また会えたね妖精の煙突@トルコ旅行記2014③
本日のひこ

bb7199e3jw1efkoklu4fcj20hs0npq4t.jpg

写真のマジックですが ちょっと人間らしく無いですね
勝手なこじ付けですが 妖精っぽいかな(爆)←この言葉がキーポイント

私が初めて「うさぎ婆と行くトルコ8日間」をぶち上げ
楽しい企画色々考えていますよ~皆様もご一緒に如何でしょう
と本格始動したのは昨年の8月でした(笑)

まさか本当に行く事になるとは・・・
思ってたような~無かったような(爆)

そして行きたい方は様々有れど(←誇大) 
結局何度も一緒に旅行してるメンバー+北の住人の4人で行って来ました

では 時計の針を4月6日に戻して 始まり始まり・・・

私達は7日の11時55分発のトルコ航空に乗るのですが
何しろ名古屋から成田は順調でも3時間近くかかります
新幹線が当てにならないのは皆様も良くご存じの事

勿論ツアー等だとセントレアから成田は国内線移動が多いのですが
今回の個人旅行は エアのチケットもトルコの方が安いからと
向こうで買ってもらったので 日本の国内線の値引きが無く
個人旅行なので 万が一遅れたら置いていかれるので 
成田空港内のホテルに前泊する事にして
株主優待で飛行機組や 東海道新幹線組や 東北新幹線組
皆バラバラに成田に向う事にしました 

私は北の住人と東京駅で晩御飯を食べる事にして夕方待ち合わせ
丸の内中央出口で待ち合わせたのに つい癖で地下の出口に出た私
大慌てで上に上がり 出口から出てくる筈の私を待つお江戸の皆様を
背後から声をかけて ビックリさせる一幕も(笑)

その後 大丸東京店の京のぶぶづけ処.近爲(きんため)で晩御飯

一緒に付き合って下さったお友達の師父2号さん達をお借りしてパチリ

20140418203612f99.jpg

正直な感想 「え!?京のおばんざいってこんなに塩からいの?」(笑)

此処で話に花が咲いてのんびりしてたけど ふとお客様が多いのに気付き
慌てて退散~成田エクスプレスに向い チケを買おうとすると
なんと最終電車でした 20時ですよ「早!? 」
お江戸の電車とは思えません(笑)
おまけに「高!!?」これは予想外でした 
これに懲りて帰りは京成スカイライナーにしました こっちの方が安くて早かった

そんなこんなでホテルの部屋に落ち着き さあ~明日に備えて寝るぞー
と思ってたら 突如部屋に響き渡る北の人の絶叫!!!

まあ彼女のアクシデントも何とか解決方法を見い出し無事就寝

実際は明くる日も第2弾があったのですが(笑)
私達の「20歳の娘は 1人で何でも出来る~」の声で解決(ごめんね~)
実際の所 既に空港内の彼女に出来る事は飛び立つ事だけでしたからね

そして愈々出発の朝 11時50分のイスタンブール行きに乗る為
チェックインカウンターに行き e-チケットを見せると
何と30分出発が早くなったと言うではありませんか 
これだから前泊して正解だったのです(笑) 怖い~怖い~
実際は最初の予定通り離陸したので あの脅しは何だった?です(笑)

私のスーツケースは3分の1がトルコでお世話になるYさんに頼まれた荷物
真空パックのしゅうまいやらうなぎのかば焼きやら~~で既に行きから20キロ越

201404051922305e8 - コピー

でも大丈夫 今回は私達は初めてのコンフォートクラス席
ここは40キロ迄OKと太っ腹 さぁ~では先ずコンフォートクラスとは何か
コンフォートクラスはビジネスクラスとエコノミークラスの中間に位置するクラス
座席が横並びで2-3-2 エコノミークラスよりも縦横の幅が広く取られています

tk001.jpg

ただ期待した程にはリクライニングしなくて残念~足元は上がりますが
ビジネスクラスの様に スリッパやアメニティポーチも付きます

機体が安定すると早速おつまみとお酒(人によってはジュース 笑)

DSCF6614.jpg

まるでビジネスクラス並のサービスと驚いたら
トルコ航空のビジネスクラスはシェフの調理した機内食を
シェフが直接サービスするのですが コンフォートも同じでした

DSCF6617.jpg

私はお腹いっぱいでパスしましたが デザートもあります

phpThumb_generated_thumbnailjpg23.jpg

個人的には機内食はエコノミーと同じでも良いから
椅子のリクライニングをもう少し倒したい~
でも ヘッドレストもあって頭支えてくれるから寝易かったです

今回の機内でとても嬉しかったのは 手元のモニターで様々な映画が
楽しめるのですが なんと!?!  ひこ映画を3本も
見る事が出来ました 先ず香港映画の「単身男女」は中国語&英語字幕
でも内容は全て頭に入ってるから無問題(笑) 

20140419231019388.jpg

数時間眠った後に 次は「タブロイド」(2004年)が高評価された
セバスチャン・コルデロ監督がメガホンをとった『Europa Report』

DSCF6620.jpg

木星の第2衛星エウロパを調査する為に6人の優秀な宇宙飛行士が
通信機能を失う重大なトラブルに遭いながら エウロパに到着し
氷の層に隠された海への掘削調査を開始するのですが
そんな中 乗員の一人が何か光るものを発見する・・・ドキドキしながら
未見のハリウッド映画を食い入る様に見ましたが・・・
宇宙飛行士の1人の役のひこの声が何故か違う気が・・・
ひこは英語は母国語なのに何故?
何だかしっくりこないひこの声を聞きながら見終わりました
作品については別に語ります 英語の台詞で当然うさぎ流になりますが(笑)

そして3本目は タランティーノプレゼンツで既に公開済みの
カンフー・バイオレンス映画『アイアン・フィスト』ひこの出番は少ないけど
綺麗で見応えがありますからね 

トルコ航空機の機内エンターメントの充実度は中々のものです
インド映画も何本も入ってて 思わずお友達の顔が浮かびました(笑)
頭を使わ無くて良い邦画を見て 更に
まだまだ時間があったので 探したら何と!
ニック・チョンが金像奨で2度目の影帝になった(この時はまだでしたが)
「激戦」もあったので 2度目の食事を食べながら鑑賞しました

DSCF6627.jpg

見終わる頃には西洋と東洋の文化が出逢う国トルコに到着

イスタンブールで乗り継いで そのままカッパドキア迄行く私達
昨年もやはり自力で乗り継いだので 結構覚えていました
無事 国内線の飛行機に乗り カッパドキアの最寄り空港カイセリに
到着したのは 22時15分 日本を出てから約17時間かかりました 

空港で待ってたYさんと無事に対面 そこからさらに1時間車に乗り
深夜にカッパドキアのギョレメのホテルに着きました 
今回泊るのは エリゼ ケーブ ハウス (Elysee Cave House)
住所: Orta Mah. Mizrak Sok. No:18, Goreme 50180, Turkey
Tel: 010 90 384 271 2244

早速屋上にある食堂で休憩 

20140418203720b5f.jpg

そのテラスからは夜のカッパドキアが一望です

20140418211646065.jpg

20140418203756d63.jpg

201404152250347c2.jpg

カッパドキアの奇岩は「ペリバジャ=妖精の煙突」と呼ばれます
伝説ではこの煙突の下には妖精たちが暮らしていたそうです
私はムーミン谷と呼んでましたが あながち間違いじゃなかったわけです
妖精たちの住む谷がムーミン谷ですからね(笑)

カッパドキアはそんな妖精の谷のまん中に滞在でき
しかも妖精のように奇岩の中に宿泊することが出来るのです 

明日の予定の打ち合わせをした後 やっとベットに辿り着きました(笑)

DSCF6629.jpg

可愛いお部屋です レースのカーテン トルコ絨毯 アンティークな家具 

DSCF6634.jpg

シャワールームも綺麗でしたが・・・シャワーのお湯の温度が低く
北の住人は毎回「ヒャー!」 と叫んでいました(笑)
私?年の甲で小さく「ヒッ」と呟く程度に収めました(爆)

DSCF6628.jpg

では妖精の谷でのアレコレは明日に続きます 乞うご期待下さいませ

スポンサーサイト
【2014/04/19 21:37 】
旅行記 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<カッパドキアの朝は気球と共に@トルコ旅行記2014④ | ホーム | カラス姫の謎(笑)>>
コメント
わぁ~い 待ってました!(笑)

なるほどなるほどコンフォートクラスはそうなのですね。
え!?彦祖君映画三本立てですか!?それはもう祭りじゃありませんか。(笑)
ああ~旅行自体が羨ましいのに、最初からそんなラッキーな目に合うなんて!
usakoさんとトルコの相性最高なのでは。

カッパドキアは妖精の国だったのですね~、確かに夜景がとても神秘的です。

お部屋は可愛いです~シャワーは残念でしたが・・・。

続きがとても楽しみ、期待してます!
【2014/04/19 23:58】
| URL | keite #c25PVKvg[ 編集] |
姐様が、マダム達に、ヒコの映画があるから観てと言う姿、
ほほえましかったです(笑)愛よね、愛!

詳しい説明のおかげで、いろいろ黄泉がえりました、サンキューです(^^ゞ
姐様、記憶力いーじゃん、すげー!(爆)
ボチボチとヨロシコ(*^-^*)
【2014/04/20 00:57】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
お帰りなさいませ、お連れのところを更新有難うございます。

何時もながら分かりやすい文章と素敵な写真、やはりusakoさんの旅行記は楽しみです。

今回はひこちゃん祭で、本当に良かったですね、長い飛行時間も苦にならなかったのでは。(笑)

ホテルがとても素敵な所で羨ましい~、続きを楽しみにしてます。
【2014/04/20 14:39】
| URL | momo #-[ 編集] |
ワクワクしながら見ていったら、 最初から凄い事になりましたね。
彦ちゃん映画3本立てって、映画祭でもまずあり得ませんよ!
usakoさんの為の旅行って飛行機も分かったのかな(爆)。

いつかコンフォートクラスなら、頑張れば乗れるかな〜(笑)。
【2014/04/20 16:55】
| URL | ちほ #-[ 編集] |
keiteさん こんにちは

え!?彦祖君映画三本立てですか!?それはもう祭りじゃありませんか。(笑)
>はいまさかこんな所でひこ祭りするとは夢にも思いませんでした

ああ~旅行自体が羨ましいのに、最初からそんなラッキーな目に合うなんて!
usakoさんとトルコの相性最高なのでは。
>私もそんな気がします 前世はトルコ人だったかな

カッパドキアは妖精の国だったのですね~
>ご覧になったら判りますが 妖精の国なんですよ(笑)

お部屋は可愛いです~シャワーは残念でしたが・・・。
>去年も結構温度が時間帯で冷たい時も有ったので
まあこんなものかと思ってたら 後でYさんに説明したら 言えば直せたはずですって
なんて~後の祭りなんですww
【2014/04/21 14:50】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
インド映画、もしや思い浮かべてくださいましたか?
そうだったら、嬉しいです。

カッパドキアの明かりって白いのね。
成田に降りるときの明かりとにてるかも。
香港みたいな原色のかんじじゃない、ってことね。
香港ももちろん大好きだけど、この灯りにほっとしました。

ビジネスのご飯てすごいなあ。
あたしの知らない世界なので、ガン見いたしました。
【2014/04/21 22:15】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
Pさん おはようございます

姐様が、マダム達に、ヒコの映画があるから観てと言う姿、
ほほえましかったです(笑)愛よね、愛!
>何時もあんな感じにリアルな友人達を巻き込んでるので
結構皆様ひこの事を詳しいんです(笑)

姐様、記憶力いーじゃん、すげー!(爆)
>誉めて頂き恐縮です(笑)呆け呆け頭ですが頑張ってます
っていうか~行く前に散々Yさんと打合せて計画立てたからね
【2014/04/22 11:15】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
momoさん おはようございます

今回はひこちゃん祭で、本当に良かったですね、長い飛行時間も苦にならなかったのでは。(笑)
>本当に!そうなんですよ~全然気になりませんでした
帰りも3本又見てニマニマしてました(笑)

ホテルがとても素敵な所で羨ましい~、
>最近出来たホテルですから 綺麗ですし
なんといっても屋上の食堂が最高!

機会があったら是非トルコへ(トルコの廻し者)
【2014/04/22 11:24】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん こんにちは

彦ちゃん映画3本立てって、映画祭でもまずあり得ませんよ!
usakoさんの為の旅行って飛行機も分かったのかな(爆)。
>すごいと我ながら思いました(笑) 映画祭でも2本立てが精一杯でした

是非 コンフォートで旅してください 随分と身体が楽ですv-221
【2014/04/22 13:48】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
やっほーさん こんにちは

飛行機の中でインド映画は相当有りました
シャールクの作品も見掛けましたが 日本では見た事の無いものでした
何時もの綺麗なあの女優さんのも有ったのですが 何しろ言葉が読めなかったの。。。

カッパドキアの明かりって白いのね。
>カッパドキアって凄い田舎だし 石灰岩が多いので 周りがとに角白っぽい所為もあるかな
香港とは真逆な世界であることは確かです(笑)

インドはどんなかな~とても楽しみです
何時行けるかな~
【2014/04/22 14:07】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2327-3019f0c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター