砂漠を走る少女
先日「母たちの村」について記事を載せた時に
何時も真摯な意見で思い切り考えさせられるブログのぐりさんに
ワリス・ディリーの本を薦められて 早速「砂漠の女ディリー」を
Amazonで取り寄せて読んでみました

4794209207.09^-0kkk.jpg


ワリス・ディリー 著 /武者圭子 訳 草思社 1999

とても読み易い文体で スラスラと読めたのですが
書いてある内容には 胸を衝かれました。。。

草思社の著者紹介によると
ワリス・ディリーは
『ソマリアの遊牧民の部族に生まれる 
13歳で砂漠を逃げ出しロンドンに渡ったのち
写真家テレンス・ドノヴァンに見出され トップモデルに
その波瀾の半生を描いた『砂漠の女ディリー』は世界的ベストセラーに
現在は国連特別大使としてFGM(女性性器切除)廃絶を訴え
ソマリアの窮状を救うための財団「砂漠の夜明け」を設立するなど
多方面で活躍している』素晴らしい女性です

「母たちの村」で問題になった女性性器切除の実態が 実際に体験した
ワリスによって そのありのままの姿が書かれています

『アフリカに住む女性の多くが 無知によって続けられている
この儀式のために 一生痛みに耐えながら くらしている
わたしはこうした女性たちのために 自分が声をあげなければと
感じるようになった』ワリスによって この余りにも非道な儀式が
世界に公に知られるようになるのです

ワリスは 今最も凄惨な世界を展開しているアフリカのソマリアの
砂漠を移動しながら暮らす遊牧民の娘として生まれました
幼い時から 家畜を水飲み場に連れて行ったり 乳絞りをしたり
一人前に仕事をして 助け合って過酷な砂漠での生活を送りました

5才の時に女子割礼を受けます ソマリアでは女の子は2本の足の
間に悪しきものをつけて生まれてくると云われ
その不浄なものは取り除かなくてはいけないと信じられているのです
前に載せたFGM のタイプ3の儀式が行なわれるのです
もっとも悲惨な方法です。。。

ワリスは傷が癒えるまでに 1カ月以上かかりました
しかし 出血多量や外傷性ショック 感染症 破傷風などで
死んでしまう少女も多い中 ワリスは幸運だったと言えるのです
でも生き残った少女たちは 様々な後遺症に苦しまなければなりません

『性器を切り取って縫合したあとには マッチ棒の直径ほどの
小さな穴が二つ開いているだけだった 
ひとつが排尿のための穴 もうひとつが月経のための穴である』

排尿困難。。。 ワリスは排尿に10分以上もかかってしまうのです
月経困難。。。 月経血が上手く出ないための激痛に苦しむのです
膀胱炎 精神的苦痛に一生耐えながら暮らすのです
同じ女として これらがどんなに苦しい事か判るだけに堪りません

13歳になったワリスは らくだ5頭と引き換えに
60才の男の第3夫人となるように父にいわれるのです
嫌だと言う事は許されません 父親は絶対的でしたから
ついにワリスは裸足のまま 砂漠を何日も走り続け逃げ出すのでした
空腹と渇きと痛みに耐えて 自由を求めて 砂漠を走ったのです

そしてそのあと 様々な苦労の末にアフリカからロンドンに。。。
数奇な運命の結果 ニューヨークに渡り。。。
遂にはスーパーモデルとして脚光を浴びるまでになる 
偶然と幸運と彼女の強い意志によって勝ち取られていく
彼女のサクセスストーリーが描かれていきます
ワリスが砂漠に危険を顧みず 思い切って走り出したから
今の彼女はいるのです 彼女はいつも懸命に走ってきたのです
前だけを向いて 明日の幸せだけ信じて。。。

しかし 信じられない様な成功を収めても彼女は何時も思っていたのです
『あの遠い砂漠の地には 生理で体を伸ばせないほどの痛みに
あえぎながら 何キロも歩いて 
山羊の群れを水場までつれていかなければならない少女がいる
夫の性的な喜びをそこなわないようにと 
まるで布きれか何かのように
出産直後にまた針と糸で縫い合わされる妻がいる。。。 
固く縫合されたままで 初産を迎える女性もいる。。。
しかもそういう女性が一人で砂漠に行き
わたしの母がそうしたように
自分でこどもを産まなければならないとしたら。。。
わたしはその悲しい結末を知っている多くの女性が
一人きりで 出血多量のために死んでしまう
ハイエナやハゲワシに見つかる前に 夫が死体を見つければ
それでも運のよいほうだ』と

『わたしが割礼を受けてから悩んできた健康上の問題は
世界中の何百万という女性にも降りかかっているのである
そしてアフリカに住む女性の多くが、無知によって続けられている
この儀式のために 一生痛みに耐えながら暮らすことになるのだ
お金もなく。。。 ものを言う力もない。。。 
わたしの母のような砂漠の女性たちを
いったいだれが救ってくれるのだろう 声なき少女の代わりに
だれが叫んでくれるのだろう 同じ遊牧民として
わたしはこうした女性たちのために
自分が声をあげなければならないと感じるようになった』と

マリークレー誌のインタビューで 自身のFGMの話をすると
様々な反響を呼び テレビの特別番組が作られ
ついには ワリスは 国連の特別大使に任命されるのです

そして彼女は 今もFGMの廃絶運動をすすめているのです

私はアフリカの地でのみFGMが行なわれていると思っていました
しかし 実は衰退するどころか アフリカ移民がアメリカや
ヨーロッパに移住して悪しき慣習を一緒に持ち込んでいるのです
ニューヨーク州では 既に27000人の少女が
性器切除を受けたと考えられていて
この為に 多くの州がFGM排斥法案を可決させたと云うのです

FGMは処女の証でありそうでなければ良い縁談がない
だから 親は娘にそれを施し 結婚式後に縫い合わせたところを
切り開いてセックスをするという なんともやりきれない話です

ワリスは 数多くのアフリカ諸国と アフリカ出身者が作る
先進国内のアフリカ社会において 今日でも日々続けられている
FGMという非人間的な 女性を肉体的にも 精神的にも
痛めつける悪しき慣習を 多くの人に知ってもらいたいと
精力的に講演を引き受け 国連の場でも訴えているのです

私に一体何が出来るのだろう。。。今回も涙の中で思いました
こんな偏狭なブログだけれど たとえほんの少しでも
この事実を知って 考えて下さる方が増えれば。。。

重い事実を前に 個人の意見など差し挟む余地は無いと思い
余り 感想なども入れませんでした 女としての思いは一緒ですから 

ワリス・ディリーは 2003年に「ディリー砂漠に帰る
を書いています 一緒に読まれる事をお奨めします

4794212607.09654.jpg


こういう記事を載せるのは 正直とっても疲れます
お馬鹿なひこ おっととDaniel Wusa の追っ掛け記事はルンルンですが
こういう 難しい問題を扱うのは Wusako婆には荷が重すぎますね
なので 疲れた頭を今日もひこ ならぬ 乱太郎に癒してもらいます

20070304221146.jpg

乱太 毛づくろいに夢中です

20070304221242.jpg

乱太 あったか~いので のびのび~(何しろ本日22度)

20070304221406.jpg

僕も喉かわいたよぉ と乱太

スポンサーサイト
【2007/03/04 22:12 】
本の話 | コメント(10) | トラックバック(1)
<<うさぎの器に目が無いの | ホーム | うさぎ顔(?)のひこ>>
コメント
ごめんなさい、ここ読んだだけで堪忍して~(泣)ムリ!もう怖くて痛くて読めやしない!
ディリーさんによろしく言ってね~(苦笑)(知り合いではないでしょーが^^;)

usakoさんの疲れをPもわけてもらったからね、明日はヒコさんでよろしくね!ステちゃん&ニコちゃんをつけてくれてもよくってよ(爆)
【2007/03/04 23:11】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
Pさん ここだけでもしっかり読んで下さって有難う
本当に 同じ女性として身がキリキリ痛む思いです
こんな酷い事が現実に起きていたなんて。。。
ちゃんとした手術でも恐ろしいのに。。。涙

明日は 明星の楽しい記事を探しましょうね
【2007/03/04 23:46】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
Pさんと一緒で今は恐くてusakoさんの記事しか読めないです。決心がついたら書籍も読んでみたいとは思いますが何時の事やら・・・。私も何か出来ないかなと思いこの事を周りの人に話そうと思い早速従姉妹に話しました。彼女もこの事は知らなくてびっくりしてました。知らない人はまだまだたくさんいるので微力ながらも地道に続けていこうと思います。

『門徒』がとても評判が良いようで嬉しいのですがまたしてもハリウッドが・・・って感じです。彦祖の役はそのまま彦祖をには私も大賛成です!
【2007/03/05 07:15】
| URL | むぅ #er8g3Pl6[ 編集] |
usakoさん、有難うございます。
ワリス・ディリーさんの素晴らしい勇気に感動すると共に、
何の力も無かった少女に、砂漠を駆け抜けさせた大きな力の啓示を感じます。
全く無学で無知だった少女が、色々な紆余曲折の末とは云え、
スーパーモデルになり 国連大使にまでなるのは、
やはり神の大きな力があり、彼女に与えられた使命の故と、
特に信仰があるわけではありませんが、思わずにはいられない奇跡です。
【2007/03/05 10:09】
| URL | たばたりん #oqjswDRA[ 編集] |
むぅさん こんばんは
有難うございます 嬉しいわ
一人でも多くの人に この事を広めたいですね
知るって事はとても大切な事だと思います
本は 割りとスラスラと読めてしまいますよ
とても波乱万丈なので 次々って読み続けてしまいます
是非図書館ででも手にとって見て下さい
【2007/03/05 23:08】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
たばたりんさん こんばんは
確かに神の意志が働いていたのかも知れませんね
本当に こんなすごい運命に翻弄されても
しっかりと上に向って進んでいく彼女の強さは感嘆です
きっと彼女には神からの使命があったのでしょうね
ええ 私もそんな気がします
【2007/03/05 23:12】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
こんばんは。
この本の表紙に見覚えがあります。
「読んでおきたいこの一冊」みたいな感じで、紹介してありました。
その時は、綺麗な顔のこの女性しか印象になく、内容がこういうものだとは知りませんでした。
usakoさんの日記で紹介してくださってありがとうございます。
勉強になりました。
もっともっと、世の中に広く知られなくちゃいけませんね。
【2007/03/06 00:00】
| URL | yonko #GfcxOkWw[ 編集] |
yonkoさん こんばんは
ありがとうございます そうなのです
とにかく一人でも多くの人に知って欲しいですね
私の周りでも誰も知りませんでした
皆に話して知ってもらいましょう そして
絶対に止めさせなくてはいけない問題です

【2007/03/06 22:01】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
ご無沙汰しております。時々拝見していますが、なかなかコメントできなくてすみません。
このスーパーモデルのお話は三年ほど前、映画になりました。
『デザート・フラワー』という題で公開されました。感動して、本も読みました。
dvdにもなっています。本よりは見やすくなっていたとおもいます。
【2014/04/30 19:00】
| URL | ミッキー #-[ 編集] |
ミッキーさん こんにちは

お知らせ有難うございます
流石に色々ご存知ですね~
早速DVDを探して見ます

映像の方が見やすいのは有り難いですね
【2014/05/01 13:59】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/186-1f4afa52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ワリスディリー 画像
砂漠を走る少女 先日「母たちの村」について記事を載せた時に何時も思い切り考えさせられるブログ「ぐり日記」のぐりさんにワリス・ディリーの本を薦められて 早速「砂漠の女ディリー」を. amazonで取り寄せて読んでみました 4794209207.09^-0kkk.jpg ...(続きを読む) 35秒で読む!今日のニュース速報!【2009/10/05 15:27】
| ホーム |

無料カウンター