わんこワインで最高な夜@トルコ旅行記2014⑤
本日のひこ ではなくうさぎ(笑)

8e85d695jw1efo57r0ft1j20c8084zlj.jpg

凄く大きなうさぎ・・・

カッパドキアのお母さん達の手作り料理を食べた後
私達はワイナリーに向いました

カッパドキアは葡萄の産地としても有名だからです
古くから地下都市でキリスト教徒がワイン醸造をしていた位に
洞窟内の温度が何時も一定なので ワインの保存に適しているのです

カッパドキア最大手のTURASAN WINERYです

DSCF6691.jpg

先程の家庭料理のお店でアルコールが無かったのが不満だったので
白だ赤だとテーブルの上のグラスを次々に試飲させてもらいました(笑)

ワイナリーで購入すると お店で購入するよりも安いのが魅力です

奇岩の形をした軽石に入ったワインがとても面白かったので
お土産に何個か購入 スーツケースの中で少し心配でしたが
プチプチの袋を持って行ったので どれも無事でした 

DSCF7223.jpg

奇岩のワインとマグネットを此処で買い
続いてドライフルーツとナッツの専門店
Naturel Kuruyemişに行きました

P1030512.jpg

トルコは乾燥した土地柄なので 野菜や果物を干すという作業が
昔から生活の知恵として日常的に行われてきたようです 
太陽の光を存分に吸収した甘いドライフルーツ
ドライフルーツ大好き人間で 去年のトルコで買って
その美味しさと安さに虜になった私は 今回も是非とお願い(笑)
ちょっと興味を示すと試食を薦められます 何種類も食べて
様々なミックスフルーツやナッツをたっぷりビニール袋に
詰めてもらいウキウキ(笑) そして珍しい物を見つけて更に試食

DSCF6692.jpg

ちと甘いけど美味しいこれは クルミなどナッツの周りを
ブドウや桑の実のジュースを煮詰めたもので巻き固めた
「スジュク」というもの 周りのフルーツの甘味と
ナッツの香ばしさを感じられる独特の風味のあるお菓子で
お土産に持ち帰り ちびさん達に大好評でした

お腹がいっぱいな上に ワインとナッツとドライフルーツを
試飲だ試食だと言いながら とても試飲や試食の量じゃ無く
頂いたので 更にお腹はパンパン・・・これは拙いと少しは観光へ
の前にスーパーマーケットでお水等を買いました

美味しいパンのエキメッキもこんな風に買えます
すっかり気に入った友人は真剣に持って帰りたいと(笑)

DSCF6635.jpg

この四角いケースに入ったのは蜂の巣です(笑)

DSCF6694.jpg

パンに合う蜂蜜も本当に美味しい国です 太陽光線が強いので
花がいっぱい咲きますから 蜂もよく仕事をするのでしょう(笑)

更にお土産用の薔薇のコスメも欲しくて 近くのコスメのお店に 
Rosenseの商品のトルコは薔薇の原産地なので 薔薇を原料に
作られていているローズウォーターとお土産用のハンドクリームを
購入 中心で輝いてるのは薔薇のアンチエージングクリーム(激安)

DSCF7224.jpg

土地の人たちが「想像の渓谷(Imagination Valley)」と呼ぶ場所へ
ラクダの形に見えますか~

DSCF6686.jpg

左後はペンギンの様にも見えます(笑)

ウルギュップの高台から「3姉妹の岩」の向こうに広がるパノラマ

DSCF6696.jpg

お父さんお母さんと子供の様にも見えます

亀が乗っかってるように見えるのも

DSCF6697.jpg

何処かの亀好き明星迷さん達は これを見たらキャーキャー言うかな

そろそろ寒くなってきたので お楽しみのハマムへ

地元の人々ご愛用のハマムも有るそうですが 私達は
Cappadocia Tourist Hotelに併設されたハマムに行きました

DSCF6703.jpg

プールの脱衣場の様なちょっとチープな場所で着替えです(汗)
昨年は水着を着ましたが 今回は水着を持って無い友人に合わせ
皆で素肌にペシュテマルと呼ばれるチェックの布を巻いただけ
皆でやれば怖く無い状態です(笑)

超スリム ほっそり ふつう デブ(私)の4人でした(猛爆)

最初にスチームサウナに10分位かな~ 私はサウナは苦手なので
もの凄く長く感じましたが 汗が出るまで先ず身体を蒸すのでしょう
ミントの香りも強くて 心臓の悪い私はもうギブアップと言う寸前に
ドアが開いて 大急ぎで外に出ました これがこの後の順番を
大きく左右したのですが その時はとにかく出たいばかり・・・ハヒハヒ

その後 部屋の真ん中に大きな大理石の台がある浴場に案内されました
大きな石の台の周囲にぐるっと洗い場がありました

turkish20bath4.jpg

日本でいう「三助」にあたる「ケセジ」のお姉さんが 二人づつ
その中央の台にうつぶせに寝るように言うので 飛びだした順に
ほっそりの友人とデブの私が まな板の鯉ならぬ ハマムの豚(私)で
台の上に寝ました 恥ずかしいやら初体験にドキドキやらでした

一応ヤバイ場所はペシュテマルで隠してくれますが
友人二人の凝視の中 突然お湯を頭からバシャバシャかけられ
容赦がない手つきで頭皮をゴシゴシ イタタ・・・と心の中で叫び
身体をお湯で洗い流したら 次は体の垢擦りが始まって
うつぶせでまずは背中 そして仰向けになって胸やお腹や足 
もう恥ずかしさはかなぐり捨てました(滝汗)

その後 モコモコに泡立てた大量の石けんを身体に振り掛けられ 
全身泡まみれ それからトルコ式の泡マッサージとなるわけです
私の位置からは泡の出来る様子を見れ無かったのですが
中々面白い様子でフワフワの泡が出来たみたいでちょっと残念

泡泡の泡に覆われた私を見た 傍観者の友人は「プチスノーマン」
という言葉が思い浮かんだそうですから まあどんな状態だったかは
推して知るべしです(爆)
彼女は身長は同じなのに体重40キロ前半の超スリムさんだから 
そりゃあ脂肪肝のお腹の私の姿に驚いた事でしょう(笑)

泡でシャンプーもされて ザバザバとお湯を(乱暴に)かけられて終了
のぼせ気味の二人を置いて 私達は脱衣場にトコトコ・・・

ドライヤーで髪を乾かし のぼせた体を外のソファに座って休憩してたら
程なく後の2人も終わったので 私が恥ずかしさで長く感じたトルコ風呂も
実際はそう長い時間では無かったようでした(笑)

日本で「トルコ風呂」というといかがわしい臭いがぷんぷんします(笑)
今はなき「トルコ風呂」は後にトルコ人の抗議で「ソープランド」と改名(爆)

カッパドキアの埃と砂にまみれた体がすっかり綺麗になった
スッピンの4人は Yさんお薦めのステーキハウスに向いました

今年の秋に 私のトルコ好きに刺激された88才の父と83才の母が
カッパドキアに行く事になったので 何よりお肉が好きな父の
口に合うか お試しも兼ねて出かけたお店はOrient Restaurant

orient2.jpg

素敵にお洒落な外観で先ずポイントアップ(笑)

先ずは汗をかいてカラカラの喉に冷たいビールを流し入れます
昼間から飲みたいと切望していたエフェスビールの最高な事 
思わずお替りしていました(笑)

DSCF6710.jpg

左手が壺焼きケバブ 
中央のステーキがお店の名物の燃えるステーキ

燃えるステーキって?

はい!こうなりました 驚いた私達はムンクの絵状態でした(笑)

DSCF6707.jpg

お肉は噂に違わずとても美味しかったので 帰国後
旅行社の担当さんに直ぐに連絡を取りお薦めしましたよ
きっとコースに取りいれられたと思います(笑)

オーナーさんはワイン通な方で 美味しいワインを薦めて頂き
美味しい美味しいと飲んでたら オーナーさんもご機嫌で
何でも彼の誕生日のお祝いだから ワインを奢って下さる話に 

このお店 生演奏と生歌も聞けて 本当に素敵でした

DSCF6716.jpg

私達は並々グラスいっぱいの美味しいワインをお相伴になりました
普通の2杯分は十分あるワインを何とか飲み干すと 
また彼は飲んでくれと並々注いで下さるので
わんこ蕎麦ならぬわんこワイン状態で・・・続けて並々グラス一杯を3杯

美味しいフレッシュフルーツをツマミにワインを飲む有りさま(笑)

DSCF6712.jpg

すっかりヨッパが出来上がってお店を後にしました(笑)
帰り路 Yさんが云うには 彼の誕生日は既に過ぎていて
前に彼に誕生日プレゼントを上げたお返しに奢ってくれたのでは
と言う事で どちらにしろ私達は超ラッキーに
美味しいワインをこれでもかと飲めたのでした(爆)

フワフワする足元で辛うじてホテルの部屋迄辿り着き
明日は早朝から気球に乗るので 準備だけは済ませ
ベットに横になるとふとんも掛けず瞬時に爆睡だった私

所々記憶が飛んでいたので 同室の北の住人から
ちゃんと歯磨きまでして寝たよと後で知らされるのでした
彼女はなので 案外しっかりしてるなぁと感心したそうですが
どっこい私は覚えていませんでしたとさ(爆)

ビール2杯にワインを白と赤を一体何杯飲んだかはっきりしないのですが
果たしてこんな酔っ払いが翌日の早朝の気球にちゃんと乗れたのか

それはまた明日に続きます 乞うご期待下さいませ ごきげんよう(笑)



スポンサーサイト
【2014/04/21 23:56 】
旅行記 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<美しい馬の土地を飛ぶ気球@トルコ旅行記2014⑥ | ホーム | カッパドキアの朝は気球と共に@トルコ旅行記2014④>>
コメント
ムンクなオレをハートで隠してくれて、ありがとぉ~(爆)
きっと、チョウびびったお顔してたと思われ、ぷぷぷ。

ハマム、また行きたい!
大理石は痛かったけど^^;、泡はホントに気持ちよかった~。。。
イスタンブールのどーなんだろね?
お高めかな~(笑)
【2014/04/22 00:27】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
うさこさんの画像で行った気、食べた気、飲んだ気分になれるわぁ(^^)v

いつも思うけどデジカメの腕前もプロなみよね!

またお写真も見せてくださいm(__)m
【2014/04/22 07:58】
| URL | ソン #-[ 編集] |
亀好き明星の迷登場(笑)
奇岩がてんこ盛りですね。
そして日程もてんこ盛り。
いかに行く前にusakoさんが綿密に打ち合わせをしたかがわかります。
ドライフルーツもパンも何もかもおいしそうです。
【2014/04/22 08:01】
| URL | yonko #GfcxOkWw[ 編集] |
楽しそう~!
美味しそう~!
買い物も、景色も、素敵~!

いいなぁ、いいなぁ~っ!!
【2014/04/22 10:38】
| URL | しばみ #-[ 編集] |
濃い充実したトルコ旅行ですね~!
流石にusakoさんツアーです!!
行けた方が羨ましい限り~!!!

これもたった1回の交流をきっかけに、
Yさんという強い味方を作ってしまったusakoさんの人脈の凄さです。

続きが益々楽しみです、しかし・・・
わんこワインで気球に乗れたのでしょうか。・・・ドキドキ・・・
【2014/04/22 11:05】
| URL | keite #c25PVKvg[ 編集] |
呼んでいるだけで酔っ払ってしまいそう。
トルコが飲酒できる国で本当によかったですねww
泡風呂、アトピーな私は因幡の白兎になりそうでこわいですが、
皆様はさぞや美しくなられたことでしょう。いいなあ。
【2014/04/22 20:46】
| URL | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集] |
ヒコちゃんではなくウサギ。しかも大きな(笑)。フェイントです(笑)。

「スジュク」に強力に魅かれました。絶対美味しそう~食べてみたい!世界は狭くなったはずなのに、現地でないと食べられないものは食べられませんね(><)。
薔薇のコスメもロマンティクに美しくなれそうですv-254

【2014/04/22 21:18】
| URL | チャチャ #amXlFcx2[ 編集] |
ハマムの4人の形容には、思わず大笑いしてしまったよ。(爆)
きっとusakoさんのデブは、大して太ってるわけでも無いんだろうけどさ。
本当にデブだと、こんな自虐ネタ出来ないと思う。(笑)

気球に無事乗れたかきになる、自分なら絶対無理だから。
しかし、わんこワインって凄いネーミング(爆)。
【2014/04/23 18:14】
| URL | えり #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2331-80821070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター