スペイン旅行記8 ミハス~カウントダウンのバルセロナ
12月31日続き

アルハンブラ宮殿を歩きまわった後
グラナダから高速道路を1時間半ほど 
強く差し込む日射しを避けカーテンを閉めウトウト寝ていた私は
「海が見えますよ」という添乗員さんの声に目を覚まし
バスの窓のカーテンを開けると 突然地中海が目の前に広がりました

IMG_3874.jpg

『太陽の国』と言われるスペインの南スペインのアンダルシア
そんなアンダルシアのコルドバのメスキータや
グラナダのアルハンブラ宮殿と並ぶ有名な観光地に
「コスタ・デル・ソル(太陽海岸)」というリゾート地があります
全長約350キロにも及ぶ地中海に沿って続く海岸に
「白い村」が点在しています

今回はその代表とも言える白い町 ミハスに行きました
山の中腹斜面にへばりつくようにミハスはあります

img_1142993_17184896_15.jpg

さらに西へ10数km進めばジブラルタル海峡に着くという
スペイン南端部に位置しています
ミハスはとっても小さな町なので 隅から隅まで見ても半日あれば十分
もちろんツアーです~1時間半くらいしかありませんでしたが・・・(笑)

ミハスで一番美しいと有名なサン・セバスチャン通り

DSCF1231 - コピー
壁を白く塗るのは景観のためではなく 強烈な太陽の日差しを反射させて
暑さをしのぐ工夫です また石灰を塗ると壁に虫がわきにくいそうです

DSCF1235.jpg

坂を上っていくと 世界最小の「四角い闘牛場」があります

DSCF1239 - コピー

ここから入っていくと

img_1142993_17184896_10.jpg

中はこんな感じ 角が四角よ(笑)

mijas01.jpg

添乗員さんがとても闘牛が好きな方だったので色々調べてくれました
観客席百名程度と小規模なのですが かえって料金は高いとか
普通 3月~10月までが闘牛の開催時期ですが 
何と1月1日にも開催されるとか 彼女はとても観たがってました(笑)

ここでも町の中心にクリスマスツリー 
日本じゃ大晦日だけど スペインはクリスマスの真っ只中(笑)

DSCF1232 - コピー

みんなで展望台へ行って その後約1時間半の自由行動になりました
展望台からは天気が良かったので うっすらアフリカ大陸が見えた(かも)

DSCF1240 - コピー

家々を楽しみながら買い物などもいいですね

DSCF1233 - コピー

お店の前に商品が飾られてるから何を売ってるか良く判ります

mijas34.jpg

でもここで売っているのは 結構観光地価格のお土産ですが(笑)
有名なお土産としては アロマグッズ スペイン産サフラン
バージンオリーブオイル オリーブオイル石鹸などが目につきました
アマポーラというお店では可愛いアクセサリーを売っていました
アンダルシア地方の草花を押し花にしてガラスの中に埋め込んだもの
大好きなビオラの花びらのストラップお土産に買い 
ENEという店で売っているTシャツもオシャレで可愛くて家族に買い・・・

と私が買い物に夢中で 道を間違えてウロウロしているうちに・・・
何と先にバスの乗り場に向ってた筈の大名が
皮のハーフコートをお買い上げになってた  
なんて早業 

私を待って立ってたら 皮製品のお店の人に引っ張り込まれたと・・・
いや例え引っ張り込まれても 普通はそんなに簡単に買わないでしょう?
まあ幸い中々良い物だったので安堵しました 

そんな買い物三昧なミハスでしたが とどめにバス乗り場で
おにいさん(本当は彼のお父さんだけど代わり)が小さな屋台で
大鍋でアーモンドを炒って砂糖を和えた甘いお菓子を売ってた
これがとても安くて サクサクで すごく美味しい という優れ物
日本風に言えば「天津甘栗」というところ 実は名物ガラピニャーダとか

DSCF1243 - コピー

おやつにもビールのおつまみにもぴったりで 3パック持ち帰ったけど
子供達に出して食べたら 皆それぞれ1パック欲しがって
大名が友人にあげるつもりだったと言っても後の祭りよ(笑)

お土産の袋をぶら下げてバスに戻った皆を乗せ マラガに向けて走り
マラガ空港からバルセロナ空港まで飛行機で移動です

IMG_3885 - コピー

実はこの日 バルセロナのカウントダウンを折角ならレストランで
それ風な仕掛けで楽しもうと思ってた私達でしたが
何と バルセロナに着くのは10時頃 ホテルにチェックインが11時予定
これではカウントダウンパーティどころか 夕食さえ怪しいものです

でもこういう時が添乗員付きツアーの強み
マラガで日本食レストランを営む日本人と連絡を取り
日本出発以来のお米のお弁当をマラガ空港に届けてもらい
イートインコーナーで 皆でパクつく事になりました(笑)

IMG_3882 - コピー

おにぎりに 卵焼き 焼しゃけ 金時豆 のシンプルなお弁当ですが
そろそろ濃い味に辟易していた時なので もの凄く美味しかった 

そして遅れる事無く飛行機は無事にバルセロナに到着
泊るホテルは中心地のカタルーニャ広場の所に有ります
バルセロナのカウントダウンのメイン会場がこの広場と言う事で
なんと周辺の道路は通行止めになっていました
25人の日本人が 大きなスーツケースをゴロゴロ押しながら
歩いてホテルまで向いました ふぅ結構遠かったです(汗)

IMG_3905 - コピー

やっと部屋に落ち着くと直ぐにTVを付けます
何しろ今夜の12時に 私達25人は ぶどうを12粒
12時の鐘の音に合せて食べなくてはならないのです

スペインのカウントダウンのお約束が
12時の鐘に合せ葡萄を12粒食べてCAVAで乾杯です

その為に添乗員さんはあのセビーリャの夜
スペインのイトーヨーカドーの食料品売り場で
人数分の葡萄の缶詰を購入してくれてたのです
折角ですからね 郷に入れば郷に従えですね

uva.jpg

今回の添乗員さんはこんなエピソード一つでも判るように
とても心使いの細やかな でも楽しい頼りになる素敵な方でした

鐘に合せて食べるのは意外にも難しく
TVは2012年を告げても私はまだ11粒をモグモグ・・・(笑)

IMG_3890 - コピー

葡萄を食べ終わると 大急ぎでコートを着て
私達二人はホテルを飛び出し 直ぐ目の前の広場に向いました

アルコールの匂いが充満してました
地面には乾杯の残骸・・・

DSCF1245 - コピー

帰る人も大勢いますが まだまだザワザワ賑わっていました

IMG_3897 - コピー

お空にはショボイ花火が時々上がりました(笑)
それとちょっと驚きましたがスペインも爆竹鳴らすんですね
結構夜遅くまでバンバン鳴らしてました 
ホテルのベットの上で 目瞑って『此処は香港』と思ってるうちに 
アッと言う間に爆睡(爆)こうして新年を迎えました 



スポンサーサイト
【2012/01/13 00:14 】
旅行記 | コメント(16) | トラックバック(0)
<<「大魔術師」にひこが友情出演 | ホーム | スペイン旅行記7 アルハンブラ宮殿>>
コメント
最近有名なミハスでの大名の買い物に、思わず笑いました。
スリ事件でもそうですが、お金持ちオーラが光ってるのでしょう。

スペインのカウントダウンの迎え方とかも、初めて知りました。
良い添乗員さんで旅が一層楽しめましたね。
【2012/01/13 08:48】
| URL | 愛弓 #-[ 編集] |
素敵な年末ですね~。
あこがれます。

綺麗な街並み、喧噪、もう目の前に広がってくるようです。

usakoさん、連日のアップ大変でしょう?
こちらは毎日旅行気分で楽しんでますが。
少し休憩してくださいね。
【2012/01/13 12:29】
| URL | yonko #GfcxOkWw[ 編集] |
 こんにちは。
連日のお土産話のおすそわけありがとうございます。楽しいです!

できれば「お買い物編」でストラップやTシャツも披露していただきたいです。大物も楽しみですが、現地でしか買えない小物も外国らしさが出ているので楽しみです。

旅の疲れは残ってないでしょうか、週末ゆっくりされてくださいね。
【2012/01/13 13:58】
| URL | チャチャ #-[ 編集] |
usakoさん、こんにちは。
内容の濃い旅行記読みごたえありますー。
ホント、連日のブログ更新お疲れさまです。
スペインの新年のカウントダウン方法は興味深いです。
ブドウを食べるのねー。
それにしても添乗員さんのいる旅は添乗員さんによって旅の質がグーンとアップしたりダウンしたり大きく左右されますよね。
今回のusakoさんのグループの添乗員さんは本当にスペインを愛していらっしゃるのが手に取るようにわかりますよね。
良い添乗員さんに当たってよかったですね♪
彼はスーパーで一体何を買っていたのだろう??とずっと気になっていたのですが、これでスッキリしました。(笑)
異国で久しぶりに食べる和食は美味しいですよね。
【2012/01/13 14:33】
| URL | sabunori #JalddpaA[ 編集] |
スペインのカウントダウンに何故ブドウを食べるのでしょう。
それにしても添乗員さんの気の効いた計らいにビックリします。
空港でのおにぎり手配も嬉しいし、本当に良い添乗員さんに当たりましたね。

スペインの皮は良いと定評ですから、大名さんの衝動買いも〇ですね(笑)。
【2012/01/13 22:18】
| URL | ちほ #udg4x/Zk[ 編集] |
usakoさん、おはようございます。

旅も後半、さぞお疲れだったでしょうに、相変わらず行動的なお二人に拍手。

爆竹の音を聞きながら、香港を思い浮かべるなんて、流石usakoさん。

寂しいけど後少しですね、フィナーレに向けて頑張って下さい。
【2012/01/14 08:06】
| URL | nabi #-[ 編集] |
スペインでは葡萄を食べるのですね。

こういう体験って、その日一日だけですものね。
たのしいですね。

大名さんの素早いお買い物にも感服しました。笑
【2012/01/14 14:36】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
愛弓さん こんばんは

お金持ちオーラが光ってるのでしょう。
>ここでの買い物はとてもお値打ちで 一般ピーでも買えたので即決したそうです(笑)

スペインのカウントダウンの迎え方とかも、初めて知りました
>はい私も初めて(笑)折角の貴重な体験楽しめて添乗員さんに感謝です
【2012/01/15 23:12】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
yonkoさん こんばんは

綺麗な街並み、喧噪、もう目の前に広がってくるようです。
>こんな風に評価してもらえると 疲れも吹き飛びます ありがとう

お言葉に甘え 休憩してしまいました(笑)
【2012/01/15 23:16】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
チャチャさん こんばんは

できれば「お買い物編」でストラップやTシャツも披露していただきたいです
>はい判りました 色々買った可愛い物をお見せしますね

週末ゆっくりされてくださいね
>生憎と子守り三昧でした
【2012/01/15 23:22】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
sabunoriさん こんばんは

良い添乗員さんに当たってよかったですね♪
>彼女は(彼ではなく)添乗員の仕事の壁に当たった時
スペインに半年くらいホームスティをしたそうで  
そこで又仕事に戻るパワーを得たと話して下さいましたが
スペインがターニングポイントで大好きだそうです
何時も楽しく元気な彼女に 私達も元気もらいました
本当に良い方に当たりましたv-221
【2012/01/15 23:39】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん こんばんは

何故ブドウを食べるのでしょう。
>年明けを告げる午前0時の鐘の音に合わせて
1回鳴るごとに1粒ずつ計12粒のブドウを食べるんです
この風習は100年近く続いているそうです
ブドウを食べながら新年の願い事を唱えた人に幸運をもたらすとか
色々ありますね 外国から見たら年越し蕎麦も不思議ですよ(笑)
【2012/01/15 23:45】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
nabiさん こんばんは

後2回位で旅日記は終われるように 今頑張ってますが
ちょっと色々忙しくて続きは週明けからになりそうです
写真撮り過ぎて選ぶのが結構大変なんです(笑)
【2012/01/15 23:49】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
やっほーさん こんばんは

こういう体験って、その日一日だけですものね。
>何だか味占めて毎年違う国でカウントダウンやりたくなります(笑)

何しろ何処に行くにしろ旅はいいですね
インド凄いですが 相当に面白そうね
【2012/01/15 23:52】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ほんとに素敵な添乗員さんですね♪
この心配りが嬉しいですよね。
私もバルセロナでおにぎりを食べました(笑)あ、自分でバルセロナのおにぎりやさんに行ったんですけどね。

カタルーニャ広場の辺りをゴロゴロとスーツケースを引きずる日本人の団体…想像するだけで笑えちゃいます。お疲れ様でした(^^)
【2012/01/16 22:01】
| URL | アンディ #-[ 編集] |
アンディさん こんばんは

ほんとに素敵な添乗員さんですね♪
この心配りが嬉しいですよね
>ツアーの時の添乗員さんって勿論お仕事ですから 平均点は有るのですが
こういう気持ちのこもった事されると 凄く思い出に残ります

カタルーニャ広場の辺りをゴロゴロとスーツケースを引きずる日本人の団体
>暇そうなポリスがじろじろ見てました 手伝ってくれたら良いのにね(笑)
【2012/01/19 00:07】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/1752-22c34204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター