「大名と腰元のフルムーン旅行記6」前編
12月3日 パリをうろつき回るのも とうとう今日が最終日です

朝食は 今朝はテラス席の方にしました
もちろんちゃんと室内ですから暖かです
朝のパリを眺めながら 頂くのも格別です

347123.jpg

もちろん あれもこれもとたっぷり頂きました(笑)

345123.jpg

デパートが始まるのを待って 
ホテルの傍の「プランタン」にお土産を買いに行きました
新聞スタンドをみると つい香港を思い出す私(笑)

352123.jpg

プランタンのショーウィンドウは可愛くて皆が足を止めてます

350123.jpg

ピンクバージョンとグリーンバージョン

351123.jpg

ラファイエットで 大名の可愛いパジャマを購入
隣のプランタンに移動して 息子と婿に某ブランド財布を
実家の母からお金を頂いて行ったので 綺麗なブルーの皮の手袋を

日本でも買えるのだけれど
やはり 思わず買ってしまった「ラジュレ」のマカロン
(地元では高すぎて買わないから)(笑)

494.jpg

午後から大名が行った事が無いので「ベルサイユ宮殿」に行く事にして
日本人ご用達のツアー会社に向かい 午後からのツアーに参加する事に

傍に何軒か和食のお店があり うどん屋さんに入ります

355123.jpg

ちょうど お昼休み時で すぐ隣の人たちは
フランスで働く日本人と中国人とアラブ系の人が
フランス語を話しながら フランス人と楽しそうに会話してた
皆頑張ってるんだなぁ~そんな彼らの横でおうどん美味しかった

354123.jpg

集合時間にはまだ時間があったので 少し散歩を
パレロワイヤルで ちょっと休憩

少し寒さに慣れたのか 少し寒気が緩んだのか 分かりませんが
外のベンチにも 少しなら座ろうという気持ちになった私達
外のテラスでビールも飲めるフランス人達に少し近づけたかな(爆)

008123.jpg

時間になったので 〇イバスのベルサイユ観光半日ツアーのバスに
流石日本人しかいません(笑)
往復だけバスで連れてって連れ帰ってもらえば良いので 
ベルサイユでは自由に周るコースを選んだけど なんと私達だけ
今からでもガイド付きに変更して良いですよ と勧められたけど
丁寧にお断りした私達は 到着すると とっととバスを降りて宮殿に向いました

356123.jpg
宮殿の中に入ると 日本語イヤホンを借り 早速部屋を回ります

そして 私はトンでもないモノを見たのです
この衝撃には覚えがあります
二年前にパリに来た時 私はベルサイユ宮殿で
同じような体験をしたのを思い出しました

IMG_3114.jpg

2008年に ジェフ・クーンズ(Jeff Koons、米国)の作品展が
ベルサイユ宮殿で行われていました その時の事はこちら

そして今回は

359123.jpg

現代美術家・村上隆の作品展「Murakami Versailles」が開催中
作品展の会期は9月14日~12月12日です

では 数点作品をお見せしましょう

前の時↓もうさぎに縁が有りましたが

IMG_3115.jpg

今回も(爆)

363123.jpg

耳に書かれたかいかいの文字は?
実はもう一体相棒が居るのです

366123.jpg

二つ合せると「ききかいかい」
つまり奇奇怪怪って事で良いのかな 深読みらしい
Kaikai & Kikiと説明書きに 
「かいかい&きき」とはなんぞや
実は 村上隆が代表を務めるアートの総合商社の名前 こちらに詳しく

とても印象的だったのはKinoko Isu

375123.jpg

「特に奇妙で不思議な花と混ぜられた時
きのこは魔力や並外れた力を持つ」
日本語のイヤホンガイドは原爆のきのこ雲にもつながると説明 

376123.jpg

決して馬鹿にするつもりは無いのですが
大名はこの辺りで「いい加減にしろ」とぼやき始め

3801223.jpg

長さ70メートルの回廊 鏡の間には
色とりどりの花の球体のオブジェが飾られて圧巻
この花は放射線を浴び突然変異した生物のイメージ

そして 壁面には大きな村上ワールド

390123.jpg

ベルサイユ宮殿と村上作品のギャップが楽しいとも言える
正直 個人的には村上隆作品は可愛いけど
素晴らしいとは思えないのですが
ベルサイユ宮殿との対比はとても面白かったです

P1050811.jpg

ちなみに大名は彼の事を全く知らなかったし
私のように前の免疫があるわけでなく
非常に憤慨してました 「なんだこのベルサイユは」

高級ブランド 〇イ・ヴィトンとのコラボで
伝統のモノグラムをカラフルにして
「モノグラム・マルチカラー」のラインを作り
大ヒットさせた人だと説明してあげました

時間が迫って来て 慌てて庭に出ました
うっすらと雪が積もってます

391123.jpg

門のところに作品展の掲示がありました
行きは遠くを見つめてるから気付かないのですね

392123.jpg

バスは帰りに近くのお土産物屋に強制的に寄ったので
こういうところが日本人向けツアー会社の企画は嫌なのです

お陰で時間がロスして 混雑もあり予定より20分遅れて到着

この日はまだこれから あれもこれもそれもと
最後の日をフルに楽しもうと動きまわりました
相当に長くなるので 続きはまた明日(笑)



スポンサーサイト
【2010/12/17 23:58 】
旅行記 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<「大名と腰元のフルムーン旅行記6」後編 | ホーム | 「大名と腰元のフルムーン旅行記5」後編>>
コメント
ベルサイユで、usakoさんが行く度に、アートなうさぎにであうなんて、不思議な運命としか言いようが無いですね。

しかし、フランスって変わってると言うか、大胆というか、すごいですね。
このような場所で現代美術の展示をするって。
【2010/12/18 11:07】
| URL | たばたりん #-[ 編集] |
村上せんせの作品はキライじゃないが、
やっぱ、ヴェルサイユには、似合わないと思う。
もし、名古屋城に、“バンド・デシネ”(スマーフとかw)…どーなの?(笑)

旅日記も、いよいよ、大詰めですね、
たっぷりと語ってチョンマゲ(笑)
【2010/12/18 16:03】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
usakoさん、こんばんは。
中々コメント出来ませんが、ちゃんと拝見してますから v-356

毎日ワクワクして読ませて頂いた旅行記も、とうとう最終日ですか。。。

素晴らしく豪華で充実した旅行で、写真にうっとりしてます。

村上さんのアートが世界的に有名だと言う事は、私もLVの模様で知りました。
ポップで楽しく好きですが、この宮殿にはどうなのでしょう。(笑)

後少し、最後まで楽しませてもらいます。
【2010/12/18 23:26】
| URL | nabi #FcZfbeYc[ 編集] |
朝食のテラス席からの眺めがとても
ステキです。朝から素敵な
外を眺められるのがv-10

マカロンのBOXが可愛いデスv-354
さすがに日本ではお高いですから
現地ではつい手が出てしまい
ますよねぇ(笑)
村上氏の作品はいろいろな意味で
問題になりましたがv-388
まぁ、芸術です、と言われれば(笑)
私には芸術がわかりませんけど(爆)

【2010/12/19 13:33】
| URL | Rio #-[ 編集] |
たばたりんさん こんばんは

ね~何だか不思議な気がしますよね
これまで三回現代アート展が開かれてるけど
そのうち二度もアートなうさぎに出会ってしまった私
どんだけ~うさぎが好きなんでしょう(笑)

実はフランス人も反対のデモとかしてるのです
あぁ フランス人も普通でした
【2010/12/19 22:38】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
Pさん こんばんは

村上作品って漫画ってわけじゃないからなぁ~
いっそ「あさきゆめみし」の絢爛たる源氏絵巻の方が
ベルサイユには似合うかも(笑)

【2010/12/19 22:52】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
nabiさん こんばんは

お時間の余裕の無い時に 有難うございます

まあ35年前より人生経験積んだ私達 
あの時は喧嘩三昧でしたが
今回は大人の対応で 仲良く旅行してきました

後少しお付き合い下さい
【2010/12/19 23:18】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
Rioさん こんばんは

テラス席からの眺めがとても ステキ>
中から外って案外撮らないのよね(笑)
パリだからこそ絵になりますね

そうなの あんな小さなマカロンに
怒れる位高いじゃないですか
パリに行ったら買って食べようって決めてました(笑)

村上氏の作品はいろいろな意味で
問題になりましたが>
あの性的に過激な作品は 私は如何なものかと思います
流石に今回はそういう物は出てませんでしたからホッとしました
【2010/12/19 23:32】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/1446-40da9ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター