懐かしの「バレー・シューズ」
「バレエ・シューズ」

生と

監督 サンドラ・ゴールドバッハー
原作 ノエル・ストレトフィールド
出演 エマ・ワトソン エミリア・フォックス ヴィクトリア・ウッド

2007年にイギリスのBBCよりテレビ映画として放送

「ハリー・ポッター」で ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが
主演という謳い文句には目もくれず
私は子供の頃はバレリーナを目指した事もあったので
単純にバレエの映画だと思って借りました 

舞台は1930年代のロンドン 

世界中を放浪する化石研究家ガムおじさん(リチャード・グリフィス)は
孤児になった赤ちゃんを拾ってきては、また旅に出てしまうのです
遂に赤ちゃんは三人になってしまいました

仕方なく姪のシルビア(エミリア・フォックス)は
母親代わりとなって 乳母のナナと一緒に子供達を育てるのです
すくすく育ち 自ら「フォシル(化石)姉妹」と呼ぶ三人の娘たちは
それぞれに将来の夢を持っていました
長女 ポーリーン(エマ・ワトソン)は女優になる夢
次女のペトロワ(ヤスミン・ペイジ)は飛行機で空を飛ぶ事
三女 ポージー(ルーシー・ポイントン)は
母の形見のバレエシューズを履いてバレリーナになる夢
でも ガムおじさんが5年分として残してくれたお金は底をつき 
生活に困ったシルビアは家を下宿屋にして家賃収入を得る事に

そして 三人は親切な下宿人たちの力をかりて
児童舞踊演劇学院という学校で学び始めるのです

三人は 新しいの世界に戸惑いながらも 
美しい容姿は一目を惹き オーディションに合格して舞台に立つポーリン
校長自らのバレエの個人レッスンを受ける事になるポジー
でも ペトロワは自分の好きなメカいじりや理系の勉強は諦め 
お金の為に 端役をもらい舞台に立つ日々でした

それぞれに悩んで 喧嘩しながらも 助け合って成長していく 
三姉妹と それを取り囲む大人たちの姿が生き生きと描かれ
特に姉妹の世話で婚期を逃してしまったシルビアの
下宿人のシンプソン(マーク・ウォーレン)に対する
秘めた恋の行方はハラハラ イライラさせられます

そして
ポーリンはハリウッド女優の道が開け シルビアとアメリカに
ポージーはチェコにあるバレエ学校へ留学が決まり ナナと
1人ぼっちになってしまうペトロワは 途方にくれるのですが
突然帰国したガムおじさんと一緒に 飛行機に乗る訓練に・・・

と筋だけ書くと えらくご都合主義で少し凹むけれど 
実際 映画を見ていると そんな事は少しも気にならず
暖かい 幸せな気持ちになれる ハートフルな作品なのです 
少し疲れている時に 何も考えたくない時に ぼんやり見るには最適

でもバレエ映画としては全く拍子抜けでしたが(笑)

私は「ハリーポッター」は1と2くらいしかちゃんと見ていません
それで 何の予備知識もなくこの映画を見たので
ポーリン役ではなく ポジー役のオシャマさんを見て
ハーマイオニー役の子役の女の子が
「ハリーポッター」に出る前に出演した作品なのね
何てトンデモナイ思い違いをして見ていました(呆)

だって ポーリンときたら それはもう素晴らしく綺麗なのです
きらきら  輝いていて 見とれてしまう美しさです

あの可愛い生意気なハーマイオニーが こんなに綺麗で
魅力的な女性に成長していたなんて。。。
ほら 子役で人気が出ても案外成長すると只の人の場合が多いから 

最新作の「ハリーポッター」見て 彼女を確かめたくなりました
他にもこの作品は結構ハリポタを意識して作っている感じが
ところどころでしました 冒頭の音楽とか 
リチャード・グリフィスも確かハリポタで見た覚えが。。。

アンティーク好きの私としては 家具や食器 ドレス ジュエリー
どれも気になって仕方なかったのです

実は 見ている途中に ストーリーを知ってる自分に気づきました
初めて見る映画なのに。。。どうしてだろう
最後の大団円で やっと思い出したのです

私はこの原作を子供の時に読んだのです 

IMG_6217.jpg

はい また登場です うさぎの物持ちの良さをご披露です(爆)
この本 なんと。。。47年前の本です

IMG_6219.jpg

小学生だった私は 一生懸命にバレエを習っていました
多分それだから この本を買ってもらったのだと思います
思い出したのですが ポジーが一筋にバレエの事だけ考えて
利己的に思えるほどのバレエに対する気持ちに ひどく共感して
この本を大切にしまい 愛読書としてこれまで何度もの引越しにも
捨てずにここまで残っていたのです

大事に今も仕舞ってあるのはこれも同じです

IMG_6222.jpg

18歳でバレエを止めた時 最後に履いていたトウシューズです
トウシューズは自分の足の木型でひとつひとつ作ってもらいました

今回 何十年ぶりかに履いて見ました

IMG_6229.jpg

不恰好な事この上なく  おまけに足首で止める紐が
当時はもう半周して後ろで結ぶはずだったのに。。。
象の足に変わってしまったのです

こんなオチでいいのか。。。



スポンサーサイト
【2009/07/20 13:46 】
色々映画の話 | コメント(14) | トラックバック(0)
<<ひこ迷の休日の過し方 | ホーム | 50万アクセス有難うございました>>
コメント
遅くなったけど、50万アクセスオメデトウ!
継続は力なりだね。
これからもガンバレー!!!

キャースゴイよ。
本物のバレリーナだったんだ。
トウシューズって、こんな風なんだね。
今でも十分に素敵(^0^)/な足です。
【2009/07/20 18:36】
| URL | パンダ子 #62/4nzbo[ 編集] |
アタシもusako さんが書いてくださったストーリーをみて、
はて、どこかで見た記憶が。。。。と思ったのですが、
子供のころ読んだんだわ。

やっぱりトウシューズに憧れてましたが、
とうとう穿かずじまい。
う~、うらやましい。

【2009/07/20 21:11】
| URL | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集] |
ナイスおち!(爆)
ブロガーは、しばしば己が身を削ってしまうものです、姐様、間違ってないよ、ぎゃはは~。

ってか、ハーマイオニーが“ハーマイオニー”だけで終わってしまわないでよかった(^-^)v
子役って、ずーっとその役から離れられなかったりするものね。
ハリーやロンはだいじょぶかな~、男子も加油れ~(苦笑)
【2009/07/20 21:52】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
パンダ子さん ありがとうございます

これからも宜しくお願いします

いやぁ。。。v-356
こんな古い汚いトウシューズですみません

本当は公演の時は何足も履きつぶすので
新品を二三足は用意するのですよ
新品を仕舞っておけばよかったのですが
何だか 練習用の履きなれた擦り切れてるようなの残してしまって。。。
【2009/07/20 23:10】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
多謝。さん こんばんは

まあ子供の時にやはり ご覧になったのですね
ええ 一度は憧れますよね バレリーナってv-238
私は縁あって 10年ほどバレエと暮らしました
今も音楽を聞くと足は覚えているのですが
もう形にならないのです。。。v-409
【2009/07/20 23:15】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
Pさん こんばんは

ハーマイオニーはとっても綺麗な女優さんですね
この映画の中の彼女は きらきら輝いています
まるでリズの様な華やかさがあります
きっと彼女は大丈夫だと思います

問題はハリーですよね。。。v-7
どんどん可愛さが無くなったら 何だかなぁぁぁ
がんばれーダニエル・ラドクリフ
【2009/07/20 23:22】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
遅くなりましたが、50万ヒットおめでとうございます!
この「バレリーナ」、赤毛のアンでお馴染みの村岡花子さんの訳だったのですね。少女時代に沢山の夢を見させていただいて、私もお世話になりました。
言われなければ、今でも素敵にバレエシューズを履きこなされているように見えるのですが…v-42618歳のusakoさんは本当に細い足首だったのですね!?
【2009/07/20 23:49】
| URL | さかざき #-[ 編集] |
本当に物を大事にするusakoさんに、改めて感心しました。
トウシューズは、今も綺麗に履いていらっしゃると思いますよ。
当時が細すぎただけです。(笑)

ハリポタ好きなので、この映画早速探して見ます。
子役たちが順調に脱皮してくれたら、嬉しいです。
【2009/07/21 07:21】
| URL | ちほ #PJakg2V.[ 編集] |
usakoさん、こんにちは。

使い捨ての時代に、物を大切に大事にされる姿勢は見習うものがあります。
思い出は、幾ら年月が経とうとも色褪せませんね。
今も素敵なトウシューズが似合う足です。
【2009/07/21 11:47】
| URL | nabi #FcZfbeYc[ 編集] |
イギリスのBBC製作のTVドラマ とか結構好きですね
いかにもイギリス~~って感じの作りで。

この素敵な浪漫的な日記のしめには。
素敵なトウシューズをはいたusakoさん!
撮影後 くるくると踊ったのでしょうか?
【2009/07/21 21:28】
| URL | もち #-[ 編集] |
さかざきさん 有難うございます

村岡花子さんの訳は本当に少女の心を捉えますね

18歳の私は 大名が初めて見た時に 
あんまり細い痩せた子だったので 印象に残ったそうです
まあ毎日必死に踊っていたのですから 細く筋肉だけだっのは当たり前です
履けただけマシというものですねv-356
【2009/07/21 22:37】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
ちほさん こんばんは

我ながら。。。 呆れています

映画を見るまですっかり忘れていたのに。。。

ハリポタの人気は素晴らしいですね
子供達も映画と共に成長していくのも素敵だと思います

でもこの映画のエマは ハーマイオニーではありませんよ
【2009/07/21 22:42】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
nabiさん こんばんは

有難うございます 年を取ると
思い出がとても大切になります
好きなもの大事なものをちゃんと
取っておいて良かったと思います
【2009/07/21 22:45】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
もちさん こんばんは

ええ 古き良き時代の香りがする作品でした
時代考証もとてもきちんとしているのはさすが英国ですね

トウシューズで立てないかと挑戦したら。。。
アッと云う間に足が攣りました 
年寄りの冷や水でした v-404
【2009/07/21 22:48】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/1057-fb53d171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター