トルコよまたね~(大名と腰元のトルコ旅行記14)
イスタンブール一日で丸ごと魅せます風な(笑)
イスタンブール観光2日目の続きです

ブルーモスク 地下宮殿 アヤソフィアを観た後向ったのは
ブルーモスクのすぐ隣くらいにある長方形型の公園の様な場所

DSCF4417.jpg

ヒッポドロームと呼ばれるローマの大競技場跡です

DSCF4418 - コピー

この中には3本のオベリスクが残っていました

DSCF4414.jpg

「テオドシウスのオベリスク」はトトメス3世により
最初はエジプト北部に建立されたオベリスク
4世紀終わり頃トルコに運び込まれこの位置に
テオドシウス1世が建立したそうです

DSCF4415.jpg

3匹の青銅製の蛇のとぐろのようなオベリスクは「へびの柱」
紀元前480年 ペルシアに勝った記念に造られたそうです
三匹のヘビの頭は十字軍によって持ち去られましたが
その内の一つは考古学博物館に収められています

一番奥に立ってたオベリスクは「コンスタンティヌスの柱」

20070930_233265.jpg

これも元は青銅で覆われていたのですが剥がされてしまったとか

そろそろお腹も空いてきて ヒッポドロームから徒歩圏内の
「レディ・ダイアナ」ホテルのレストランでランチです

DSCF4420.jpg

屋上レストランからブルーモスクの6つのミナレットの美しい景色を一望

DSCF4422.jpg

ここではイタリアン風(笑)を頂きました
前菜

DSCF4425.jpg

野菜が濃厚なサラダは持参の柚子胡椒ドレッシングで(笑)

DSCF4426.jpg

メイン イタリアンだけどパスタはやはりソフト麺(爆)

DSCF4427.jpg

デザートはイタリアンだけどやはり激甘でした(猛爆)

DSCF4428.jpg

午後の観光があるのでワインは諦めてビールだけに

そして又歩いて午後のメイン観光地に出発~
トプカプ宮殿は 15世紀中頃から19世紀中頃まで
オスマン帝国の君主が居住した宮殿です 
イスタンブル旧市街のある半島の先端部分で 三方を
ボスポラス海峡 マルマラ海 金角湾に囲まれた丘に位置します

DSCF4439.jpg

皇帝の門 トプカプ宮殿の入口です

DSCF4433.jpg

次に16世紀に造られた「表敬の門」

DSCF4438.jpg

三番目が「幸福の門」

b0184528_23533920.jpg

この先はスルタンの私的スペースで 当然ハレムも有りました
江戸城の大奥のような世界ですね 
妃 母や姉妹 側室 幼い皇子たちが生活していた部屋で
外から完全に隔離され 多い時には 1,000人以上の女性たちが
ハレムで生活していたそうです

DSCF4442.jpg

周りを取り囲む建物にハレムの女性たちの部屋がありました

宝物館には歴代スルタンの宝飾品などが展示されています

07f641dc.jpg

大きなエメラルドやダイヤ・ルビーなどの宝石が間近で見れました
なかには86カラットもある「スプーン」と呼ばれるダイヤモンドも
展示してありましたが余りに大き過ぎて本物の気がしない腰元(爆)

DSCF4450.jpg

ボスポラス海峡が見えます 絵のような素敵な景色でしたが
強い風が出て来たので早々に退散・・・

中庭には見おさめのチューリップ 綺麗~

DSCF4455.jpg

街角にはスィミットというパンを露店で売ってるのをよく見かけました

hrxd__X5YvYIc-0.jpg

ゴマが付いたパンなんですが なぜそれ程人気があるのかちょっと?

暑い日でしたからスイカ売りも流行ってました

DSCF4456.jpg

このお兄さんが作ってたものが判らないけどパチリ

DSCF4430.jpg

さて世界遺産イスタンブール歴史地区のハイライトをザッと観た私達は
やっと 車に乗って移動になったのですが 運転手さん休憩で行方不明
今回初めてガイドさんが声を荒げ 怒り心頭な様子で彼に電話するのを
見ました 何しろ旧市街の道は狭くて急な坂で それで無くても大渋滞

ぼんやり待ってる道端で可愛いお店が目に入りました

DSCF4457.jpg

個人で来てたら絶対に入っちゃうお店なんだけど・・・

本当はイスタンブールも2泊はしたかった私達でしたが
今回のツアーはとても効率の良いものだったので
まあ1泊でも 2日目は真夜中に離陸なので良いか~なんて
思ってしまったのですが この時私達は何故延泊しなかったのか
自分を殴りたいほど後悔しました バカバカバカ 
GW後半は残ってたのですから 2泊位延泊したって良かったのです
今回の最大のスットコドッコでした 

大体このツアーは現地ではガイドさんが付きましたが
行き帰りは自力ですから それこそ延泊にはピッタリだったのに

そんな葛藤が起きてしまう位に待たされて(笑)やっと車に乗り
最後のお土産買いにグランドバザールに向いました

イスタンブールを代表する巨大市場グランドバザールは
中東最大級の規模を誇り 観光名所としても有名ですね

DSCF4464.jpg

屋根つき市場と呼ばれ約4400軒もの店が集まっています

FSC110622_86367.jpg

ランプのお店で あまりトルコっぽく無いのですが
シンプルで大好きな色だったので買いました

DSCF4588.jpg

子供や孫達のお土産を必死に探し 何とか買う事が出来たし

FSC121107_116078.jpg

集合時間迄 中が広すぎて迷子になりそうなので
外に出て待ちました

これまで何箇所かで見たけどちっとも伸びなかったアイス
ここで初めて本当にのび~るアイスクリームに出会い食べました

DSCF4469.jpg

味は伸びなくても伸びても変わらないわね

因みにこんなものも有りました

DSCF4462.jpg

「のび~るアイスクリームの素」って日本語なんですけど(爆)

さばサンドも食べたかったのですが・・・サバの匂いで胸やけ・・・

FSC130516_123372.jpg

焼き栗のおじさんは如何にも暑そう
パリなんかだと秋冬専門なんだけどね

20120924054112b8f.jpg

こういう市場大好きだから時間気にせず歩き周りたかった~

その後フェリーで海峡を渡りアジアサイドに行きました

ガイドさんから「船の中は自由に動いて景色見て良いですよ」
と言われても 疲れた私達は車から降りず 彼は思わず苦笑い

実はボスポラス海峡クルーズがこのツアーには付いて無かったので
昨日ガイドさんから「良ければ船を1台借りますよ」と提案があったけど
皮や絨毯にはあんなに金払いの良い私達ですが 平均年齢が高い所為か
疲れるからもういい・・・という声が多数で止めました・・・(苦笑)
その時は内心クルーズもやりたかったなぁなんて思ったのですが
こんなに疲れるとやらなくて大正解だったと
人生の先輩方の先見の明に流石と脱帽でした(笑)

そんなこんなで 何時の間にやらアジアサイドに着き
フェリーでも橋でも変わらなかったなぁ~と思いながら
最後の観光スポットであるチャルムジャの丘に

チャムルジャの丘は イスタンブールでいちばん高い場所
(標高267m)にあるので イスタンブールの街を一望できる・・・
筈なのですが~ これまでずうううと晴天だったのに 晴れ女が 
もう帰る所為か 海はガスが出てなぁんも見えませんでした
ガイドさんが云うには「明日から雨予報です」凄過ぎ~(爆)

一応丘の上は公園になっていて

DSCF4475.jpg

綿菓子の屋台なんかも出てました 

lrg_25739189.jpg

が・・とにかくヨーロッパとアジアを結ぶ大パノラマが見え無いし
冷たい湿った風も出て来て 夏衣装の私達はそそくさと退散(苦笑)

そしてツアー最後の晩餐はマルマラ海を望む「スル」で

DSCF4477.jpg

DSCF4478.jpg

DSCF4479.jpg

どれも美味しそうでしたが 遂に私は全く食べれ無くなっていました
毎日続いたトルコ料理にギブアップ状態で パンとワインだけの最後の晩餐

個人で旅行すれば 間に中華や寿司など入れて変化が付けれるのですが
多少の変化はあってもずーと同じ味の物が続いた昼夜で12回の食事に
最後は降参しました トルコのパンとワインは本当に美味しいのですが・・・

そうして・・・ガイドさんとナザール・ボンジュに別れを告げ(笑)
イスタンブールの空港から00時50分発のトルコ航空で関空目指して離陸

DSCF4480.jpg

トルコよギョルシュリュズ~
 
いよいよ後1回でこの長い長い旅行記も終わりますから
皆様どうぞご安心下さい(爆)




スポンサーサイト
【2013/05/23 00:08 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
<<あの絨毯届きました (大名と腰元のトルコ旅行記15) | ホーム | 充実の世界遺産のイスタンブール(大名と腰元のトルコ旅行記13)>>
コメント
usakoさん、おはようございます。

ええ~もう後1回で終わってしまうのですか~。
テンポ良い文章と美しい写真で、一緒にトルコ旅行気分でしたから残念です。

確かにお2人でのんびりと、後2日ほどイスタンブールを楽しんでも良かったですね。
是非もう一度ゆっくり行って下さい。
今度はボスポラス海峡クルーズも楽しんでね。(笑)
【2013/05/23 06:39】
| URL | nabi #FcZfbeYc[ 編集] |
イスタンブールだけでも、おなかいっぱいな観光地だらけだね(笑)
やはり、延長するべきだったよね←イヂワルw
でも、「また、来いや~」ってことよね。
また、気球乗るんでしょ?
来年なら、アタシも付き合うよ(笑)

そして、やっと、伸びるアイス(爆)
ホッとしたよ、がはは~。
名残惜しいけど、最後の日記も待ってま~す!
【2013/05/23 09:01】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
こういう街角の風景良いなぁと思います。
やはりこういうのは、行った人にしか撮れないショットですもの~。

確かにお二人で個人旅行を楽しんでいらっしゃるから、延泊楽勝でしたよ。
皆様も仰ってる様に、また行かねばですね。(笑)

【2013/05/23 17:58】
| URL | ちほ #-[ 編集] |
あら、Pちゃんも行くの?
なら、アタシもつれてって~。

あのパン、サバサンドに使うのかしら?
って、焼きぐりの上の魚のグリルを見て
思いました。
召し上がりました?
【2013/05/23 23:26】
| URL | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集] |
嗚呼~、楽しかったトルコ日記が終わってしまうのは、残念で寂しいなぁ~。

彦祖くんの記事も勿論楽しみですよ、勿論ね。(笑)
でも旅行記は本当にワクワクで面白くて、すっかりトルコの魅力にハマりました。

きっとusakoさんの旅行記ばかり集めて本にしたら売れますよ。(笑)
【2013/05/24 08:21】
| URL | 桃花 #-[ 編集] |
はじめまして!
こちらのブログを教えて頂いて、楽しすぎて、自分が旅行しているかの気分で読ませて戴いているorieです★

メダイ本当にありがとうございました!昨日から一緒に行動させていただいてます!が大切すぎて落としたらどぉーしよー…と不安になり…先ほどまた袋に入れました(笑)
でも肌身離さず持ってます★(母の健康を願いました!)

トルコいつか必ず訪れてみたいです^^全てが素敵ですね。行けるまではこちらのブログで楽しませて下さい^^
また是非色々素敵なお話聞かせてください!
すっごく楽しみです^^
【2013/05/24 12:47】
| URL | ★orie★ #-[ 編集] |
nabiさん こんばんは

有難うございます
皆様の暖かい励ましのコメントのお陰です
頑張ろう~って元気が出て来るんです

確かにお2人でのんびりと、後2日ほどイスタンブールを楽しんでも良かったですね。
>本当に返す返すも残念です

是非もう一度ゆっくり行って下さい。
>大名抜きで絶対に行きます(笑)
【2013/05/25 23:36】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
Pさん こんばんは

イスタンブールだけでも、おなかいっぱいな観光地だらけだね(笑)
>イスタンブールは3泊はしたい
全然消化不良です

また、気球乗るんでしょ?
>勿論乗ります!(きっぱり)

来年なら、アタシも付き合うよ(笑)
>やっと気楽にお出かけ出来るね
あたしのあの去年の様な 
スットコなハードなスケジュールで良ければ付き合って(爆)
【2013/05/25 23:42】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん こんばんは

こういう街角の風景良いなぁと思います。
>有りがとうございます
特に何でも無いけど 人の営みが感じられる街が好きです

はい必ずまたゆっくり行きたい国です トルコ!
【2013/05/25 23:45】
| URL | usako #PJakg2V.[ 編集] |
多謝。さん こんばんは

あら、Pちゃんも行くの?
なら、アタシもつれてって~。
>了解です イスタンブール3泊+カッパドキア3泊がお薦め

あのパン、サバサンドに使うのかしら?
>サバサンドはエキメッキというバケットみたいなパンに挟みます
このパンは毎日食べましたが中がフワフワで大好きです
サバの焼ける匂いに胸いっぱいで食べれませんでした
【2013/05/25 23:52】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
桃花さん こんばんは

楽しかったトルコ日記が終わってしまうのは、残念で寂しいなぁ~。
>有難うございます そんな風に思って頂けて光栄です

すっかりトルコの魅力にハマりました。
>私の旅行記の所為では無く 本当に魅力的な国ですからね
【2013/05/25 23:56】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
★orie★さん こんばんは

早速来て下さって有難うございます

トルコは本当に見所一杯な素敵な国でした
是非行って下さいね

メダイは気にしないで下さい
お母様の為に祈られる★orie★さんは
本当に親思いの方なのですね

こちらこそ これから折角のご縁 大切にしていきたいと思います
どうぞ宜しくお願いいたします

【2013/05/26 00:04】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2110-3048e5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター