あわせ貝を作る
本日のひこ

d40542a2jw1eav2bdoyflj20c00gamxj.jpg

とにかくお仕事に復帰してる様子に安心してます

今日は同窓会の年中行事の中でも総会の次に重要な行事「修養会」
それは何?と思う皆様 キリスト教用語では
修養会は英語の「retreat」を訳したもので
慌しい日常生活から自然の中へ場所を移して
聖書を読み「神様」について「愛」や「人生」について学び
深く考える時間を持つ機会です

まあ同窓会としては 何処へお出かけして 礼拝をして
そして何か有意義な時間を過ごし 親睦の食事会をするわけです

そんなわけで今年は徳川美術館での講座「貝あわせで遊ぶ」を
体験してきました 
前夜の大雨も朝には上がり 今回の担当としてはホッと一安心

館内に有る和食レストラン「宝善亭」の2階で 
先ずは何は無くとも礼拝を済ませ いざ「貝合わせ」

貝あわせとは平安時代に貴族達の間で行われた遊びです
貝合わせに使う貝を合わせ貝と呼び 360個あるそうです
貝の内側には源氏物語の絵や 草花 鳥等同一の絵が描かれます

2014070519114243d.jpg

合わせ貝は貝桶に入れます

201407051910427bc.jpg
 
蛤が2枚の対になる貝がらしか組み合わせられない事から
「結婚」を連想させ 江戸時代にはお嫁入り道具の中でも
大切なものの一つになりました

遊び方は合わせ貝の中から10個(人数によって違います)の地貝を
伏せて並べます 親が貝桶の中から出貝(だしがい)を一つ出して

20140705191101ba8.jpg

その出貝に似ている地貝を見つけて貝を合わせます
ピッタリ合ったら当たりです 絵を見ると同じ絵柄になっています

2014070519112297d.jpg

合わせ貝作りはデコパージュの技法です
201407051909399b4.jpg

和紙から模様を切りぬき 貝の上に置きデザインを決めます
のり付けした貝をドライヤーで表面がパリパリになるまで乾かし

20140705191016d5b.jpg

ニスを塗り乾かす作業を3回繰り返して出来上がりです

20140705191355694 - コピー

完全に乾くまでの時間 階下でお食事タイムです

201407051911562ac.jpg

旬小箱はこのほかに熱々のてんぷらと デザート付きです

20140705191220694.jpg

完成品を持って 館内の常設展と企画展を見て周りました

企画展は「ケータイ美術ーもちあるく道具の形と機能」で
尾張徳川家に伝来した江戸時代の大名道具を中心に
便利で美しい「ケータイ美術」の数々に感嘆の声をあげました

紫陽花図印籠

03tokugawa.jpg

紫陽花の花は青や白のガラスで表し 
葉は金や鼈甲・緑色の蝋石を象嵌しています

金七宝唐草文薬入

04tokugawa.jpg

金銀の針金で唐草文をかたどり 色とりどりの七宝で
装飾を加えた印籠です 象牙の可愛らしい兎形の根付が付いてます
目には赤い琥珀が象嵌されています 

緋地松に鶴文筥迫

07tokugawa.jpg

今では七五三の時に使う位しか見ない筥迫ですが
武家の中流以上の妻女が使用した布製の鼻紙入れです
ビロード地に花鳥・草花・吉祥文などが刺繍されて
共裂の華麗な胴締と匂袋が付いています

他にも魅力的な展示品の数々にうっとりでした

徳川美術館は「尾張盛宴」の時には「聞香」を楽しんで頂きましたが
こういう体験講座も中々気が利いてますし
企画展も凝っていますので 良かったら名古屋にお越しの時は
お立ち寄り頂きたい場所のひとつです

詳しくはこちらをご覧ください

平成17年の開館70周年の特別展で美術館所蔵の
国宝源氏物語絵巻19絵がすべて展示されたので
開館80周年 新館開館25周年記念の来年には又是非お願いします

o0538033710885511553.jpg


スポンサーサイト
【2014/07/05 22:18 】
うさぎの話 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<新しい仕事? | ホーム | マダム・タッソー蝋人形館にひこ人形?>>
コメント
アタシの知らない世界です(笑)
貝のお絵かき?デコパージュしてみたい!
お食事も豪華ですね~^^
アタシは半分は残すかな?(笑)←ダメじゃんw

で、オヤの行商タイムはなかったんかな?(爆)
【2014/07/06 00:23】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
うっとりな雅な世界だ事。
前の聞香の時も素晴らしい企画と感心しましたが、
又此れは自分で手作りする楽しみが加わって、本当に徳川美術館は素敵です。
usakoさんが作った貝は、やはり兎の文様だったのかしら。(笑)
【2014/07/06 05:30】
| URL | keite #c25PVKvg[ 編集] |
「はこせこ」という言葉をものすごい久しぶりに聞きました。

子どもの頃、振袖を着るときに胸に入れるこの綺麗なものはいったいなんなんだろうとすごく気になっていて。
画像のものはほんとに美しいですね!
検索してみたら、かわいくて綺麗なのがいっぱい売られていたり、趣味で作っている方もいらっしゃいました。自分もひとつ欲しくなっちゃいました(笑)。バッグに入れたら房とか落とし巾着がちょっと邪魔かもしれませんが(さすがにびらびら簪は無理)。

聞香体験も素敵でしたが、合わせ貝の手作り体験、これもものすごくやってみたい!
本のなかでしか知らなかったような雅なことを実体験させてくれる徳川美術館さん、素晴らしいですね。
【2014/07/06 08:30】
| URL | レッド #dTuPVub2[ 編集] |
出貝に美味い出汁の効いた貝のお吸い物を連想し、朝から生唾飲み込んだのはあたしです。

お食事美味しそう。

更に生唾ゴクリ
【2014/07/06 10:58】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
短い時間でも結構綺麗な貝に出来上がるのに感心したよ。
尾張名古屋の伝統の重みって奴かな。

この季節に紫陽花の印籠を下げた武士、カッコイイなぁ。
本当に昔の人は季節感を大事にするのに驚きだ。
【2014/07/06 20:29】
| URL | えり #7C/zVFSk[ 編集] |
Pさん こんばんは

貝のお絵かき?デコパージュしてみたい!
お絵かきだと時間が足りないから 今回は貼り絵です

お食事も豪華ですね~^^
アタシは半分は残すかな?(笑)←ダメじゃんw
>私はお寿司を二切れとお料理を少々残しました
そしたら小食なのねと周りの小母さま達から言われました(笑)

オヤの行商タイムはなかったんかな?(爆)
>自分からは黙ってたけど 司会だから目立つのか 
着けてたオヤをそれは何?素敵ねと小母さま達に言われました
【2014/07/07 22:41】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
keiteさん こんばんは

前の聞香の時も素晴らしい企画と感心しましたが、
>あれは本当に茶室も使えて雰囲気満点でした

又此れは自分で手作りする楽しみが加わって、本当に徳川美術館は素敵です。
>徳川美術館中々のものです(笑)

usakoさんが作った貝は、やはり兎の文様だったのかしら。(笑)
>うさぎでって思ったけど 何しろ主催者側だから忙しくて 
選ぶ時間が無くて目に付いた椿です
【2014/07/07 22:51】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
レッドさん こんばんは

「はこせこ」は私も久々に見て 実物の美しさは感動ものでした

来年は源氏絵巻が多分全収蔵品が見れると思いますので また是非遊びに来て下さい 
「貝合わせ」も10人位人を集めないといけないので 何か企画しましょうかね~お楽しみに

バックに可愛いはこせこ忍ばせるって素敵だと思います
【2014/07/07 23:11】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
やっほーさん こんばんは

出貝に美味い出汁の効いた貝のお吸い物を連想し、朝から生唾飲み込んだのはあたしです。
>ふふふ・・・蛤のうまみがたっぷりの汁は最高に美味しいものね~

お食事は結構沢山な量でした
【2014/07/07 23:19】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
えりさん こんばんは

尾張徳川家の絢爛豪華は流石ですよ

短い時間でも結構綺麗な貝に出来上がるのに感心したよ。
>美術館側の準備が凄いから完成するのです 本当に何かと頑張ってます

この季節に紫陽花の印籠を下げた武士、カッコイイなぁ。
>これを武士が着けてるのが素敵過ぎますね

本当に昔の人は季節感を大事にするのに驚きだ。
>私達もささやかながら 季節感取り入れましょう
【2014/07/07 23:28】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2385-1930a8cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター