好きなもの三昧
本日のひこ(danielwu)

494006_201004141934381.jpg

これは2009年の台湾金馬奨に9部門ノミネートされた「如夢」
この作品の中で ひこが結構頑張ったダンスシーンが
有るのですが この写真はそのダンスシーンからです

何故に急に古いひこのダンスシーンを無理やり持ってきたか
と言いますと・・・実はこちら↓の映画を観て来たからです(笑)

33219813250_c287858fc6.jpg

<ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――
19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。
ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。
スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me To Church」のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオ
はyoutubeで1,800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。
<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…? (作品解説から)

2017080518304872c.jpg

20170805183102c3b.jpg

バレエ映画は大好物なのですが
これはもう知らず知らず涙が流れてしまうほど素晴らしかったです

5380_1490249327_l.jpg

特に セルゲイ・ポルーニンが引退を決意して
バレエ学校時代からの親友のジェード・ヘイル・クリストフィに
振付けてもらった ホージアのヒット曲「Take Me To Church」に
あわせた踊りが デビッド・ラシャペルの撮影によって
最高に美しい映像になっていて・・・

これでもう最後のつもりだったのかと思うと辛くて悲しくて・・・
神さまに選ばれた天才の踊りってこんなに胸に沁みるのかと
涙流しながら観てました
非難の的だった全身のタトゥーをまるで衣装の様に彼は纏い
自分の内面を解き放つ様に高く跳躍するその美しさに

ああ・・・大画面で観れてしみじみ良かったです



続きを読む
スポンサーサイト
【2017/08/05 23:54 】
うさぎの話 | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

無料カウンター