充実の世界遺産のイスタンブール(大名と腰元のトルコ旅行記13)
信じられないニュースに呆然としています

「カッパドキアで20日早朝 観光客を乗せた2機の熱気球が
空中で衝突し 1機が墜落して乗客2人が死亡」

2機の気球が上空で衝突 うち1機が墜落したそうです
墜落機の風船部分がもう1機のゴンドラにぶつかり裂けたようです

犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします

この気球はアナトリアンバルーンズという会社で
安全性に疑問のある会社のようだったと Yさんから連絡頂きました
この前のエジプトの時もそうでしたが やはり沢山の会社の中には
色々差があるようなので 良く調べる事が大事だと改めて思います
旅行中 ガイドのアズリーさんが「良くない会社も有るから大丈夫?」
と心配して聞いてくれたのはこの会社だったのかな と思ったり
因みにこの会社は日本の旅行代理店は契約していないそうですが
個人で行かれる場合は要チェックして下さい

今回の事故で流石の腰元もビビったと思われたかも知れませんが
でも私は機会が有れば 何度でも気球に乗りたいと思います
実は余りにも忘れられ無くて 秘かにカッパドキア行きを画策中
(だから秘密で真っ暗って言われるのね占い師に 爆)

さて
トルコ最終日は一日イスタンブール観光です
深夜の飛行機で日本に戻るまで 
フルに一日ギュウギュウ詰めのスケジュールが用意されています

せめて朝はゆっくりしましょうという事で
ホテル出発が9時半なので 食事をしたら散歩に行く事に

DSCF4319 - コピー

ここのレストランは 生ジュースをその場で絞ってくれたし
卵料理やハムなど注文を聞いてから作ってくれて
とても美味しい朝食でした 大名も一番此処が良いとご機嫌

食べ終わると 荷物も廊下に出して 早速外に出かけます

FSC120522_111648.jpg

とてもキュートな玄関前を通り抜け ホテルの前で一枚

DSCF4320 - コピー

ホテルの前の坂道を辿ってみます

DSCF4321.jpg

旧市街の観光地が集中している地域なので ミニホテルが軒並み(笑)
屋上で朝食中のホテル 気持ち良さそう~

DSCF4325.jpg

渋いバイクが並んでます

DSCF4330.jpg

まだ閉まってるお土産物屋さんの椅子で

DSCF4326 - コピー

藤の花を壁に這わせてる・・・
こういうのは日本では見かけないけど中々素敵

DSCF4328.jpg

お店も少しづつ開き始め 覗いていると欲しいブレスレットを発見
今回色んな所で見つけて買って来たジャラジャラブレスレット
この時買った一番のお気に入りは 左下の物

IMG_5465.jpg

因みにこの左下と左上は自分用 右下は舞が 真ん中は娘が選び
他はお土産にしましたが トルコのは皆ナザールボンジュ付き(笑)

そろそろ集合時間です ホテルに戻ると皆さんお店を見たり
散歩したり ホテルでのんびりしたりと三々五々でした
何時も元気な最高齢のOさんのご主人は1人で歩きまわり 
素敵なランプを2個ゲット この方の好奇心と決断力には脱帽です 

そして私達は歩いて10分位のブルーモスクに向いました
DSCF4337.jpg

ブルーモスクは世界遺産に登録されているトルコの代表的観光スポット
17世紀初めにアフメット1世によって建てられたイスラム寺院です

外観での大きな特徴は計6本あるミナレット(尖塔)
通常モスクのミナレットは4本までしか建ててはいけない決まり
「アルトゥン(金)」のミナレットを作れと命じられたのを
設計者が「アルトゥ(6本)」と聞き間違えて6本にしてしまったとか(笑)
世界中にあるモスクの中でミナレットが6本あるのはブルーモスクだけです

DSCF4345.jpg

モスク内は土足禁止なので 靴をビニール袋に入れて
女性はスカーフを被って入場します

DSCF4360 - コピー

カッパドキアで買ったオヤが早速活躍します
スカーフ等の無い人用の布は用意してありました

数万枚のイズニックの青いタイルで彩られ 
白地に青の色調の美しさからブルーモスクとよばれるのです

lrg_14780775.jpg

続いてアヤソフィアは キリスト教とイスラム教の両文化を包含する博物館
「ビザンチン建築の最高傑作」でイスタンブールを代表する建築物です

istanbul_11.jpg

ビザンチン時代にキリスト教会堂として建てられ
オスマン・トルコ時代にはモスクとなった世界的に有名な大聖堂です
アヤソフィアとは「神の知恵」を意味しています

DSCF4373.jpg

急なスロープをフーフー上がると上層階に行けます

DSCF4374.jpg

本日のツーショット

DSCF4377.jpg

大理石のスロープは下りも疲れます(笑)

DSCF4381.jpg

続いてすぐ側の地下宮殿へ
眩しい外から入ると直ぐには判りませんが目が慣れて来ると

薄暗い水面に森の木々のようにそびえ立つ大理石の柱・・・
そこは異世界のようです

DSCF4385.jpg

宮殿という名前がついているけれど
実はビザンチン帝国時代の地下貯水池
今も水が張ってあります

涙のしずく模様の「涙の柱」と呼ばれる柱が一本あり
この柱には穴が一つ空いており ここに親指を入れて
手を360度まわせたら願い事がかなうというので大名も挑戦

DSCF4392.jpg

奥に大きな柱が2本あり それぞれ柱の土台部分に
メデューサの顔が使われています
一つは横向きです

DSCF4396.jpg

もう一つは逆さ

DSCF4402.jpg

このように置かれたのはメデューサの目の魔力を封じ込めるためとか

DSCF4390.jpg

湿気のせいで通路は常に濡れていて滑りやすいので疲れました

この旧市街の世界遺産歴史地区は 一か所にまとまっているので
便利ではありますが 全て徒歩で移動なのです

既に午前中で相当疲れてる腰元です(笑)

午後はトプカプ宮殿を始め まだまだ色々あるのです
直ぐに終わりそうに無くて・・・続きはまた明日(爆)



スポンサーサイト
【2013/05/21 01:23 】
旅行記 | コメント(16) | トラックバック(0)
<<トルコよまたね~(大名と腰元のトルコ旅行記14) | ホーム | コーヒー占いにギョギョ(大名と腰元のトルコ旅行記12)>>
コメント
昨夜のニュースで仰天しましたが、成程そういう現地でも評判の悪い会社だったのですか、
ルクソールの時もやはり事故を起こしてる会社だったと思います。

改めてusaKoさんの事前リサーチ力はスゴイと感心しました。
カッパドキアにまた行けますよう祈ってます。(笑)
【2013/05/21 07:47】
| URL | keite #-[ 編集] |
とても良い立地のホテルで羨ましい~、朝の散歩も楽しめましたね。

ジャラジャラブレスがどれも可愛い!usakoさんは本当にセンスが良いから欲しくなります。

気球知りませんでした(^o^;) 恐いです~、
と思ったら、usakoさんは余程気球好きになったのね。(笑)
【2013/05/21 11:40】
| URL | ちほ #-[ 編集] |
じぇじぇー!気球の事故、知らなかった~^^;
でも、姐様は、絶対、んなことならんって思ってたけど。
何とも、お気の毒なことだね(/\)

イスタンブール巡りも、しゅてきー!
大名って、ハラ出てないよね~、すごいわ!←どこ見てんのよぉー!ww
【2013/05/21 12:32】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
気球のニュース、絶対usakoさんはビビってない!と信じてました。
だって、あたしももし行ったら乗るものw

ブレスレット、素敵ですねえ。
うっとり。


【2013/05/21 23:46】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
usakoさん、こんばんは。

今回は日本人が関係無かったからか、余りニュースでも取り上げてませんね。
本当に会社に依って全然違うのですね。

とにかくusakoさん達は何事も無くて安堵します。

オヤをusakoさんが早速身につけれて良かったです。
スカーフで髪を隠すのも とてもお似合いです(笑)
それに淵飾りがとても素敵です!
本当にお買物上手ですわ。
【2013/05/21 23:47】
| URL | nabi #FcZfbeYc[ 編集] |
usakoさん、こんにちは!!
トルコ旅行、すごく素敵だったんですね~~~!!!
カッパドキアの写真は、本当に素敵❤
でした。
写真集みたい。。。
DVD,うらやま。。。(>_<)

気球、最高。。。!!!
富山にも、行ってみたいと思ってた私。
乗りたいな~❤
でも日本の観光地だと、数十メートル上がるだけとか、多いですよね。

高いところ大好きな私、、、大自然の中の
高いところは特に最高ですね!!!
一生に一度は行きたいです~~~
いいないいな。

洞窟ホテルも素敵だし、
後、イスタンブールのブルーモスクも
地下があのようになってるなんて、知らなかった。。。
あー、行きたいな。

韓国ばかり行ってる場合じゃない~~(^_^;)と、まじめに思いました。

どなたか書かれてましたが、
オリンピック、トルコでいいんじゃない??

ではでは、また~!!!



【2013/05/22 13:38】
| URL | しばみ #-[ 編集] |
keiteさん おはようございます

個人旅行に時は事前に色々調べるので
ツアーで行く時も遂癖で調べてしまうだけ
決して私が特別なのではなく
過去にイタイ経験を積み(笑)
しっかりリサーチをする事の大切さを思い知ってるだけ

気球それ自体は安全な乗り物なので
事故はやはり人間の責任だわ
【2013/05/24 10:21】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん おはようございます

このホテルは世界遺産地域なので本当に便利
次もこの辺りが良いなと思ってます(行く気満々)

ジャラジャラブレスは夏には良いですよね

気球に魅せられたうさぎです(爆)
【2013/05/24 10:25】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
Pさん おはようございます

でも、姐様は、絶対、んなことならんって思ってたけど
>はい わたしはそういう運は悪くないと思うわ
ひこ運の悪さはこの所為か・・・v-12

大名って、ハラ出てないよね~、すごいわ!
>ジムに何年も通ってる人だから(爆)
【2013/05/24 10:29】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
やっほーさん おはようございます

気球のニュース、絶対usakoさんはビビってない!と信じてました。
>はい!死亡事故には心が痛みましたが
ビビるなんて言葉は私の辞書に無い~なんちゃって~ (笑)

だって、あたしももし行ったら乗るものw
>来年もう一度行こうと考えてます 一緒に行きます?

ブレスレット、素敵ですねえ。
一杯売ってますよ 買いに行きます?(爆)
【2013/05/24 10:34】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
nabiさん おはようございます

ニュースでの取り上げ方がとても小さかったです
まあ竜巻の方が大変でしたから 隠れてしまった感じ

オヤをusakoさんが早速身につけれて良かったです。
スカーフで髪を隠すのも とてもお似合いです
>有難うございます 元々このオヤの飾りはイスラムの女性がスカーフをする習慣から生まれたものなの
【2013/05/24 10:39】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
しばみさん おはようございます

トルコ旅行、すごく素敵だったんですね~~~!!!
カッパドキアの写真は、本当に素敵❤
でした。
写真集みたい。。。
>有難う~本当に素敵でした 機会があれば是非是非現地で見て欲しい!

何十年来の親友がマイ気球を持って関東の方で乗ってますが
やはり高圧線などあるし 広い平原はないし大変らしいです
それでも凄く素敵と言ってましたが 今回の私の写真にうらやましがってました
こんな所で飛びたい~と

オリンピック、トルコでいいんじゃない??
>はい!絶対にトルコを応援しています(笑)
【2013/05/24 10:46】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
やっぱりトルコは東洋と西洋の入り交じってるところなんだな~、と景色を見て納得(*^_^*)
素敵ですね、建物、街並み☆☆☆
行きたいな、って思っちゃいます。
ちょうどトルコが好きだ、っていう人の話を友だちとしたところなので尚更なんです~。
【2013/05/24 22:23】
| URL | アンディ #xRS1q4qQ[ 編集] |
アンディさん こんばんは

やっぱりトルコは東洋と西洋の入り交じってるところなんだな~、と景色を見て納得(*^_^*)
イスタンブールなんて 街がヨーロッパとアジアに分かれてる凄い所です

素敵ですね、建物、街並み☆☆☆
>お洒落です 綺麗です 人が優しいです

行きたいな、って思っちゃいます。
>行きましょう~!(笑)
【2013/05/26 00:09】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ラリエット、とっても素敵です!!もうしばらくお待ちくださいね!
ガイドさん、私の知り合いです。先月もなでしこを観て下さった彼のお客様からお昼を一緒にとリクエストがありご一緒させていただきました。ブレスレットもいいですねえ・・・
【2013/05/28 03:08】
| URL | Junko #-[ 編集] |
Junkoさん こんにちは

ラリエット、とっても素敵です!!もうしばらくお待ちくださいね!
>今回は本当に有難うございました
とても楽しみです 宜しくお願いします

ガイドさん、私の知り合いです。
>彼に会う機会が有りましたら 失くした眼鏡の保険 おかげで貰う事が出来ましたとお伝え下さい

来年又トルコに友人達と個人旅行で行きたいと思いますが カッパドキアは3泊位ゆっくりしたいと思います
その時は是非色々ガイドお願いします

ブレスレットもいいですねえ・・・
>こういうジャラジャラも大好きです(笑)
【2013/05/28 15:10】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2109-34ab3f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター