カッパドキアの朝は気球と共に@トルコ旅行記2014④
本日のひこ

72fd63d1gw1efhy9cdgjrj21d81d8x3x.jpg

北米での「魔警」の人気の程はどうでしょうね~
中国では調子良いようです

カッパドキアの朝は 気球と一緒に明けます

早朝4時ごろから気球に関わる人々の朝は始まります
4時半頃になるとミニバスがあちこちのホテルで乗客をピックアップして
廻る音が町中のいたるところから聞こえてくる音に目を覚ましました

折角なので起きだして まだ冷たい空気の中 
朝日が昇る前のギョレメの町をホテルのテラスから眺めます

朝日と共に気球が飛び始めました

20140418203844447.jpg

目の前の町の中からもわらわらと上がっていきました

20140420191126012.jpg

4月8日の朝は綺麗に晴れて気球日和

2014041820395476a.jpg

ウチヒサル城をバックに青空を飛ぶ気球は本当に気持ち良さそう

同行の皆様はキャーキャー言いながら初めて見た気球に感動の様子
お連れして良かったと思う瞬間でした

朝食は屋上の食堂で朝日を浴びた町を眼下に見ながら取りました

20140420193824ba8.jpg

卵 サラミ チーズ オリーブ 生野菜 温野菜 フルーツ ヨーグルト 
そして何よりのご馳走はトルコのパン「エキメッキ」
去年も絶賛した覚えがありますが(苦笑)
国によって作り方が決められている定番パンはフランスパン風で
外はカリカリで中はふっわふっわ 世界で一番美味しいと思います(笑) 
これに美味しい濃厚な蜂蜜をたっぷりつけて食べると幸せ~でした(爆)

201404182041000b4.jpg

お腹も膨れたところで 
さあ~カッパドキアプライベートツアーに出発です
先ずギョレメの町中へ 町の中心のロータリー

DSCF6653.jpg

円やユーロを両替したくて町の郵便局へ

DSCF6654.jpg

でもまだ両替するお金が無いと言う事で後ほど出直す事に
でも結局 円やユーロやドルでも使えたので 両替無しですみました
この郵便局が 何時も私の小包を送ってくれているのです(笑)
日本のうさぎ婆はギョレメでもちょっとは名が知れてるかも(爆)

お店の前にいっぱいある壺は 壺焼きケバブ用のものです
一回使うと割れてしまうので 又土に戻して使用するそうです

DSCF6651.jpg

左側の黄色い物がポストです 可愛いのよ(笑)

ミニバスでパシャバーのゼルベの谷に行きます
沢山のキノコ(しめじ)形の岩や うさぎ岩で有名な場所です

DSCF6659.jpg

しめじ岩は岩の硬度が違うためにできたものです
硬い玄武岩でできている上部は帽子のように残り
下の軟らかい部分は風や雨に侵食され 何万年もかかって
10m以上の柱のような形になったそうです 本当に自然って不思議

こちらがうさぎ岩のアップ 親近感がわきました(笑)

DSCF6670.jpg

これなんかも作ろうとしたって出来ない自然の造形です

DSCF6668.jpg

ガイドのYさんはカッパドキアのアイドルなので 何処でも人気者
此処でもフレッシュジュースをサービスして頂ける事になり

DSCF6671.jpg

ザクロだけだと濃いからと オレンジを混ぜて頂きました

DSCF6672.jpg

私はすっごく美味しくて一気に飲み干しましたが
北の住人は何しろ全てが小食なので 勿体無くも残してました(笑) 

次は地下都市探索 
カッパドキアには40近い地下都市があります

ローマ時代等キリスト教迫害・弾圧から逃れるための避難所として
何万人もが一度に生活できるほどの居住空間が造られています

去年この地下都市で疲労困憊した私は 楽な所をとお願いして
一般のツアー客の来ないオズコナック地下都市に

DSCF6673.jpg

内部は天井も低く 通路は私達が屈んで歩いても
つい頭をぶつけてしまう程の狭く低いものです

DSCF6676.jpg

真ん中の丸い大きな石は敵が攻めてきた時に閉じる石の扉
どんなに過酷な生活を送っていたのでしょうね~

気分を変えて 私がイズニックタイルが欲しかったので
アバノスのThe Museum of Chez Galipを訪れました
陶器のアインシュタインとのニックネームをもつチェズ・ガリップ先生
の工房でした 先ずろくろを回す所を見せてもらいました

201404182041337fa.jpg

とてもご機嫌なオニイサンのろくろさばきは神でした(笑)

絵付け作業も見学 綺麗な色に目を奪われます

201404182042036cb.jpg

ギフトショップでは先生の作品やお弟子さんの作品がいっぱい
段々皆が欲しい気持ちになっていきました(笑)

201404202140301e2.jpg

昨年見たブルーモスクのイズニックタイルが想像以上にブルーが綺麗で
ずっと心に残っていました そこで今回の旅の前に娘達に相談しました
「新しい家の何処かにトルコでイズニックタイルを買ってきたら
飾ってくれないかな~どうかな~」
娘の家はこの夏に着工ですから 先に買ってあれば それを何処かに
嵌めこむ等してもらえます 娘達も勿論賛成でした

私がタイルをあれこれと見せてもらい値切ってる内に
皆様もあれこれあれこれ高級陶器をお買い上げのご様子でした
喜んだ先生がサインしてる様子からもその勢いが判ろうというもの
これが トルコ買い物三昧の1回目でした(笑)

迷いましたが トルコ伝統花チューリップのを4枚
この細長のチューリップは今は現存しないイスタンブルチューリップ
オスマントルコ時代の象徴花で コーラルレッドとターコイズが美しく
水晶の粉が混ぜられていて 幸運を招くと聞いて決めました

20140418204231640.jpg

赤い鉢は自分用に買わずにいられませんでした(爆)
このタイルがどんな風に使われたかは家が完成したらお見せしますね

DSCF6684.jpg

アインシュタイン先生とわんこに見送られ工房を後にした私達は
買い物ですっかり満足したらお腹が空いている事に気づきました(笑)

近くのAvanos Kadın Girisimciler Kooperatifiは
カッパドキアのお母さん達がシェフのレストランでした 
すべてのものが手作りなので地元のお母さんの味を堪能できました

キッチンに入って マントゥ(Manti)と呼ばれる小さい餃子
のようなものを作るのを見せてもらえました

201404202140572e2.jpg

勿論お母さんはオヤのスカーフを被っていました(可愛い)

早速トルコの家庭料理を味わいましょう

手前のピクルス風の物は ビックリ  するほど辛いです
奥の葡萄の葉に包んだドルマは美味しかった

20140418204336383.jpg

トルコ風春巻きは中にチーズが

20140418204412b67.jpg

茄子のケバブはとろける様な茄子と挽肉がジューシー

201404182044386fe.jpg

そして最後に先程お母さんが作ってたトルコ風餃子

20140418204502db7.jpg

美味しいのですが既にお腹はパンパンにはち切れんばかり
中華料理の様に飲茶として別に食べたかったなぁ~

というところで続きは明日に~

まだまだ色々巡りますし 初めて体験したハマムについて語ります
一部始終を見ていた北の住人から プチスノーマンと言われてしまった
泡マッサージの事など。。。しかしスノーマンって 

それから わんこ蕎麦ならぬわんこワイン状態で酔っ払った夜の事まで

では乞うご期待下さいませ ごきげんよう~(美輪様風)



スポンサーサイト
【2014/04/20 23:09 】
旅行記 | コメント(12) | トラックバック(0)
<<わんこワインで最高な夜@トルコ旅行記2014⑤ | ホーム | また会えたね妖精の煙突@トルコ旅行記2014③>>
コメント
あら~、“カイマクリ”じゃなかったんですね(;^ω^)
あのザクロジュースは美味しかったです(^^)
残すなんて、もったいないっすよね、たはは。

プチスノーマンは、ぷりてぃだったってことっすよぉ~(笑)
泡がふわふわで、お似合いでした(爆)
そうそう、背中の泡は、天使の羽根みたいでしたよ(≧∇≦)
【2014/04/20 23:48】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
青い空に黄色と紫のバルーンが映えますね。
観てるだけでも気持ちが良さそう。

ザクロジュース、どろっとして濃くておいしそう。
日本では絶対飲めませんよね。
【2014/04/21 07:55】
| URL | yonko #GfcxOkWw[ 編集] |
本当に去年見た時も感動しましたが、気球が飛ぶ様子は素晴らしいです!!!
いつか運が良かったら、行って見たいです。

タイル、とても綺麗で素敵なお土産ですね。
どんなお家になるのか、とても興味有ります。

わんこワインでヨッパのusakoさんが楽しみです。
【2014/04/21 10:18】
| URL | ちほ #PJakg2V.[ 編集] |
ホンに気球の画像に感動モンですね!

出身地柄、陶器に惹かれるのでこのタイルの素晴らしさも素敵!!

そして何よりわんこワイン(爆)
ビールなら是非ともお願いしたい(;^_^A

あ~裏山杉~~
【2014/04/21 13:20】
| URL | ソン #-[ 編集] |
お料理どれも美味しそうですね~!
ああusakoさんの苦手なデザートや残ったトルコ風餃子を代わりに食べたい(笑)。生ザクロシュースなんて日本で飲めないし。

赤い鉢もタイルも美しい。usakoさんのセンスがいいから、お買い物披露を見せて頂くのものも楽しいのですね。

むくむくワンコちゃん達も一人に一匹ずつついてるのが可愛い~。

これから先もとても楽しみですv-238
【2014/04/21 22:02】
| URL | チャチャ #amXlFcx2[ 編集] |
気球って、ほんとお伽話の景色みたいですね。
見てるだけでにこにこしてくるわ。

街の景色もおとぎの世界のよう。

うっとり。

オヤ。
行商人の鋭い視線を思い浮かべて、にんまりいたしました。
【2014/04/21 22:17】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
Pさん おはようございます

あのザクロジュースは美味しかったです(^^)
残すなんて、もったいないっすよね、たはは。
>本当に勿体無かったです あんな柘榴のフレッシュジュースは日本じゃ飲めませんのよ(プンプン 笑)

プチスノーマンは、ぷりてぃだったってことっすよぉ~(笑)
>フォロー有難う でも体形はスノーマンって事よね(爆)
事実だからきっちり受け止めるわ
天使の羽根~私も後半になりたかった~泡泡何にも見えなかった~残念!
【2014/04/24 10:19】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
yonkoさん おはようございます

青い空に黄色と紫のバルーンが映えますね。
観てるだけでも気持ちが良さそう。
>前日はこんなに気持ちよいお天気だったのに・・・
お天気が良いだけで70㌫増しです

ザクロジュース、どろっとして濃くておいしそう。
日本では絶対飲めませんよね。
>ザクロジュースって日本では余り見かけませんが
向こうではとてもポピュラーな飲物です
少し酸っぱくて でもオレンジを30㌫混ぜると凄く美味しい!
【2014/04/24 10:24】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん おはようございます

本当に去年見た時も感動しましたが、気球が飛ぶ様子は素晴らしいです!!!
>そうなの~気球は最高に素敵ですよ!!!

いつか運が良かったら、行って見たいです。
>是非 一生に一度は乗って欲しいです!

タイル、とても綺麗で素敵なお土産ですね。
どんなお家になるのか、とても興味有ります。
>家が完成したら タイルの場所は披露しますね
【2014/04/24 10:28】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ソンさん おはようございます

ホンに気球の画像に感動モンですね!
>ソンさん ちゃみ達も乗ってませんかね~
何は無くともお薦めです!

出身地柄、陶器に惹かれるのでこのタイルの素晴らしさも素敵!!
>これは私も惚れて買いました 水晶の粉の所為かキラキラします(笑)

わんこビールは私はお腹膨れて飲めませんが 
ワインは結構ぐいぐいぐいぐいぐいぐい(爆)
【2014/04/24 10:32】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
チャチャさん おはようございます

ああusakoさんの苦手なデザートや残ったトルコ風餃子を代わりに食べたい(笑)。
>はい!勿体無くて涙が出ました
でも甘すぎるデザートはやっぱり無理ですが(笑)

生ザクロシュースなんて日本で飲めないし。
>これはトルコならではの素敵な美容ジュースです!

むくむくワンコちゃん達も一人に一匹ずつついてるのが可愛い~。
>先生の頭もむくむくですが(爆) 優しい先生でした
【2014/04/24 10:37】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
やっほーさん おはようございます

気球って、ほんとお伽話の景色みたいですね。
見てるだけでにこにこしてくるわ。
>はい!奇岩がとにかくメルヘンの世界なので その上を飛ぶ色とりどりの気球は絵本です!

街の景色もおとぎの世界のよう。
>カッパドキアは何処を撮っても絵葉書のようになります(笑)
妖精の魔法がかかってるのかも
【2014/04/24 10:41】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2330-6e99abc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター