トプカプ宮殿からガラタ塔へ@トルコ旅行記2014⑫
本日のひこではなく
本日到着のオヤ(笑)

201404301950155de.jpg

これさくらんぼでは無いけど苺です(爆)

もう一つ

20140430195001bbe.jpg

薔薇のネックレスです 

さあ4月12日の朝も雨で目が覚めました ガッカリ
昨日と同じ様に地下の食堂で8時から朝食をたっぷり食べ

9時からイスタンブール歴史遺産のもう一ヶ所「トプカプ宮殿」へ
トプカプ宮殿(Topkapı Sarayı)は15世紀中頃から
19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿です
イスタンブール旧市街の半島の先端部分に
三方をボスポラス海峡とマルマラ海と金角湾に囲まれた丘にあります

ホテルからは勿論トコトコと小雨の中歩いて行きます
反対方向に行きそうになるYさんを 去年の記憶を辿り
こっちだと思います~と慌てて誘導(笑)
昨日見ていて結構方向音痴と思われたので 今日は口出しをする事に

宮殿の正門はアヤソフィアの側にある「帝王の門」です

DSCF7007.jpg

「帝王の門」をくぐると「第一の中庭」と呼ばれる広い庭園があり
「第一の庭」の奥にある「挨拶の門」がトプカプ宮殿博物館の入口です
この辺りで雨はほぼ止んで この後どんどん回復します

DSCF7010.jpg

「挨拶の門」の内側は「第二の庭」と呼ばれ
正面奥には「幸福の門」とよばれる門があり
「第三の庭園」とそれを取り巻く施設群がひろがるのです

800px-Istanbul_Topkapi036.jpg

右側のスルタンの着た衣服の展示室やその隣の宝物館を見学
宝物館では世界的に有名なスプーン職人のダイアモンドが公開
スプーン職人のダイアモンドは86カラットのダイヤモンドを
49のダイヤモンドが取り囲んでいて 一般ピーには
普段見慣れてないので とても本物に見えない大きさ(爆)

撮影禁止なので本から

b0010648_9534730.jpg

奥の第4庭園はマルマラ海峡が目の前に見える絶景スポット
そこにあるカフェで 豪華な宝飾品を見て疲れたので休憩タイム

DSCF7023.jpg

ミルフィーユにビールではありません(爆)
アイスカフェラテですから

DSCF7027.jpg

ここの庭にもチューリップが至る所に咲いています
これは原種のトルコチューリップの様に見えました

DSCF7017.jpg

裏庭もチューリップが満開状態で本当に綺麗~

DSCF7029.jpg

休憩の後はハレム見学

宮殿イチ高い「正義の塔」この下がハレムの入口

DSCF7018.jpg

ここは別料金なので Yさんがチケットを購入の間待っていると
又 此処でもトルコの小母さん達に囲まれて「可愛い~!」と撮影タイム
日本人の小母さんがこんなに可愛いと人気がある国って・・・
世界広しと言えども 他に無いよなぁ~トルコの謎だわ(爆)

DSCF7033.jpg

ハレムという言葉はアラビア語で「禁止された」という意味で

妃 王の母親や姉妹 側室の女性た 幼い皇子たちが
生活していた場所で外から完全に隔離された世界でした
日本の大奥と非常に似た構造だったのでは・・・
権力の理不尽さを甚く感じながら見て回りました

贅を尽くした内部は豪華で 繊細で美しい~タイルにうっとり・・・

DSCF7034.jpg

偶々 鏡に写って今回の旅のメンバー全員集合写真となりました(笑)

DSCF7035.jpg

何百もの小部屋があり 多い時には
1,000人以上もの女性たちが ハレムで生活していたそうです
外から鍵のかかる部屋が多く 監禁もされてたのでしょうか

20140430201023c88.jpg

さて Yさんは6日間も私達と一緒にいて案内や値引き交渉等の通訳
として大活躍だったのですが 愈々今日の夕方の飛行機で
カッパドキアに戻って行きます 流石にちゃんとお仕事しないとね~(汗)
 
そこで彼女に代わって 小母さん達のお伴をして下さるのが 
トルコ人の奥様と熱々新婚さんのイスタンブール在住のK氏でした

彼とは此処で待ち合わせです 年若いけど落ち着きのある彼は
早速私達を連れて 新市街のガラタ塔へ向かいます
世界で2番目に古い地下鉄 テュネルに乗りました

DSCF7059.jpg

運行距離は世界最短の1駅だけ(笑)

ガラタ塔のあるエリアは坂の多い石畳の小径が
なんとなくヨーロッパの小さな街角を彷彿とさせます

DSCF7086.jpg

ふと見ると本屋さん

DSCF7070.jpg

猫さんマークは何だろう?

CD屋さんも発見!毎日聞いてる内にすっかり耳に馴染んだトルコの音
K氏にCDを買いたいと言い お薦めを教えてもらい視聴しました

DSCF7074.jpg

購入したのはこちらのCD 

20140430212057354.jpg

セゼン・アクス(Sezen Aksu, 1954年7月13日 - )は
トルコのシンガーソングライター・音楽プロデューサー
ターキッシュ・ポップの女王として誰もが認める歌手です

「日本なら美空ひばりですよ」とK氏は言ったけど 
私は中島みゆきだと思う(笑)



この辺りはにゃんこの溜まり場のようだって事は既にお知らせね

このロン毛のお兄さんはおもちゃの様な凧の様な物を露天販売
きっと何時もいるから馴染みの仔がいるのでしょうね

20140430201312d99.jpg

ガラタ塔は結構並んでいたけど 並んで~って割と苦手な小母さん達

DSCF7091.jpg

ガラタ塔が良く見えて ガラタ塔に負けない景色の良い所でランチ
なんて要求の多い小母さん達なんだ~(苦笑)
でもさすがK氏 ちゃんと探してくれます

DSCF7099.jpg

エレベーターで一番上の階に行き 更に階段上がって屋上へ
この雰囲気で既に小母さん達のハート掴みました(笑)

DSCF7104.jpg

あらイイ感じ~正に要求通りの満点なお店

DSCF7106.jpg

ボスポラス海峡が目の前

201404302015004a4.jpg

食事もどれも美味しかったです

このシーフードの盛り合わせは最高!

DSCF7111.jpg

大きくてホクホクで熱々のポテトフライも滅茶苦茶おいひいぃぃぃ

DSCF7112.jpg

トルコは何処でも生野菜の味が濃厚だからサラダが美味い!

DSCF7114.jpg

そして勿論パンは何時も安心な味(笑)

DSCF7115.jpg

でもねでもね・・・この店には唯一最大の欠点が有ります
こんなに美味しい物がいっぱい有るのにビールが無い!
何てこった!オーマイゴッド!!!水で食べるのよ
有り得なぁぁぁい!!!!!と怒った私達でした


怒りながらも トルコのデザートの甘さに慣れて来た私達は
珍しくデザートを頼みました これも美味しかったです

DSCF7117.jpg

そんな酒浸りな私達に怖れをなしたK氏とこの後
愈々トルココーヒー占い~~は乞うご期待下さいませ~

ごきげんよう(笑)

スポンサーサイト
【2014/04/30 23:58 】
旅行記 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<オヤスカーフ撮影会 | ホーム | イスタンブール歴史地区@トルコ旅行記2014⑪>>
コメント
きゃ可愛い! 素敵なオヤですね(^-^)v

トプカブ宮殿のダイヤ、眩いばかりで、凄すぎます。
でも正直、オヤの方が欲しいわ。(爆)

確かにこんなビールに合う料理なのに、残念でしたね。
【2014/05/01 06:43】
| URL | ちほ #-[ 編集] |
えびさんのお隣の揚げ餃子みたいなのは
何でしょう?
これでビールがないのは、ムゴイ。
どれもビールのつまみにぴったりでおいしそう。
しかーし、オリーブ油が多くて、と日本人が根をあげる
というトルコ料理なのに、そんな感じは微塵もせず、
なのは、ガイドの方のアドバイスが良いせいかしら?
【2014/05/01 10:17】
| URL | 多謝。 #SO3OMlUc[ 編集] |
あはは~、こんなしゅてきな有名ブログwに
登場できて嬉しいわ(笑)
ってか、姐様、チョウほっそりじゃん(爆)

ガラタも、ホントに楽しかったよ。
路地裏とかもっと歩きたかったね。
レストランまでの路地裏だけでも、
チョウ楽しかったもん!
【2014/05/01 14:04】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
ビーズのオヤがとても繊細できれい~。
usakoさんテイストの物は、何時もラブリーなので、思わず欲しくなってしまうから困ります。(笑)

こんな大きなダイヤをどこにどうしてたのでしょう。
流石王様、権威の象徴ね。
一般人には、周りのダイヤだって大き過ぎですよ。(爆)

トルコの中島みゆき、艶のある良い声で、パートフルな歌ですね。
思わず続けて色々聞いてしまいました。(笑)

何だか後数回で、終わるなんて寂しいです。せめていっぱい語って下さいね。
【2014/05/01 17:57】
| URL | 愛弓 #-[ 編集] |
ひとり旅だと分けられないから、いろんなものを少しずつ食べられないのが残念!おいしいものがある旅行先には複数人で行かないとデスね。
【2014/05/01 22:11】
| URL | ぽぽん #mQop/nM.[ 編集] |
ちほさん こんばんは

今回は可愛いオヤを沢山買って来ましたよ(笑)
色々ご覧になって選んで下さいね

確かにこんなビールに合う料理なのに、残念でしたね。
>残念で残念でいまだに悔しいです(笑)
【2014/05/03 23:01】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
多謝。さん こんばんは

えびさんのお隣の揚げ餃子みたいなのは
何でしょう?
>ギョズレメという皆が大好きな食べ物があるのですが
クレープ生地でひき肉や野菜を包む物ですが その延長上かな(笑)

オリーブ油が多くて、と日本人が根をあげる
というトルコ料理なのに、そんな感じは微塵もせず
>そうなのです ツアーで行くお店と
ローカルオンリーのお店では違う気がします
まあ私はオリーブ油が大好きってのも有りますが(爆)
【2014/05/03 23:12】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
Pさん こんばんは

ってか、姐様、チョウほっそりじゃん(爆)
>これは良くファッション系のお店に有る細く見える魔法の鏡だったか!?

路地裏とかもっと歩きたかったね。
>はい予定ではもっと路地裏散歩だったんだけどね(笑)
【2014/05/03 23:17】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
愛弓さん こんばんは

ビーズのオヤがとても繊細できれい~。
>はい。今回は今までよりももっと優しい繊細なオヤに拘りました

こんな大きなダイヤをどこにどうしてたのでしょう。
何処に付けても重いでしょうね~

流石王様、権威の象徴ね。
>こんなに大きい物って実際使い勝手は悪いでしょうね

一般人には、周りのダイヤだって大き過ぎですよ。(爆)
>私なんか1カラット以上のダイヤなんか別世界です
オヤならもの天文学的な数が買えます(笑)

トルコの中島みゆき、艶のある良い声で、パートフルな歌ですね。
思わず続けて色々聞いてしまいました。(笑)
>とても良いでしょう~嵌りますよ
【2014/05/03 23:43】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ぽぽんさん こんばんは

ひとり旅だと分けられないから、いろんなものを少しずつ食べられないのが残念!
>そうなのよね~ひとり旅は気楽で好きな事が出来るけど
食事だけが困りますね

今回の旅はどうなのかな いっぱい楽しんで来て下さいね
【2014/05/03 23:57】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2343-5cb4ebb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター