエピソードには訳があるのです 
細かい伏線が生きるラストには息を呑みました

これでニックさんが影帝になったのはうなずける凄い演技力です
どんな汚い手を使っても 愛する者を守ろうとする男の姿を熱演
最後の救急車の場面には思わず涙が溢れました

ニコちゃんは益々良い俳優になっていきますね
鼻血が似合うってアンディかニコかひこ(竊聴風雲2)だわ(笑)

嫁との苦労の多い生活も彼の演技力を磨くのには役立ったのね(爆)

トラムが走る元朗や北角など如何にも香港らしい背景に
ワクワクして香港熱が一気に高くなる映画でした
今年は久しぶりに香港に行けるけど
大名と義姉様連れでどうせいというの・・・(泣)
続きを読む
【2012/05/12 22:14 】
香港映画 | コメント(12) | トラックバック(0)
香港映画強化月間 第3弾
中華のパパラッチも NYまでは追いかけれないから
最近はすっかり ひこの近況も判らなくて

今頃はNYでセバスチャン・コルデロ監督の元 
「Europa」の撮影頑張ってるのね~と遥かNYに思いを馳せていたら

微博に珍しいスナップが有りました
 
食事かお茶か ひこが友人と話してると
エイ!ヤー!と小さなパンチが!?

66c5dbf9gw1dng3498bwyj.jpg

そしてこうなる・・・小さな子は良いですね~

66c5dbf9gw1dnh7h5h38xj.jpg

私も抱かれたい~なんて~え  ちょっとひこの頭 

何故に坊主   
少林寺じゃ無かったよね(笑) 宇宙飛行士の役じゃ?

まあ良いわ ひこの頭は形が良いから
2007年の「天堂口」プレミアの時のひこも坊主でした
この年の夏 NYに演技の勉強に行ったのですが
スケボーで足を骨折し 新作映画降板し坊主になりましたから

1187319016129252815513.jpg

昨日は 香港映画強化月間第三弾
「密告・者(綫人)」公式サイトはこちらを見て来ました
続きを読む
【2011/11/27 23:22 】
香港映画 | コメント(16) | トラックバック(0)
香港映画月間第二弾
ラッキーセブン  アクセスプレゼント 

左側のFC2カウンターの数字が 
ラッキー7  のぞろ目(777777)を踏まれた方は 
FC2カウンターの数字を印刷又は写メして
鍵コメントでお知らせ下さい  
ささやかですが 可愛い手作りプレゼント差し上げます
(PC限定でごめんなさい 


秋の香港映画月間第二弾 「新少林寺」見て来ました

DSCF0707.jpg

ちゅうぶ三人娘のうち二人がニコラス迷さんなので
今月はニコ強化月間とも言います(笑)
なので初日の初回にかちこみましたが
郡部のシネコンは観客が30名ほどと 少し残念

カンフー映画の金字塔『少林寺』が29年の時を経て、アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ジャッキー・チェンなどの豪華俳優陣が集結、近代武器と伝統武術の戦いを描く、感動アクション超大作として誕生!
(昨年の東京国際映画祭の作品解説)

陳木勝(ベニー・チャン)監督の元 出演はアンディやニコや
ジャッキーの他に ファン・ビンビン(範氷氷) ウー・ジン(呉京)
ユー・シャオチュン(余少群)等ら魅力的キャストが顔をそろえています

1980年代に中国でカンフーブームを生み出したジェット・リー(李連傑)の
『少林寺』のリメイク版という事ですが
ひこが小学生の時に見て カンフーを習うきっかけになった作品です
(何時でも関心はひこなので悪しからず 笑)

1ea860211fa54bfebb8ff1cd504d5b2a.jpg

中国で絶大な人気のアンディが トンでも無い悪人から
部下に裏切られ 地位も名誉も最愛の娘も失い 
駆け込んだ少林寺で 禅と武術に触れて善人に転じて 
人としての道を模索する主人公を演じ流石でしたし

ニコちゃんのキレキレの強烈な悪役ぶりには脱帽でした

101216xietingfeng_001.jpg

もちろん世界のカンフースター ジャッキーの存在感は最高

DSCF0728.jpg
(ジャッキーのポストカード頂きました)

ウー・ジンがカッコよすぎ!! ホントアクションは半端じゃない
あのみんなを先に逃がせて 自分の身を挺して守った最後の姿
この人 すごく好きだわ~と彼のアクションには惚れます

110110103608248741.jpg

ベニー・チャン監督といえばなにはなくとも爆破(笑)
勿論この作品でも 物語の舞台である少林寺そのものの大爆破!大炎上!
約20億円の製作費を注ぎ込み3か月をかけて作りあげた少林寺のセットを
惜しげもなく壊してしまうという荒業です(笑)
少林寺映画なのに クライマックスの見せ場が爆破なんて
と言わないで アクションも凄いですが人間ドラマとしても秀逸ですから

劇場の大画面で観てこその映画に仕上がっていました 

さあ後は今週末の「密告・者」です

ところで 前の記事で私のタイツ(実はレギンス)がお誉めに預かり
関心を持たれた方もいらっしゃるようなので 公開~(笑)
続きを読む
【2011/11/19 20:31 】
香港映画 | コメント(12) | トラックバック(0)
香港映画月間第一弾「アクシデント」
今日は秋の香港映画月間第一弾
「アクシデント・意外」を見て来ました

何時ものちゅうぶなお友達プラスお友達のお友達と
駅裏のアジア映画迷の憩いの場所
ロジウラのマタハリ春光乍洩」で待ち合わせました

此処は本当に何時行っても 落ち着いて癒されるお店です

今日のごはんは「海老マヨ」でしたから迷わず決定

DSCF0557.jpg

これに食後の「アイスゆず茶」が付いて今日のごはん(800円)です

美味しくぱくつき 話したい事聞きたい事だらけで
アッと言う間に 映画の時間が近づき 近くのゴールド劇場に移動

此処はお馴染みの「シネマスコーレ」と共にアジア映画率の高い劇場です
開場の時間になると最近にない盛況 60人はいるかな(笑)
圧倒的に多い男性の姿に 何故?と少々不思議な感じ
俳優じゃないよね(暴言失礼) やはりジョニー・トーの力かな

初日の初回にかちこみましたから
先着プレゼントのクリアファイルゲット

DSCF0560.jpg

今月はこの後第二弾19日と第三弾26日が控えています(笑)
お楽しみが次々ですが・・・
個人的には ひこが関わる作品はゼロと言うのが悲しい
続きを読む
【2011/11/05 21:44 】
香港映画 | コメント(12) | トラックバック(0)
パンちゃん祭はじまり
夏のセールの真っ最中ですが
先日 私も衝動買いしました

デパートの中の普段通らないキャリアウーマン向けな
ブランドが両側に並ぶ通路を歩いていて
突然『呼ばれた』気がしました(笑)
目の端に赤い色が二つ 

01678a.jpg

大好きな籠素材だし 
さくらんぼが面白い使い方で
一目で気に入りました

夏はやはり籠が一番好きです


さて今日から地元シネマスコーレでは
名古屋パンちゃん祭が始まりました

<パン・ホーチョン監督特集上映>
お前は誰だ!?


9日(土)12日(火)17:25~19:15
イザベラ/伊莎貝拉

10日(日)13日(水)17:25~19:05
ビヨンド・アワ・ケン/公主復仇記

11日(月)14日(木)17:25~19:10
AV

15日(金)17:25~19:10
些細なこと/破事兒
夏休みの宿題/暑期作業


今日は中国語が夜ありましたから出かけるのは諦めて
家で昼間 香港版を見ました(笑)

中国へ返還される直前のマカオの街並み
タイル張りの道をうろつき歩きたくなります
ちょっとした壁や石畳の微妙な色合い
見てると・・・無性にマカオに行きたくなりますね
古びたアパートのアンニュイさ加減
パンちゃん監督はとにかく映像が素敵だと思います
くすんだ赤 好きな色だから特に気になるのよね~(笑)

明日の「ビヨンド・・」もそうだけど
監督の音楽の使い方は天才だわ
それぞれのシーンで流れる音がすばらしい
ベネチア映画祭音楽賞受賞しましたが サントラ盤欲しい

イザベラ・リョンの魅力が一番の映画ですね
透明感のある少女特有の危うさときらめきが
画面の向こう側にこぼれ落ちてる
すごく才能のある女優さんだと思うから
また香港映画に出てくれると良いですね
超高額な慰謝料と養育費もらってるから無理かな(笑)

チャップマンなのに女にモテモテで(笑)
チャップマンなのに薄汚れた卑怯な悪徳警官
でもチャップマンだからどこか良心も残し憎めない
チャップマン・トーにどんどん引き込まれていきました

明日は私のメインの
『ビヨンド・アワ・ケン/公主復仇記』
香港版は散々見てるし 映画祭でも見てるけど
地元で見れるなんて!素晴らしい!!!

素敵な香港がいっぱい出てくるので
香港に行きたい病が悪化するのは確実(笑)

そういえば香港メディアに 呉太太の記事がありました
続きを読む
【2011/07/09 23:59 】
香港映画 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

無料カウンター