「ジオストーム」を観て来ました(ひこ迷馬鹿の感想)
本日のひこ(danielwu)

201801271839378ed.jpeg

今日は満を持して「ジオストーム」を車で20分位の
隣市のシネコンで仲良し姉妹のお友達と観て来ました

「ジオストーム(Geostorm)」

854f0f0dly1fjpw6iv81jj21kw2dhhdv.jpg
(中国版のポスターですので呉彦祖の名前が真ん中に(笑))

50c7aeb1a8fdd177.jpg

監督 ディーン・デヴリン
出演 ジェラルド・バトラー ジム・スタージェス
    アビー・コーニッシュ  アレクサンドラ・マリア・ララ
    ダニエル・ウー エド・ハリス アンディ・ガルシア

「地球の気候をコントロールすることを可能にした人工衛星が暴走し、世界中が異常気象や大災害に見舞われるなかで、未曾有の危機に立ち向かう人々の姿を描いたディザスターパニックアクション大作。「インデペンデンス・デイ」の製作・脚本を手がけたディーン・デブリンが監督として初メガホンをとり、「エンド・オブ・キングダム」のジェラルド・バトラー、「クラウド アトラス」のジム・スタージェスをはじめ、アビー・コーニッシュ、エド・ハリス、アンディ・ガルシアといった豪華キャストが出演している。世界各国の最新テクノロジーを集結し、天候を完璧に制御することを可能にした気候コントロール衛星の運営開始から3年。突如として衛星が暴走を始め、世界中で異常気象を発生させる。衛星の生みの親でもある科学者のジェイクは、衛星の暴走原因を突き止めるため宇宙へ向かうが……。」
(作品解説から引用)

今回のエンドクレジットでひこの名前「Daniel Wu」が
主演級の皆さんと一緒に1人づつ4番目に出て来ました
ひこが何時の間にか ハリウッドスター ダニエルウーに
なったんだと思うと胸に迫るものが有りました(ひこ迷馬鹿)

ここからはひこの出演場面は特に詳しく(笑)他はざっと
ネタバレバレで語りますので お嫌な方は此処までで
続きを読む
スポンサーサイト
【2018/01/27 23:53 】
ひこの映画 | コメント(8) | トラックバック(0)
「スカイ・オン・ファイア」日本語版のひこ
本日のひこ(danielwu)

201712171720566a6.jpg

名古屋の映画ライターのMさまから頂いた有り難いチラシ
しかし 上のチラシのアーバン・クオが役柄と違い過ぎ(笑)

201712171720350e0.jpg

シネマスコーレにはチラシの一枚たりとも無かったので
大喜びで頂きました「多謝!!!Mさま」

「スカイ・オン・ファイア(沖天火)」はリンゴ・ラム監督の作品です
が 実の所 私は監督の事はよく存じ上げないのでした(滝汗)

リンゴ・ラム(林嶺東)は1980年代や90年代に大活躍の
香港のアクション映画監督という認識でした
『友は風の彼方に』で1988年の香港電影金像奨監督賞を
受賞し チョウ・ユンファと組んで香港ノワールの黄金期を
作り出した巨匠というイメージの監督でした

ひこと監督とのご縁の始まりは 監督が久しぶりにメガホンを取った
2015年公開の「ワイルド・シティ (迷城)」に最初ひこ
オファーが有ったのです ショーンとの共演を楽しみに
最初引き受けたのですが お母さんの癌の病状悪化で
仕事は全てキャンセルしたのが2014年でした
だからお母さんが亡くなった後 香港に戻って来たひこ
もう一度リンゴ監督からオファーが来たら 即承諾
そして出来上がったのが この「スカイ・オン・ファイア」

監督がひこで是非とも撮りたかった映画なのですから
あーだこーだと文句言っちゃいけなかった事に気付きました
実際ひこはずっとカッコよく撮ってもらってましたし(笑)
 
鼻の骨折っちゃう位ハードだったからアクションも凄いし 

72e13e47jw1f8rmsf40cfj20nb0b70tb.jpg

お約束の(え?)半裸も見せちゃうし 演技派ひこ
得意の「魔警」顔も見せちゃったし・・・(シーン・・・) 

72e13e47jw1f8rmsk1nndj20ly0bh74j.jpg


9d96075bjw1fa4uvnjnjvj22io1w07wh.jpg

最後はスーパーマンにまでしてもらっちゃった(どっひゃー!?)

確かに日本語字幕で観ても やっぱり訳わからん~
的なところも有りますが まあそれも致し方ないかな笑)

聞くところによると 若くて大作の経験のないようなスタッフさん
ばかりで 不本意な製作体制だったと監督が思わず愚痴る程

最後の方の投げ出し感は 監督のお疲れの表れですかね
同年代なので 昔の様に忍耐強く取り組めないのは分かります

チャン・ルオユン(張若昀) ダニエル・ウー(呉彦祖) 
ジョセフ・チャン(張孝全)という3人の主要俳優の揃った
ポスターを見ると この映画の主題が伝わってきます

6a7fd113jw1fa0y6k2m3mj20vr18galo.jpg

尋找真相(真相を追究) 捍衛正義(正義を必ず守る)
守護愛人(愛する人を守る)という3人の役割が現れています

a4ca00b8gw1f9kj6cdre2j218g0krdr8.jpg

これがわかって この映画を観れば 大筋は分かりますね(笑)

父の死の真相を探り父親の仇を討ちたいジワン
愛する妻を癌で失い癌の治癒を願い悪が許せないティンボ
末期癌の最愛の妹を救いたいジア
この3人が入り乱れて・・・混乱を極め・・・観てる観客も混乱する
色々盛り込みすぎて収拾つかなくて 最後はドッカンドッカン爆破

o0960054013899260284.jpg

カーアクションは最高に派手で良いですよ 香港映画らしくて(笑)
巻き込まれる一般市民は堪ったもんじゃ無いけど(汗)

maxresdefault.jpg
(この白い車にひこが乗ってます)

何度も観てるうちに 色々ツッコミどころ満載が面白くなってきました
なので DVDを買ったら 仲良しの映画好きと わいわい観るには
最高に楽しい作品かもしれません(爆)

来年の3月第1週に大名がベトナム出張でお留守なので
皆でワイワイ観るのを計画しようかな~(笑)

最近どんどんブログの人気が落ちてるのですが(笑)
開き直って ひこ追っかけブログとしてこれからも頑張ります!




【2017/12/18 20:56 】
ひこの映画 | コメント(4) | トラックバック(0)
「沖天火」を見たけれど
本日のひこ(danielwu)

201707182126166fb.jpg

先月香港に行くお友達にお願いして 「沖天火」香港版のブルーレイを
買って来て頂きました 多謝!!!

勿論早速観たのですが なんとなんと一回目はこの私が
全編にひこが筆頭主役で出てるのに・・・途中で寝てしまった 

まあこの暑い時期 65歳の高齢者が 毎日通勤で
50キロ車を走らせるのは それだけで 結構消耗してるので
お風呂上がりに 冷房を効かせた部屋で 
ビール片手に観たらマズイですよね~(笑)
途中のなんのこっちゃ?な展開に辟易してつい・・・寝てしまいました 

二回目は 最初は頭すっきりで観ましたが・・・ひこは素敵なのですが
言葉の分からない私が観てると 何でそうなる???な展開に
分け分からん雲がわき上がってきて・・・頭を覆って(笑)
途中で眠くなって中断という・・・まさかなひこ迷 

大御所リンゴ導演の高層ビル迄ぶっ壊す大アクション映画なのに
評価が悪かったのも何となく納得しました (何様発言 

三回目にやっと最後まで観て 最後のひこに唖然としました  
これって天使になったって事?(爆)
まさかスーパーマンだったってオチじゃないよね(猛爆)

観てない皆様にはなんのこっちゃな話ですが 
折角ひこ迷としては良い感じに終われる筈だったのに
CGったってあの飛び方は有得ないでしょう!?

まあまずは最初から 私の分かる範囲でお話しますね
以下ネタばればれなのですが 日本公開は多分・・・
まず無いと思うので 良かったらお付き合い下さい(笑)
続きを読む
【2017/07/22 07:35 】
ひこの映画 | コメント(8) | トラックバック(0)
有難うございます@シネマート六本木
本日のひこ

20070707204940.jpg

「天堂口」の中のとても好きなひこ

「アジア映画の専門館」として多くのアジア映画作品を
上映してきたシネマート六本木が閉館になりました

2006年3月11日に開館し2015年6月14日に閉館
最後の「Cinemart Roppongi~Last Present」
として「美少年の恋」を大画面で見せて頂き感涙でした

本当に9年間有難うございました

私が初めてシネマート六本木に映画を観に行ったのは
「ブラッド・ブラザーズー天堂口」ー公開記念スペシャル企画の
『香港電影天堂』が開催された時でした

私とシネマート六本木との出会いは「天堂口」からでした
『香港電影天堂』というタイトルもこの時からでした

2009年2月6日にひこ出演映画2本
「電脳警察サイバースパイ」と「ディバージェンス」を観て
翌日7日に「ブラッド・ブラザーズー天堂口」の初日を観ました
この時の事はこちらに詳しく

この2009年は もう一度シネマート六本木に行きました
5月6日に「香港電影天堂2  イー・トンシン監督映画祭」の
「プロテージ/偽りの絆(門徒)」を観に行った時の記事は こちら

2012年には「2012 夏の香港傑作映画まつり」で
『盗聴犯~狙われたブローカー~(竊聴風雲2)』
『盗聴犯~死のインサイダー取引~(竊聴風雲)』が上映され
この時はまさかのシネマート一泊二日行脚をやった私
8月3日シネマート六本木で竊聴風雲2を観たのはこちら
4日シネマート心斎橋での竊聴風雲1&2はこちら

2013年は「夏の中華大傑作映画まつり」で7月5日と6日に
「TAICHI/太極ゼロ」と「TAICHI/太極ヒーロー」を観ました
その時の事はこちらこちらこちら

2014年2月5日 「項羽と劉邦 鴻門の会(王的盛宴)」を
日帰り弾丸ツァーで観た記事はこちら

そして今年の2月14日に「クリミナル・アフェア(魔警)」を
観た時の記事はこちら
この時閉館のニュースは知っていましたので
シネマート六本木に来るのはこれが最後と思いました

ところが
閉館に伴う「香港電影天堂 最終章」で「『玻璃の城』が
上演されると知り 喜びにふるえましたが 結局行けなくて
もうこれで本当に行く事も無いと思っていたのに

まさかまさかの「美少年の恋」
映画館のスクリーンで観る事が出来るとは
夢にも思わなかったです~

87b3828ftw1dustkzlf47j - コピー

こんなに沢山のひこ映画を観る事が出来た事忘れません

ところで
アメリカのTVドラマの撮影が終わったひこの新作情報です

69239b97gw1et75xqz659j20cs09qmxv.jpg

69239b97gw1et2cv9tz7vj20zk0k0dha.jpg

香港映画じゃぁ無いのね・・・



追記
ななんと!?
この新作 リンゴラム導演でした
詳しくは次の記事に(笑)
【2015/06/17 22:51 】
ひこの映画 | コメント(6) | トラックバック(0)
「美少年の恋」リバイバル上映
本日のひこ

11263135_881172701928370_8765979447539493569_n.jpg

Cinemart Roppongi~Last Present

香港映画『美少年の恋』リバイバル上映決定!

今回の上映のために、権利交渉した作品になります。
上映はプリントではなくデジタルです。
「きれいな画質で観てほしい」というヨン・ファン監督の意向により、今回のために作りました。

またどこかで観られるという保証はありません。

シネマート六本木入魂の、最後のプレゼントです!
(以上シネマート六本木FBから)

有難うございます!
有難うございます!!
有難うございます∞
嬉し涙嬉し涙。。。

実は
「美少年の恋」がシネマート六本木の閉館に伴う
ラストプレゼント という意味深な言葉に右往左往した一昨夜 
以前「天堂口」上映の時 様々に煩くメールをした私に 
丁寧な返信を下さった事を思いだし
「今回ラストプレゼントという事で、もしかして
『美少年の恋』が最終上映作品でしょうか?
中略
1日でも早く、せめて上映日だけでも告知をお願いします
後略」
という図々しいメールを送った私に 今回も丁寧に直ぐに
「『美少年の恋』はシネマート六本木ラスト上映です。
上映期間は、6月6日(土)~(1週間程、回数限定)
タイムテーブルは、少々お待ち下さい」という有難い返信

そして昨日FBに今回の上映が一方ならぬご苦労の末と
判り もう感謝感謝でつい嬉し涙が溢れてくるのです

「into the badlands」の撮影が続く
アメリカでの撮影は色々規制が有るようですが
例えば 30キロ以内で雷の稲光が光ると 
撮影を中止して20分間待たなければいけないとか

突撃電影公司のツートップの溜息が聞こえそうな写真

61c8d9d3jw1escq2imr88j218g0xc17c.jpg

頑張って!!!

2人が出会ったのは1998年公開の映画「美少年の恋」

真っ暗な中にじっと立っていると。。。
一本の強い光が突然全身を照らし
恐怖を秘めた目の前が とても明るい光と
暗い影がコントラストをくっきりと分ける
周りのいたるところは影で
中心の光の中にぼんやりと立った自分の心臓は 
飛び出しそうに打ち。。。
両脇の下をゆっくりと 滴り落ちる汗のつぶがあった

13092745_859486.jpg

それは ひこにとって 23歳の時に起きた
初めてライトの下に立ち カメラが回り始めた時
頭の中が真っ白になり 息が止まりそうになった事を
一生忘れない。。。 

それはヨンファンの「美少年の恋」での事であり
そこから 光輝くスターへの道が始まったのです

そんなひこと出会い 追っかけが始まった
私と「美少年の恋」との出会いは
すでにブログ始めた最初の年に語っていますので
こちらをご覧下さい(笑)

そうなのです 私はこの作品を大画面では観ていません
私は遅れて来たひこ迷ですから(笑)
続きを読む
【2015/05/23 09:05 】
ひこの映画 | コメント(52) | トラックバック(0)
ラストプレゼント!?(呆然)
本日のひこ

08be654a-839c-425e-839a-d2f2cee7977e_500.jpg

まさか この作品を映画館の大画面で観る機会が有るとは!?

今日 青天の霹靂とも言うべき出来事が起きました


ふと突然
そんな夢の様な情報が飛び交っている事に気づきました
香港映画迷の皆さんの中では昨夜から盛り上がってた(笑)
ぼんやりな私は 今朝知って唖然呆然!!??

10462765_880062502039390_6967282837613108027_n.jpg

『Cinemart Roppongi~Last Present
Do you remember them?』

え!?シネマート六本木のラストプレゼント?
憶えているか?ですって!
憶えているかなんてものじゃ有りません
この映画が無かったら 今の私は有りません

もしかして・・・もしかして・・・
『美少年の恋』をシネマート六本木で観れるのでしょうか

今日この事を知ってから
心はずっと揺らいでいます
そんな日が来ると思わなかったので
心の準備が出来ません
嗚呼!もしも本当に観れるのなら絶対に観たい!!!

ラストプレゼントって事は14日?最終週?
お願い!どういう事なのか詳細を早く教えて下さい

ひこ運大殺界だった可哀相なうさぎ婆を
流石に神様も哀れに思われたのか・・・

嗚呼・・・今度こそ行けますように!!!
お江戸の皆様~私をそっちに引っ張って下さい(笑)





【2015/05/20 22:30 】
ひこの映画 | コメント(46) | トラックバック(0)
「クリミナル・アフェア」のひこ後編
先月「クリミナル・アフェア」を観に行った時の
シネマート六本木の賑い(笑)

4331653_2139102832_69large.jpg

比重はやはりニックなんだよね~
まあ「激戦」の後だから仕方ないよね
あのニックに心惹かれた観客をゴッソリ取り込むには
ニックをメインでひこはサブが営業としては当然だもの(笑)

ニック観に来た観客の多くが
「あれ?」と思って

005vRhTCjw1efqkuyhk1bj30xc0m8te8.jpg

「こいつ誰?」とひこを見て思ってくれて
最後にダニエル・ウーという名前を
記憶に留めて帰ってくれたら嬉しいな

ひこ映画観に通ったシネマート六本木で観た最後の映画が
「クリミナル・アフェア/魔警」で良かった!

記念にと作って配ったメモ帳とお友達に頂いた缶バッチ

201503041956116aa.jpg

こういうオリジナルブツが有ると気分は更に盛り上がりますね

では懲りずに見に来て下さった物好きな皆様の為に
「クリミナル・アフェア」のうさぎ婆流あらすじを
ネタばれで続きお届けします

いよいよデイブの心の闇の中の狂気が露わになってきて
観ているこちら側もその狂気に呑みこまれる様な
これはデイブの夢なのか現実なのか・・・
まさに悪夢にような後編をどうぞ
続きを読む
【2015/03/05 00:50 】
ひこの映画 | コメント(10) | トラックバック(0)
「クリミナル・アフェア」のひこ前編
本日のひこ

201405021758242378878.jpg

1998年制作の「美少年の恋(美少年之戀)」の中の警官姿のひこ
この初々しい少年ぽさを残したひこが16年後 こんな警官で登場

b42926f1jw1ej2phc432hj20zk0k0tap.jpg

何時も思うのですが
ひこほど警官姿の似合う俳優はいません(ひこ迷の妄想)

第一ボタン迄きっちりと留めた少し意固地な真っ直ぐな男は
彼の本質に多分とても近いのだと勝手に思ってます(笑)

同じ様に真っ直ぐに見つめる目のなんて違うのでしょう

目に幽かな翳りを滲ませていた美少年は 
16年後 陰鬱と狂気が潜んだ漆黒の目は 前を見ているのに
何処を見ているのか判らない浮遊感が漂う警官になっています

先週 感想を最後の段階で保存し損ない 殆どを落としてしまい
脱力感と挫折感で中々立ち直れず 特にこの作品自体が
悪夢を見ている様な重たさが有り ひこ自身ものめり込んだ役作りで
見るのも迷としては辛く もう一度やり直す気力が戻ら無かったのです

それでもひこ迷として この渾身の役作りのひこの作品を
少しでも多くの方に知って頂くのが使命と頑張りました

「クリミナル・アフェア/魔警」
原題 魔警 That Demon Within (2014年/香港)
オフィシャル・サイトはこちら

201502152029375a6.jpg

監督 林超賢 (ダンテ・ラム)
主演 :呉彦祖,(ダニエル・ウー) 張家輝(ニック・チョン)
安志杰(アンディ・オン) 廖啓智(リウ・カイチー)
思漩(クリスティ・チェン) 林嘉華(ドミニク・ラム)
歐錦棠(スティーブン・アウ) 李國麟(リー・クォックルン
梁焯滿(サミュエル・リョン) 姜皓文(キョン・ヒウマン) 
戚冠軍(チー・クワンチュン) アストリッド・チャン

以下オフィシャルサイトより

『警察アクションの鬼才として、ポスト ジョニー・トーとの呼び声も高い、『ブラッド・ウェポン』『密告・者』のダンテ・ラム監督が手掛け、香港で2013年の驚異的な大ヒットとなった『激戦 ハート・オブ・ファイト』。本作で第33回香港電影金像奨の最優秀主演男優賞を受賞したニック・チョンと再びコンビを組み、今度は人間の心の中にある闇を描いたサスペンスアクションに挑戦したのが、『クリミナル・アフェア 魔警』である。
本作は、2006年3月17日に香港のチムサーチョイの地下道で起こった警察官による警官射殺事件からインスパイアされた作品で、正義の仕事をしているはずの警察官にも心の闇があることに興味を持ったダンテ・ラム監督は、人間の心のトラウマから生まれる狂気の世界を見事に作り出した。その内容の完成度の高さに、第34回香港電影金像奨の有力候補の1本とも噂されている。
主演は、心のトラウマを持つ警察官に『新宿インシデント』のダニエル・ウー。本作のキャラクターを演じるために40日間で13キロ減のダイエットにトライして鬼気迫る演技を見せている。そして警察官のトラウマを再び誘発するキーとなる残虐な強盗団の男にニック・チョンが演じ、『レクイエム 最後の銃弾』『激戦 ハート・オブ・ファイト』で演じたキャラクターとはまったく違う、これまた憎々しい演技を見せ、亜州影帝(アジアの映画王)の称号に恥じぬ演技を見せつけている。』



ではうさぎ婆流 ネタばればれのあらすじをどうぞ(笑)
続きを読む
【2015/03/01 23:57 】
ひこの映画 | コメント(10) | トラックバック(0)
大どんでん返しでコントロール出来ません(笑)
本日のひこ

ca56af8etw1egro126uuxj20ci0fbjug.jpg

大陸は29日公開の竊聴風雲3の記事が微博にはギッチリですが
そっちは置いといて
(実はお気付きの方も有るかもしれませんがずーと置いたままですが)

先の週末 ギンギンのおめめで↓見たので ネタばればれで語ります(笑)

控制 コントロール

U10011P841DT20131116100141.jpg

監督 畢國智(ケネス・ビー) 
製作 馮徳倫(スティーブン・フォン) 
ローザ・リー(ケネス嫁) 呉彦祖(ダニエル・ウー)
出演 呉彦祖(ダニエル・ウー) 姚晨(ヤオ・チェン)
任達華(サイモン・ヤム)友情出演 戴立忍(レオン・ダイ)
安以軒(アン・イーシュアン) 邵兵( シャオ・ピン)
惠英紅(クララ・ウェイ) 郝柏杰 馮嘉怡

英題:「Control」 製作:2013年/中国・香港・台湾

近未来の犯罪都市を舞台に、陰謀に巻き込まれた男の攻防を描くサスペンスアクション。会社命令で法廷での虚偽の証言を強要された保険セールスマン・マーク。報酬として多額の金を手に入れた彼は、それ以降謎の男から恐喝を受けるようになり…。(「キネマ旬報社」データベースより)
続きを読む
【2014/05/27 23:53 】
ひこの映画 | コメント(8) | トラックバック(0)
『控制 コントロール』がレンタル開始
2014年のカンヌ国際映画祭のパルムドール に
トルコ映画「winter sleep」 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督
が選ばれました 

「タクシードライバー」以降 全てのパルムドール受賞作は
全て劇場公開されているので このトルコ映画も日本で
劇場公開される事と思います 今から楽しみです
これ3時間越えなんですよね~見応え有りそう(笑)

舞台がカッパドキアも含めたアナトリア地方なのです
次は冬にカッパドキアに行ってみたいな~って思うかも(笑)

そうそうカッパドキアのYさんがエキストラで出演してるって!?



本日のひこ

51jY2vpYQKL.jpg

何と言う事でしょう!?
前回 『エウロパ(Europa Report)』が公開されてました!?
と驚き慌てたばかりですが・・・
『控制 コントロール』が23日にレンタル開始されてました

DVD発売は6月4日です こちらを宜しくww

気付いたのが23日の日付変わる頃 
土曜日の朝一番に最寄りのレンタルショップに走ったのですが
既に借りられた後のまつり・・・でも2本も有ったのに両方よ
ほぼ日本じゃ無名監督と出演者だと思うけど 借りてくれて有難う!!!
直ぐに借りれ無かったのは残念だけど 嬉しかったです(笑)

5840719_2076868819_148large - コピー

他のショップで無事にゲット出来て 貪る様に・・・
見た感想は明日にでもたっぷりと披露いたします

まあ一言だけ言えば 近未来設定の為に全体の5割を越える特撮シーン
このシーンの為にハリウッドのチームを招き たっぷりお金を使いました
お陰で流石のひこも「『控制』の負けは確かに打撃でしたが
多くの経験は良い勉強になります」とインタビューで認めています

でもね・・・

a28a8bbdjw1eaw9gcfy2zj218g0xctxb.jpg

別にこれ近未来の設定で無くても良いじゃないかな~
其処までお金使って頑張った割に 後半のどんでん返しが
返って普通に香港の風景の方が合う気がしました

まあ詳しい事は・・・乞うご期待下さいませ(笑)
続きを読む
【2014/05/25 21:47 】
ひこの映画 | コメント(15) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

無料カウンター