2人の母の「親愛」
本日のひこ

674f1b76jw1e8igl5h5l9j20dw0y3wh01.jpg

「単身男女2」のひこと高圓圓の結婚式のシーン撮影中です
映画「卒業」(古すぎ)の様にルイスが飛びこんで来て花嫁連れ出すのかな(笑)


結婚と言えば 微博に 
張震が婚約者の莊雯如(Ann)と11月結婚の予定とか載ってます
張震おめでとうございます!

彼は香港に1ヶ月以上滞在して新作映画を撮影するそうです
合間にひこに会ってカラス姫に会うのをとても楽しみにしてるとか

U7357P28T3D4005374F326DT20130910073528.jpg

可愛いカラス姫見て ひこから如何に可愛いか得々と語られたら
きっと自分も直ぐにパパになりたくなるんじゃないかな(笑)
是非可愛いツーショットを載せて欲しい!


さて 
今回のあいち国際女性映画祭で8月31日に観たもう一本は

第8回大阪アジアン映画祭でグランプリを受賞した中国映画『親愛』

Img214838004.jpg

監督 季欣蔓(リーシンマン) 今回の作品が長編デビュー作
出演 余男(ユーナン) ユーチェン ウーチームー



日系企業で働くシングルマザーのシュエニーは、中国残留孤児の日本人養母を亡くす。仕事に忙殺され、養母に任せっきりだった幼い息子の世話もままならない。養母は、死ぬ前に本当の親を探すよう私立探偵に依頼しており、ある日、実母と名乗る貧農の女性が現れ、家に居着いてしまう。彼女は、最初は戸惑いつつも変化が現れる。貧しいが奔放で優しく、幼い息子からも好かれるかれる姿から、お金では得られない母の愛情を学び取っていく。劇中では、養母の幼い頃、終戦時の日本人引き上げの混乱の中での母子集団自殺などにも触れられ、過去、現代を通した母親の愛を真正面から扱った作品。(映画祭作品解説)
中国残留孤児である母・李仟華(日本名・高島美智子)の葬儀を
終えたばかりの雪妮(ユー・ナン)は 仕事に忙殺され
養母に任せっきりだった幼い息子の世話もままなりません

20120220174226.jpg

養母が死ぬ前に 本当の親を探すよう私立探偵に依頼しており
或る日ユー・ナンの前に 黒龍江省の貧しい農村から 実母だと
名乗る女性が突然現れて はじめて自分が養女であることを知った
ユー・ナンはショックを受けますが 結局この老女と暮らすことに

上海の日系企業で部長を務めるキャリアウーマンの彼女は 
家の仕事はお手伝いさんに 子育ては養母に任せきりだったので
幼い息子とうまく接することができないのに 幼い息子は
この「おばあちゃん」にアッと言う間にすっかりなついてしまいます

何しろドアノブの回し方もわからないという超田舎暮らしの実母
ゴミ箱は漁ってくるし 彼女は生活水準の全く違う実母に戸惑い唖然

でもなんだか知らぬ間に御近所付き合いまでこなしている実母の姿に
ユーナンにも変化が現れ お金では得られない母の愛情を学び取って
これまでの養母との生活の中で如何に愛情を受けていたか気付いていきます

養母の幼い頃の終戦時の日本人引き上げの混乱の中での悲劇も描かれ
中国育ちの残留邦人の養母は一時期日本に帰っていたけれど 
中国では日本人 日本では中国人と見られ
ひこもアメリカ人と中国人のどちらでも無い自分を地球人と言ってました)
居場所を失って 結局は中国で結婚したという過去があるのです

終盤の中国東北部のそこでの実母の生活は此処までも酷いのかと
上海での生活との間の中国の地域経済格差を見せつけます

2人の「母親」の愛情に触れて本当の自分を見つめ直し
血の繋がりを越えた母親の愛情を再認識するユー・ナンです

20120229150238.jpg

日中の微妙な関係の中 中国映画で中国残留孤児を取り上げるって
スゴイと思いました 様々な中国が抱える問題も勇気を持って取り上げ
この若い女性監督の作品は今後も目が離せません 
    
今回の鑑賞4本は中々見応えありました この作品も
本当に女性監督ならではの母性を取り上げた作品だったと思います

さあこの3連休は台湾映画を見ますが そういえば
今年の「東京国際映画祭」では「台湾電影ルネッサンス 2013」
と題した特集上映が決定したそうで 楽しみですね 詳しくはこちら

観たい映画もあるのですが チケット争奪戦になりそうだし
他の映画のラインナップを見てから決定しよう~と思います 


スポンサーサイト
【2013/09/11 23:48 】
中国映画 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<本日もオヤ屋さ~ん | ホーム | 「二重露光」の世界に迷う>>
コメント
この作品も見応えありそうですね。
こういう質の良い映画祭、羨ましいです。

張震、結婚の日取りも決まったんですね。
めでたいわ。
このお写真のファッションは、その、今風な…というかなんというか…。
【2013/09/12 05:09】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
余男さんいかがでしたか? 黄渤さん主演の『殺生』という映画ではじめて見たのですが(そこでもシングルマザーになる役でした)、表情とかからだつきとかがすごくセクシーで、ほれてしまいました。プロフ調べたら自分と同じ誕生日だったので、ますますほれてしまいました(笑)。
『親愛』は日本人を好意的に描いている映画だとか。関東でも上映していただきたいです。

張震おめでとう!
披露宴では三王揃い踏みのお姿をぜひ!!拝見したいです(笑)。
【2013/09/12 08:36】
| URL | レッド #dTuPVub2[ 編集] |
ありゃ~、婚約だけだったっけ?
もう、すでに、結婚してた気になってた(^▽^;)
阿震がシアワセならば、いつだっていいわ(笑)

余男さん!じゃんゆうとの共演で、
印象アリアリです(笑)
うん、レッドさんのおっしゃる通り、
色っぽいよね~、ひひひ。
で、ホントに、実母だったのかな~?
気になる←そこかよw
【2013/09/12 10:54】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
この本日の彦ちゃん、凄く表情が強張ってますね、花婿の幸せとか自信は全く無い感じ。
まさか、ルイスに取られる展開とか無いですよね~彦ちゃん頑張れ!(笑)

台湾映画来てますね~!
ラインナップ見ると確かにチケット争奪戦になりそうです、何しろ東京は映画祭人気高いから。
【2013/09/12 13:14】
| URL | ちほ #PJakg2V.[ 編集] |
やっほーさん こんにちは

この映画祭は女性監督に限定している所為も有りますが
中々作品の粒が揃ってると思います
平日ももっと観たい作品が有ったのですが
まあ 例年こんなところですね 
独り身だったら毎晩観るのですが(笑)
来年 また是非来て下さい

張震だからこそ着こなせるふぁっしょんなのかも・・・
という事にしておきましょう(笑)
まあこれで「天堂口」男前3人も既婚者になります
【2013/09/13 14:38】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
レッドさん こんにちは

私はユーナンは「トゥヤーの結婚」で初めて見ました
遊牧民の骨太な妻で母のイメージを見事に演じてたので
今回は又違うイメージで 本当に演技力のある女優さんだと 改めて思いました
日本と中国と険悪な状態の中で よくぞこれをと 監督の勇気に頭が下がります

披露宴で3人のなかよしの姿みたいですね!
【2013/09/13 14:51】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
Pさん こんばんは

もう、すでに、結婚してた気になってた(^▽^;)
>私も実は(笑) でもそういえば結婚式は見て無いなぁ~と

余男さん!じゃんゆうとの共演で、
印象アリアリです(笑)
>大陸では色々出てるし有名な女優さんなのね 
そうそうハリウッドにもね

黒竜江省って満州と呼ばれ日本人の引き上げも多かった地方で
「大地の子」でも妹がいた貧しい村が出て来るけどまさにそんな感じ
そんな村だけど 実母が暖かくて素朴な良い人なの
母親の愛情を思い知らされる深い映画よ
【2013/09/13 23:44】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん こんばんは

まさか、ルイスに取られる展開とか無いですよね~彦ちゃん頑張れ!(笑)
>ええ!?まさか・・・そんな展開嫌だわ~もしそんな事になったら 馬鹿かお前と高圓圓を罵倒しちゃうわ

ここ数年の台湾映画の勢いスゴイです
昔の日本の青春映画みたい(笑)
多分争奪戦でしょうね~ 東京の皆さんはアツイもの
【2013/09/13 23:49】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2184-d073c956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター