外堀のホタル
夏は夜 月の比はさら也
やみも猶 ほたるの多く飛びちがひたる
又 ただ一つ二つなどほのかにうちひかりて行くもをかし
清少納言 『枕草子』の一節ですが

ホタルって・・・平安の昔は知らず
今は・・・田舎の綺麗な水が流れてる静かな小川のほとり

ほう ほう ほたる こい  あっちのみずは にがいぞ
こっちのみずは あまいぞ  ほう ほう ほたる こい
って歌にもあるように水辺に生息してるイメージですが

実は 幼虫時代を水中ですごす水生ホタルと
陸上の湿地ですごす陸生ホタルがいるのですって

日本に多いゲンジボタルやヘイケボタルは
幼虫は淡水に住んでいるので
そのイメージが定着してるのでしょうね

ところで 尾張名古屋の中心 最近本丸御殿の一部が復元して
大賑わいの名古屋城の 外堀にホタルがいるのですよ

名古屋城って名古屋の繁華街栄から目と鼻先の官庁街に隣接してる
名古屋のど真ん中で ホタルのイメージにはほど遠いのですが

名古屋城の外堀に広がる草地に
都市部では珍しい大規模なヒメボタルの生息地があるのです

p6270012hotaru.jpg

ヒメボタルは日本に多く生息するゲンジやヘイケのホタルとは違い
小さくて 水辺には住まなくて 湿った土に生息しています 
勿論本来多くは山間部に生息しますが 
なぜか都会の真ん中「名古屋城外堀」にもちゃんと生息しています
これは全国的にも非常に稀なことです

毎年5月中旬〜6月上旬の 約1ヶ月間 名古屋城の外堀で光る姿を
目にすることが出来るのです 23時から3時間ほどです

ちょうど雨の後 お天気になった風も無い夜 正に今夜のような時は
蛍を見るのにちょうど良いそうですが 何しろ深夜です・・・
ちびっこ達がもう少し大きくなったらホタル見物に行っても良いかな

ご覧になった方のお写真をお借りしてきましたのでどんな風かご覧下さい

hime02.jpg

このホタルを守るため ちょうどこの外堀通りの上を走っている
名古屋高速道路の照明は埋め込みに式なっていて
下に光が漏れないように配慮されているそうです
(光があたっていると ホタルの生態が変わってしまうそうです)

ところで この外堀は実は私が大学生の頃は電車が走ってました

setoden.jpg

丁度この電車が走る沿線に大学の駅が有ったので4年間通いました
そして今は・・・埋められて廃線になっています

5f223453ad160e984d63fcd2b0c33dac.jpg

当時の面影はこの階段だけ・・・

駅施設跡として 外堀を渡る大津橋の南詰西側から駅舎跡地に
降りる階段・手すりが残されています 毎日上り降りした階段です

1975年5月 最終電車を見送った当時の鉄道職員さんは
ヒメボタルの異常発生を発見!そして彼は以来蛍を守り続けたのです

hime3n.jpg

06月08日(土)13:30~15:00
名古屋城ヒメボタルのお話 ~子ども・人・心~
◆場所
文化のみち撞木館 和室1(名古屋市東区)
◆講師
安田和代
◆内容
ヒメボタルのお話や、外堀の草花を使った押し花しおりの作成
参加無料(要 撞木館入館料200円、中学生以下無料)

shumokukan.jpg

続いて中華メディアの記事から
続きを読む
スポンサーサイト
【2013/05/31 23:58 】
ひこ記事&うさぎの話 | コメント(12) | トラックバック(0)
なでしこさんと出会う
先ずひこニュースから(ここはひこ応援ブログですから)

香港WBCアジアボクシング大会でのひこ カメラ小憎です(笑)

81a47ebegw1e54v1ombpvj20rs0n278f.jpg

先日もマタニティクリニック受診をファンが見つけて
ひこと薄着  のLisaちゃんを

67f4a4edjw1e4v2we6o5aj20xc18g7dh.jpg

ひこは何時も一緒なのね~優しいなぁ

臨月のLisaちゃん もうパンパンね

6607894_640x640_0.jpg

BBちゃん用のお靴 うふふ楽しくって幸せな写真 

3641256ebf9c11e2ab4322000a1fa430_6.jpg

皆待ってますよ 素敵な優しいパパとママの元に元気いっぱい来てね
続きを読む
【2013/05/30 23:41 】
ひこ記事&うさぎの話 | コメント(10) | トラックバック(0)
じぇじぇじぇなトルココーヒー占い
ひこが育休に入る前の最後のお仕事「竊聽風雲3」は
6月3日にクランク・インします

でここで本当は「竊聽風雲3」のポスター画像なんですが

実は昨夜から画像が取り込め無くて何故か判らない
まあそのうち直るかなと思ってますが

写真の無い此処なんて・・・耳の無いうさぎみたいなものよね

一応困ってFC〇にメール送ってみました 
対応しますと返事は来たけど 直ると良いけど・・・
もうすぐBB誕生なんで気が急きます

そんなわけで 画像が無くても良いもの・・・

この画像の件についてmeiryさんからコメント頂きました
お陰で画像取り込み出来ました 本当に有難うございます
因みにFC〇は役に立ちません まだ調査中です(爆)

では「竊聽風雲3」のポスター画像をどうぞ(笑)

69535f9bjw1e543wmx8i8j20dw0jmae5.jpg

で本文続きます(笑)

まあごく個人的な事は 最近はこちらに載せないで
別のSNSに載せる事も多かったのですが
最近載せた一つをこちらにも載せる事にします(笑)
関心の高い地震に伴う津波に関連する 我が家でのひとつの問題です 

昨日も南海トラフ地震について
地震予知が現状では困難と認め 備えの重要性を指摘する
最終報告書が発表されたけど 家庭用備蓄を「1週間分以上」
って2人家族の我が家なんかは何とかなりますが 結構大変ですね

この地震が本当に起きたら 広範囲過ぎて直ぐには救助が来ません
まあどんな場合でも 結局のところは自分の身は
自分で守るしかないですから仕方無いのですが 
地震 津波に原発ときては正直溜息ばかりです・・・

でもまあ名古屋の東区の家の辺りは 名古屋城の武家屋敷町で
名古屋の中でも高台に有り地盤も堅い地域です
なので家具の固定がしっかりしていれば割と大丈夫かなと思い 
その分も備蓄だけは頑張りろうと思っています

でも三重県の海岸部に住む息子家族はそう簡単ではありません
地震も名古屋より強いし なにより怖いのは津波です
続きを読む
【2013/05/29 07:18 】
うさぎの話 | コメント(10) | トラックバック(0)
「Aal izz well  All is well 」
先ずはひこニュースから

ひこが一昨年の秋にハリウッドで撮った「Europa Report」
『エウロパ・レポート』が北米で8月2日から公開です

20130507161436699917.jpg

中華メディアの記事はこちら オフシャルサイトはこちら
 
監督は社会派サスペンス「タブロイド」のセバスチャン・コルデロ

主演は「第9地区」のシャールト・コプリー
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のミカエル・ニクヴィスト
「ハート・ロッカー」のクリスチャン・カマルゴ
「4ヶ月、3週間と2日間」のアナマリア・マリンカ
「クレイジー、ステューピッド、ラブ」のカロリーナ・ヴィドラ
「燃えよ! ピンポン」のダン・フォグラー
「アメイジング・スパイダーマン」のエンベス・デイヴィッツ

そして我香港俳優 ひこ(ダニエル・ウー)

なんか~めっちゃ玄人好みなメンバーですね(笑)

厚い氷に覆われた木星の第2衛星 エウロパ
無人船の徹底的調査で エウロパの凍っている表面の下に
隠された海が存在する事を発見した
そしてその中に単細胞生命の存在の可能性も含まれていた
エウロパ・ベンチャーズ(宇宙探索会社)はデータを確認して
世紀的な発見について調査する6人の優秀な宇宙飛行士を
世界中から集め 地球外生命体の探査にエウロパへ向かった

photo_01.jpg

そして・・・調査隊が遭遇する恐ろしい事実を描いた
ドキュメンタリータッチの本格SFサスペンス映画です

ひこのスチール各種 マルコメ頭が可愛いですよ

687b6ba1jw1e4s9bvyj62j20zk3n0qv53.jpg

13051901_Europa_Report_20.jpg

13051901_Europa_Report_25.jpg

13051901_Europa_Report_28.jpg

13051901_Europa_Report_48.jpg

U9838P28T3D3924640F329DT20130520135118.jpg

何故にマルコメ頭か・・・は判らないけど
予告編みてても結構ひこが出て来るし 声も聞こえます
宇宙船のパイロットの役みたいだから
探検にお出かけの係りでは無いみたいよ

そんなわけで予告編みてね


続きを読む
【2013/05/26 18:31 】
ひこの記事 | コメント(14) | トラックバック(0)
あの絨毯届きました (大名と腰元のトルコ旅行記15)
トルコから帰って来て3週間
昨夜 宅配のお兄さんが1人で トルコから遥々届いた
絨毯を担いで玄関まで運んでくれました
重い重いのをすみません・・・ハアハア肩で息してました

さて・・・ではどんな絨毯を大名は買ったのか
見せて欲しいというご要望が多かったので

今から見せびらかし(笑)

DSCF4604.jpg

えへへ・・・これは私がおまけにせしめた玄関マット
ウールですが いちばん柔らかい 羊の首の毛だけを使用し
無染色なので色も褪せないで 長く使える玄関マットです

では本命 ジャジャジャーン

DSCF4596.jpg

ターコイズブルーが美しい!!!ヘレケ絨毯です
続きを読む
【2013/05/24 22:01 】
旅行記 | コメント(18) | トラックバック(0)
トルコよまたね~(大名と腰元のトルコ旅行記14)
イスタンブール一日で丸ごと魅せます風な(笑)
イスタンブール観光2日目の続きです

ブルーモスク 地下宮殿 アヤソフィアを観た後向ったのは
ブルーモスクのすぐ隣くらいにある長方形型の公園の様な場所

DSCF4417.jpg

ヒッポドロームと呼ばれるローマの大競技場跡です

DSCF4418 - コピー

この中には3本のオベリスクが残っていました

DSCF4414.jpg

「テオドシウスのオベリスク」はトトメス3世により
最初はエジプト北部に建立されたオベリスク
4世紀終わり頃トルコに運び込まれこの位置に
テオドシウス1世が建立したそうです

DSCF4415.jpg

3匹の青銅製の蛇のとぐろのようなオベリスクは「へびの柱」
紀元前480年 ペルシアに勝った記念に造られたそうです
三匹のヘビの頭は十字軍によって持ち去られましたが
その内の一つは考古学博物館に収められています

一番奥に立ってたオベリスクは「コンスタンティヌスの柱」

20070930_233265.jpg

これも元は青銅で覆われていたのですが剥がされてしまったとか

そろそろお腹も空いてきて ヒッポドロームから徒歩圏内の
「レディ・ダイアナ」ホテルのレストランでランチです

DSCF4420.jpg

屋上レストランからブルーモスクの6つのミナレットの美しい景色を一望

DSCF4422.jpg

ここではイタリアン風(笑)を頂きました
前菜

DSCF4425.jpg

野菜が濃厚なサラダは持参の柚子胡椒ドレッシングで(笑)

DSCF4426.jpg

メイン イタリアンだけどパスタはやはりソフト麺(爆)

DSCF4427.jpg

デザートはイタリアンだけどやはり激甘でした(猛爆)

DSCF4428.jpg

午後の観光があるのでワインは諦めてビールだけに

そして又歩いて午後のメイン観光地に出発~
続きを読む
【2013/05/23 00:08 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
充実の世界遺産のイスタンブール(大名と腰元のトルコ旅行記13)
信じられないニュースに呆然としています

「カッパドキアで20日早朝 観光客を乗せた2機の熱気球が
空中で衝突し 1機が墜落して乗客2人が死亡」

2機の気球が上空で衝突 うち1機が墜落したそうです
墜落機の風船部分がもう1機のゴンドラにぶつかり裂けたようです

犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします

この気球はアナトリアンバルーンズという会社で
安全性に疑問のある会社のようだったと Yさんから連絡頂きました
この前のエジプトの時もそうでしたが やはり沢山の会社の中には
色々差があるようなので 良く調べる事が大事だと改めて思います
旅行中 ガイドのアズリーさんが「良くない会社も有るから大丈夫?」
と心配して聞いてくれたのはこの会社だったのかな と思ったり
因みにこの会社は日本の旅行代理店は契約していないそうですが
個人で行かれる場合は要チェックして下さい

今回の事故で流石の腰元もビビったと思われたかも知れませんが
でも私は機会が有れば 何度でも気球に乗りたいと思います
実は余りにも忘れられ無くて 秘かにカッパドキア行きを画策中
(だから秘密で真っ暗って言われるのね占い師に 爆)

さて
トルコ最終日は一日イスタンブール観光です
深夜の飛行機で日本に戻るまで 
フルに一日ギュウギュウ詰めのスケジュールが用意されています

せめて朝はゆっくりしましょうという事で
ホテル出発が9時半なので 食事をしたら散歩に行く事に

DSCF4319 - コピー

ここのレストランは 生ジュースをその場で絞ってくれたし
卵料理やハムなど注文を聞いてから作ってくれて
とても美味しい朝食でした 大名も一番此処が良いとご機嫌

食べ終わると 荷物も廊下に出して 早速外に出かけます

FSC120522_111648.jpg

とてもキュートな玄関前を通り抜け ホテルの前で一枚

DSCF4320 - コピー

ホテルの前の坂道を辿ってみます

DSCF4321.jpg

旧市街の観光地が集中している地域なので ミニホテルが軒並み(笑)
屋上で朝食中のホテル 気持ち良さそう~

DSCF4325.jpg

渋いバイクが並んでます

DSCF4330.jpg

まだ閉まってるお土産物屋さんの椅子で

DSCF4326 - コピー

藤の花を壁に這わせてる・・・
こういうのは日本では見かけないけど中々素敵

DSCF4328.jpg

お店も少しづつ開き始め 覗いていると欲しいブレスレットを発見
今回色んな所で見つけて買って来たジャラジャラブレスレット
この時買った一番のお気に入りは 左下の物

IMG_5465.jpg

因みにこの左下と左上は自分用 右下は舞が 真ん中は娘が選び
他はお土産にしましたが トルコのは皆ナザールボンジュ付き(笑)

そろそろ集合時間です ホテルに戻ると皆さんお店を見たり
散歩したり ホテルでのんびりしたりと三々五々でした
何時も元気な最高齢のOさんのご主人は1人で歩きまわり 
素敵なランプを2個ゲット この方の好奇心と決断力には脱帽です 

そして私達は歩いて10分位のブルーモスクに向いました
続きを読む
【2013/05/21 01:23 】
旅行記 | コメント(16) | トラックバック(0)
コーヒー占いにギョギョ(大名と腰元のトルコ旅行記12)
さて2回お休みしましたが 早速イスタンブールの続きです

エジプシャンバザールでどうしても欲しくて
イズミックタイルの小さな額を買いました

DSCF4572.jpg

チューリップとカーネーション お約束のナザールボンジュも(笑)

ド派手なチューリップのは鍋しきにと思ったけど 何か惜しい(笑)

DSCF4587.jpg

ナザールボンジュと言えば こんな袋が可愛過ぎて棄てられない(爆)

DSCF4496.jpg

イスティクラル通りはタクシム広場から南に伸びる
イスタンブールでいちばんの繁華街です

DSCF4187.jpg

レトロなトラム(路面電車)が走っていますが歩行者天国の様です
そう言えば香港の北角のトラムもそうでしたね

DSCF4193.jpg

イスティクラル通りの横道を入ったところにいくつも占い喫茶店があり
トルコの人々にとって身近な占いである「トルココーヒー占い」が出来ます
続きを読む
【2013/05/20 00:39 】
旅行記 | コメント(14) | トラックバック(0)
年寄り女王様とのお江戸詣で
忙しくてバタバタしていて気付かずにいたのですが
庭はすっかり初夏の花がいっぱいです

DSCF4573.jpg

DSCF4556.jpg

DSCF4581.jpg

DSCF4582.jpg

DSCF4583.jpg

今年はどの花も花の付きが良い気がします

さてトルコ旅行記休憩中につき ついでに少し前の事を

旅行から帰ってきてまだ時差ボケの真っただ中に行った
GW恒例の家族皆のバーベキューの日もまずまずのお天気で

IMG_5472 - コピー

美味しい匂いをご近所一体にまき散らせたのです(笑)
舞や潤はもうお手伝いが出来る様になりましたし
颯やちびうさもお利口に食べる事が出来ました(笑)

IMG_5479 - コピー

私の白内障の手術の後 泊りに来てくれた時
断乳をして以来 ご飯を盛り盛り食べるようになったちびうさです

そして 週の初め 母を連れてお江戸に行って来ました
続きを読む
【2013/05/18 18:08 】
うさぎの話 | コメント(8) | トラックバック(0)
久しぶりにひこの記事です
トルコ旅行記も大詰めなのですが 
久しぶりにここは本当はひこ(呉彦祖)の追っかけブログ
だという本来のお仕事をお見せいたします(笑)

でも実際この2週間位の間 私がサボってた訳じゃ無く 
メディアに殆ど新しい記事は無かったのです

偶にLisaちゃんのツイッターにこんな写真が載る位(笑)

76758502jw1e4gqu327kcj20hs0hs777.jpg

今週初め辺りから 先ずは
13日に ひこがLisaちゃんに付き添って某病院に現れて 
産前検査に来たところをネットユーザーに撮られました

9403f2f2jw1e4mq13x5eaj20lc0sg411.jpg

すっかりスマートなスタイルになって羨ましい限りです(笑)

続いて 世界的に有名な眼鏡のブランドCarreraは
2013年のアジア地区の宣伝の普及の為 
全く新しい広告のイメージに 香港の有名な役者であり
シナリオライターであり 監督である呉彦祖を招きました
記事はこちらこちらこちらなど

今月初め発売の雑誌の表紙になったひこ

75e43144gw1e4efimnarej20ce0gmt9z.jpg

新しい広告のイメージは レース用の自動車を使いました

75e43144gw1e4efiqg7b1j20e20fzmyo.jpg

有名な撮影技師兼映画監督Wing Shya(夏永康)は香港で構図を決め
生き生きとして富を極める魅力的な人の描写は人を魅惑します

U8385P28T3D3920947F329DT20130515110704.jpg

沢山の写真のカットからひこの魅力がしたたり落ち現れます

710468b2jw1e4paamxs9kj20hs0dbab9.jpg

20135168524355.jpg

20130516060220858.jpg

710468b2jw1e4paakvfv7j20hs0dbabg12.jpg

U8385P28T3D3920947F326DT20130515110704.jpg

あら・・・これはまだ「魔警」を引きずってそう(苦笑)

20135168524912.jpg

そして完成したポスターの写真はこちら↓

サングラスの方が

2013516162042881.jpg

眼鏡の方が

710468b2jw1e4paajsdggj20d90hswfz.jpg

私が買った5000円台のお安いものとは違い・・・ 
さぞやさぞかしお高いのでしょうね(笑)

更に5月16日 広州Wホテルの開業のゲストにひこと高圓圓が登場
続きを読む
【2013/05/18 00:31 】
ひこの記事 | コメント(8) | トラックバック(0)
タイルが美しいモスク(大名と腰元のトルコ旅行記11)
turkeymap01toruko.jpg

長い旅行記もそろそろ終盤ですね

カッパドキアの二日目の朝も 飛行機移動がありますから
ホテルを6時30分出発なので 早起きしました
高血圧の老人なのでこういう時は得意です(笑) 

夜が明けた私達のホテルです

IMG_5420.jpg

昨日は気球の為 ホテルでは食べなかったのですが
ここの朝食は種類も多く 暖かく美味しかったです

lrg_19116986.jpg

思わず一杯食べました(笑)パンは美味しいし蜂蜜は濃厚です

IMG_5421.jpg

そして 地上からみる気球 ちょうど上がり始めました

IMG_5425.jpg

この風景も見おさめです

IMG_5426.jpg

このカッパドキアを知ることが出来て本当に素晴らしい思い出です

私は間違えてキャリーの中に入れた荷物を取り出したくて
既にバゲージダウン済みだったので 先にフロントに出かけました

そして・・・皆さん5分前には集合して車に乗っています
ところが・・・大名が来ません 3階の部屋まで戻るのも面倒で
携帯をかけると 何と45分と勝手に思い込みまだ部屋でゴロゴロ・・

ああ・・・香港の私の大スットコを思い出しますね(笑)

大名はまだチェックアウトも済んで無かったので更に数分
今回は大名のスットコドッコ続きです(笑)

飛行機の時間が気になるガイドさんは少しイライラ
何とか大名が車に乗り込みましたが 15分のロスです
車は猛スピードでカッパドキアの不思議な景色の中を走り抜け
大名のロスを改善して カッパドキアへの玄関口としての利用が多い
カイセリ空港に到着しました すぐ側に 
富士山より高い万年雪を抱くエルジエス山が見えます

lrg_17042500.jpg

トルコの空港は空港の入り口で先ず最初のセキュリテーチェック
その為空港の外に長蛇の列です 紛争国の隣国ですから仕方ないですね

9時の飛行機で最後の観光イスタンブールへ
機内で出た軽食は朝あんなに食べたので流石に食べれませんでした

DSCF4135.jpg

そして10時30分 私達は「飛んでイスタンブール」に降り立ちました
続きを読む
【2013/05/17 00:48 】
旅行記 | コメント(8) | トラックバック(0)
可愛いオヤに夢中(大名と腰元のトルコ旅行記10)
さて
トルコ旅行記の続きです
カッパドキアの観光の日 大名がトルコ絨毯を買った後

ハネダンという隊商風レストランに行きました

m_03IMG_4589md-5b8c4.jpg

中は広くて素敵な調度です
イズニックタイルがイスラムの雰囲気いっぱい

DSCF4104.jpg

ガイドのアズリーさんが何時もの様に飲み物の注文を取り
私達はやはりビールとワイン これが後に響くとも知らず(笑)

IMG_5399.jpg

直ぐに運ばれてきた茄子の前菜は毎度おなじみですが
ここのは一番美味しかったかな・・・

IMG_5395.jpg

パイ包みも焼きたて 

IMG_5400.jpg

そしてこの派手な演出は壺焼きケバブです

IMG_5403.jpg

中の煮込みケバブはピラフと一緒に頂きました

IMG_5404.jpg

甘さに慣れたのかスイートポテトとアイス美味しく頂きました(笑)

IMG_5405.jpg

器が美しいとお料理が美味しく見えるのを実感しました

トルコの名物といえばトルコ石もわすれてはいけません
ツアーのお約束 最後はトルコ石専門店でした

最近は生産量も落ちているらしいのですが
お土産にするには高価過ぎるので見るだけに終わってしまった
さっきの絨毯屋さんでエネルギーを使い果たしたのか
私達はチャイだけ御馳走になってそそくさと店を後にしました(笑)

因みに普通のみやげ物屋さんで売っているのはほとんどが
大理石にペンキを塗った偽者だそうで ペンキがはげてくる
と云う事ですが まあ気楽なお土産にはそれで良いかな(笑)

次はユネスコの世界歴史遺産の「ギョレメ野外博物館」
続きを読む
【2013/05/15 00:45 】
旅行記 | コメント(18) | トラックバック(0)
大名絨毯を買う(笑)(大名と腰元のトルコ旅行記9)
母親節快楽~

本当はひこ記事も少しあるのですが
まあBBちゃん誕生にはまだ間があるので
今の内に どんどん続けます「トルコ旅行記」

さて早朝の気球ツアーの感動を胸にホテルに戻った私達

DSCF4102.jpg

一番左上の部屋が私達の部屋です
このドアが目印ね 

DSCF4103.jpg

ドアについてるこのマーク↓

20444_1063877007_97large.jpg

ナザール・ボンジュウ(nazar boncugu)
トルコに古くから伝わる魔除け
ナザールは「目」ボンジュウは「ガラス玉」の意

トルコを旅行していると色々な場所で目にする青いガラスの目玉
「邪視」から守ってくれるというお守り

悪い考えが放たれた目には呪いがあると信じられていますから
呪いから身を守るのに使われるのがこのナザールボンジュウです

冬服を夏服に着替え 少し時間があったので
ホテル内で写真撮影をしました
続きを読む
【2013/05/13 00:42 】
旅行記 | コメント(14) | トラックバック(0)
気球は最高!!!(大名と腰元のトルコ旅行記8)
お待たせしました~
いよいよメインイベント「カッパドキアのバルーンツアー」です~♪

今回のグループの中で事前に気球会社に申し込んで来たのは
私達だけで 皆さん駄目だと思っていらしたのですが
現地でガイドのアズリーさんが手配してくれたので
最高齢の0さんとTさんちのお嫁さんと新婚カップルさんが
別のルートで気球に乗りました
ガイドさんは私達が日本でネットで申し込んで来たと言うと
とても心配そうに 余り良くない会社も有るから大丈夫?
と言うので 実は・・・とYさんの名前を出しました
「ああ~〇〇〇なら大丈夫だ 彼女は有名だよ」
と太鼓判を押してくれて いっそう期待感でワクワクでした

今回乗ったのは アトモスフェアバルーンズ社の気球です
Yさんが気球ガイドとして所属する会社という事ですが
とても管理の行き届いた評判の良いバルーン社のようでした
老舗のカッパドキアバルーンの子会社ですね

朝4時半にピックアップというメールが前日届いたので
3時半に起きて(寝たのは12時過ぎ)準備をしました
嬉しい気持ちでいっぱいなので眠気は有りません(まるで子供)

ホテルの前で待っているとお迎えの車がやってきて乗り込み
更に数か所のホテルで外人さんを乗せていきます
後で判るのですが この時のメンバーが同じ気球に乗りました

リフレッシュメントサービスの場所へ案内されると
結構ちゃんとしたブッフェ形式の朝食サービスがありました

lrg_25245535.jpg

ツアー体験の口コミなど読んでいると テントの中でクッキーと飲み物とか
倉庫の様な所でサンドイッチとか書いてあったので 吃驚しました

lrg_25245537.jpg

受付でYさんが気球の料金の徴収をしていて
「初めまして~」と挨拶しました とっても若々しい可愛い方です

生ジュース コーヒー パン ゆで卵 サラダ等ホテル並みでした
食べ終わりトイレも済ませ 準備万端です

さあ~出発しますよ~という声にまた先ほどの車に乗り込みます

奇岩石の中をずんずん進んで行くと 途中に色んな会社の気球が
準備に動き始めていました 横に寝ていた気球が熱でムクムク膨らみます

DSCF3988.jpg

バーナーで気球を膨らませる時はクルーの皆さんも緊張しています
事故の有った後ですから 少しでも危険があってはいけませんからね

膨らんできた気球の前で記念撮影の大名

DSCF3992 - コピー

今回唯一の厚着です 殆ど冬装備です(笑)

さあ全員乗り込んでいよいよ飛び上がります 

DSCF3996.jpg

この日の為に買ったウルトラライトダウンの腰元
他の皆さんも似たり寄ったりの厚着です(笑)

彼が私達12名の命を預けるパイロットのオスマンさん

DSCF3993.jpg

では1時間の空の遊覧に出発~
続きを読む
【2013/05/12 00:22 】
旅行記 | コメント(14) | トラックバック(0)
洞窟ホテルは愉快です(大名と腰元のトルコ旅行記7)
さて早速続きです(笑) 

早朝から出発して飛行機乗り継ぎバスに揺られ
夕日を堪能して 奇岩のライトアップも見て やっとホテル到着

カッパドキアのホテルは今回の一番のお楽しみホテル

ギョレメのきのこ岩の中につくられた洞窟ホテル
33室全部スイートルームのアナトリアン・ハウジズ

DSCF3985.jpg

着いた時は夜の闇の中 ムードいっぱいです 

DSCF3982.jpg

でも正直迷路のようでした 細い階段上がって降りて上がって・・・(汗)

IMG_5350gyoreme.jpg

続きを読む
【2013/05/11 01:33 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
アンカラからカッパドキアへ(大名と腰元のトルコ旅行記6)
turkeymap01 - コピー

トルコの3日目は6時半にホテルを出発して
イズミ―ル空港に向けてビュンビュン走ります

DSCF3872.jpg

8時55分発の飛行機でトルコの首都アンカラに向います
そういえば一日後に安倍さんも来たのよね~
現地の人に日本の新しい大統領が来ると言われたので
大統領じゃなくて首相なのとキッチリ訂正しといたわ(笑)

DSCF3874.jpg

1時間ちょっとの機内の中で出された軽食

DSCF3876.jpg

このフルーツケーキが無茶苦茶美味しかったです 
お土産に買いたかったのですが スーパーマーケットの様な所に
行く機会が無くて残念でした もし行かれたらこれは買いです(笑)

アンカラに到着した私達は先ずアタチュルクの霊廟へ

DSCF3889.jpg

アタチュルクとはトルコの父の意味です
その称号を与えられたムスタファ・ケマル・パシャが1938年に
生涯を閉じ安置された大きな廟は1944年から9年の歳月をかけて
建てられました 彼は第一次大戦の敗北による亡国の危機を
奇跡的に救ったトルコの英雄 彼は初代大統領に選ばれると
首都をイスタンブールからアンカラに移し 急速にトルコの
近代化を押し進め 国民から絶大なる支持を得たのです
トルコ人の心の支えとなっていて参拝者が絶えることはないのです

参道の両脇にはライオンが何頭も並び威風堂々ですが

DSCF3886.jpg

顔は案外お茶目でこれじゃ怖く無いぞと笑えます

DSCF3885.jpg

入口で手荷物検査を受けてゆるやかな坂道を歩いていくと
ちょうど衛兵の交代式が行われていました

DSCF3896.jpg

普段はこんな風に微動だもせず立っています

DSCF3897.jpg

お疲れの2人の衛兵が台から降りて

DSCF3901.jpg

新しい2人と交替して

DSCF3906.jpg

次の交替場所に移動します

DSCF3914.jpg

廟の中にはアタテュルクの墓のほか 生前に愛用していた品々や蔵書
アタテュルクが活躍した様々な戦いを再現したコーナーもあり
初代大統領の数々の偉大な業績を示し それをトルコの人々は
見て感動している様子で ガイドさんも思わず力説(笑) 
こういう小さい子供の内から愛国心を育てる教育環境に感心しました

この国旗をかたどった花の前で多くのトルコ人が写真を撮ります
そう言えば今回の旅の間 至る所で建物に国旗が掲げられていました

DSCF3916.jpg

日本人ももう少し日本と言う国を愛する心を持つべきだわね(笑)
続きを読む
【2013/05/10 00:28 】
旅行記 | コメント(10) | トラックバック(0)
エーゲ海の夕日最高~(大名と腰元のトルコ旅行記5)
turkeymap01 - コピー - コピー

トルコ2日目は 昨日自転車レースで行けなかった「聖母マリア」の家
を見学する為にまたエフェソスに戻ります
でもまあ地図を見てもらうと判りますが 今夜はクシャダス泊りなので
そんなに大回りという訳では無いようです

昨夜は遅かったので出発前にホテルを撮影

04-402.jpg

ここはずーと平屋で延々続いているホテルでした

さて土曜日の朝の空いた道をびゅんびゅん飛ばして車は進み
1回のトイレ休憩だけで 目的地に到着

toruko164.jpg

「聖母マリア」の家は、マリアが最後に住んでいた家で
この家で亡くなられた・・・といわれている所です

toruko166.jpg

エフェソス遺跡の南方7kmに位置する山にある此処は
18世紀末にアンナ・カテリーナという尼僧が
エフェソスの石造りの家にマリアが住んでいたと預言して
その預言どおりマリアが晩年を過ごした家が見つかったという場所
現在ではキリスト教徒の巡礼地として有名ですが

DSCF3807.jpg

10年もキリスト教の学校に学びましたが 
マリア信仰の有るカソリックでは無いので 
さほど感動も無くさくっと通り過ぎました(失礼)

3つの聖なる泉(長寿・金運・愛情)で手を洗うと御利益があるとか

DSCF3805.jpg

ここの壁面には 日本のお神籤のように祈願文を納める所があり
様々な紙に色々な言葉で願い事や悩み事が書き込まれ結ばれています

DSCF3812.jpg

郵便局で絵葉書を送るとマリアの家のスタンプを
押してもらって投函できるというので 勿論送りました(笑)

DSCF3821.jpg

ポストは黄色い可愛い形

DSCF3820.jpg

ここだけの話 信者の皆様には聖地なのに 
わざわざ戻って見る程の場所じゃなかったと思う罰あたりな腰元でした 
これならヒエラポリスの遺跡が底に沈んでる温泉施設で
遺跡の中を泳げるパムッカレテルマエに行きたかったなぁ~
とどこまでも温泉の好きな婆です(笑)
続きを読む
【2013/05/09 00:39 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
パムッカレでスットコ(大名と腰元のトルコ旅行記4)
turkeymap01 - コピー - コピー - コピー (2)

さてエフェソス遺跡を後にした私達の車は 気持ちよく空いた道を
吹っ飛ばして行きました 途中パトに2回も止められた位(笑)

伝統的な19世紀の住居で有名なシリンジェの町で休憩タイム
町全体が野外博物館のような山腹の小さな町です

DSCF3774 - コピー
続きを読む
【2013/05/07 21:05 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
エフェソス遺跡は広過ぎ~(大名と腰元のトルコ旅行記3」
turkeymap01 - コピー - コピー - コピー

トルコ初日 私達はイスタンブールのアタテュルク空港から
乗り継いでイズミ―ルに到着までが前回のお話(笑)

其処から15人乗り位の車に9人が乗って出発しました
飛行機乗り継ぐ度に 車と運転手さんは変わりましたが
大体ずーとこの位の大きさの車で移動しました
少し窮屈で小さめかなと最初思いましたが 
色々小回りが効いて 後で便利な事が判りましたし 
トルコのインフラは充実していましたから 道路も良く整備され
広くて走り易く 都会は渋滞(特にイスタンブールは酷い)も
有りましたが 地方は本当にびゅんびゅん走ってましたね(笑) 

先ず1時間半程走ってセルチュクに到着
キリストの使徒の墓として建てられた6世紀の聖ヨハネ大聖堂の遺跡

DSCF3693.jpg

すぐそばに ビザンティン型の要塞が威圧するようにそびえています

DSCF3688.jpg

喉かな春の景色が広がる中に
聖堂の横にある14世紀のウサベイモスクが見えます

DSCF3697.jpg

この辺りのレストランで先ずはお昼ご飯です

DSCF3704.jpg

レンズ豆を煮込んだ定番スープ 

DSCF3698.jpg

チョップ・シンとピラフとポテト

DSCF3699.jpg

ずーと昼夜飲んだエフェスビールは軽い口当たり
トルコのお酒 ラクはとても強く 水で割ると白く濁ります
正直美味しいとは思えません(笑)

DSCF3700.jpg

とにかく甘いのがトルコのデザート このプリンも激甘
甘いもの星人じゃないので 殆ど残しました 

DSCF3701.jpg
 
この店はツアー客が多く お土産物店も併設されてて
早速お土産を皆さん買う買う・・・を見てるだけの腰元でした(笑)

少し車で行くとエフェソスの遺跡です
エフェソス(又はエフェス)は紀元前11世紀に
イオニア(古代ギリシャ)人により建設されたアルテミス神殿を中心に
都市国家として発達したところで 現存するギリシャ文明最大の遺跡です

エフェソス遺跡のメイン通り クレディア通りです

DSCF3735.jpg

この巨大なアルテミス神殿は古代の七不思議とされており
また修復も数回行われていますが 
神殿に使われている一番古い様式から
紀元前3世紀のものであることがわかっています

今回この遺跡に於ける歴史の話を始め 
この後のトルコ各地の紀元前後の歴史の話に
大名や年齢の高いお父さん世代は凄く反応したのですが
若者たちにはチンプンカンプンな話だった様子に
ゆとり教育の弊害を見た気がしました
皆さん世界史は選択してないのです・・・
続きを読む
【2013/05/06 16:33 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
まだ着いただけ 爆(大名と腰元のトルコ旅行記2)
帰って来てようやく自分の時間が持てたので
今日はアロマのマッサージに午後から行きました
殆どの時間を寝てたので90分の内 覚えてたのは最初の数分
でもそんなのんびりの時間で随分元気になりました
これで何とか長い旅行記に取り掛かれます(笑)

さあ~では時計の針を25日の夕方に戻しますね・・・・

関空発が22時30分だったので 昼間は普通に仕事に行き
17時頃の新幹線で大坂に移動しました

新大阪で 大名がお友達から聞いて来たお好み焼き屋さんに
ネギ焼が名物という事で頂きましたが

13-04-25_001.jpg

中までしっかり火が通ってるふぁんふぁんのお好み焼きが好きな私には
どうも食べ慣れない味で完食出来ませんでした(汗)

関空に移動して 先に黒に運んでもらったキャリーを受け取り
ここからイスタンブール経由でイズミ―ル迄は自分達で行きます

時間が有ったのでビジネスラウンジに行きましたが
時間が遅い所為か(遅くても充実してる空港は多いけど)
悲惨なラウンジだったので トイレだけ使いました(笑)

今回のトルコ航空のビジネスクラスです(大名旅行ですからね 笑)

IMG_5263.jpg

赤い縁取りが可愛いと思う私(笑)
さあイスタンブールまで13時間のフライトです
続きを読む
【2013/05/06 01:21 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
メルハバ~♪トルコのモケモケ~(大名と腰元のトルコ旅行記1)
ご無沙汰してました~

25日からトルコに出かけた大名と腰元でしたが
疲れてヨレヨレでは有りましたが無事に戻ってきました

日本ではイマイチなお天気で寒かったようですが

トルコは着いた日から帰る日まで
太陽サンサン・・・真っ青な空の下
暑い~って言いながら歩きまわりました
何しろ気温は28度なんて日も有りましたから

詳しい旅行記は明日からゆっくりお話しますが

今夜はこの旅で出会ったモケモケ達をご紹介します

先ず初日は世界最大級の大規模な古代都市遺跡エフェソス
アルテミス神殿があった古代都市といえば判り易いかな

其処には猫ちゃんたちがのんびり暮らしてました
この仔はまだ子猫です

DSCF3750.jpg
続きを読む
【2013/05/05 00:46 】
旅行記 | コメント(20) | トラックバック(0)
| ホーム |

無料カウンター