『Interview』のひこ
本日のひこ

a1fd3eedgw1eqbbgm5p5bj20ah0fpq41.jpg

う・・・んちょっと化粧濃過ぎよね~(笑)
この写真は『Interview』の中のひこ

『Interview』(インタビュー)はアンディー・ウォーホールによって
1969年に創刊されたアメリカ合衆国の月刊雑誌です

映画 音楽 アート 文学 ファッションなどの
サブカルチャー界の中心人物インタビューを中心とする雑誌です

アメリカjではまだそう売れてるとは思えないひこが
こんなアメリカの有名な雑誌に載るって 
結構凄いんじゃないかと よく分からないけど思います(笑)

そんなわけで こちらひこのインタビュー記事を
別に皆さん自分で読めば良いわけだけど
まあわたしの愛のこもったうさぎ流意訳を何時もの様にどうぞ
「ブルース・リーは、僕が憧れた最初のスターでした
アメリカで中国系アメリカ人として成長した僕は
大スクリーンの中でそれまで自分の様な中国人を見なかったので
リーのカンフーを見て 僕はカンフーを学びたいと思いました」
そこで彼はサンフランシスコでマーシャル・アーツを学んだ

40歳になる今の彼の俳優としてのキャリアを導いたのは
大学での資格を取った後 アジア周遊の3ヶ月の旅行の中で
出会ったある一つのチャンスとの遭遇だった
香港のバーで飲み物を飲む彼は 一人の目に偵察されていた
「後にヨンファンという名のこのディレクターは
僕を彼の映画の主役に抜擢しました
僕はプロフェッショナルな俳優の勉強をしていないし
広東語を話すことができないと 僕は最初拒絶したけれども
彼は1ヶ月の間 僕を様々に納得させる試みをして成功しました」

「僕は映画制作経験に魅力を感じたので最終的にOKしました」
そして過去の17年の間 ダニエル・ウーは香港および中国の
ギャングとカンフー映画の最も多くの需要のあるうちの1人に
落ち着き 60本を超える映画に出演した
スクリーンの中でジャッキー・チェンとの伝説を共有することさえ
何度かあった

仕事や 家族の事で ダニエルは中国と米国の間を
行ったり来たりしている
彼は最近 エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)が
ブランドのイメージを宣伝する短編映画『孵花』
英題『A ROSE REBORN』を韓国の「復讐3部作」の
パク・チャヌク監督が撮影した作品に主演した
世界を飛び回る4部のシリーズの中で ダニエルは
実業家(ジャックヒューストン)と不思議な謎ときを戦い
彼の為にゼニアが用意したワードローブは完璧だった
彼は印象的で多くの映画関係者の目にとまり
彼の仕事の世界は更に拡がっていく

「僕はパク・チャヌク監督と働きたかった
オールドボーイ(2003)は忘れられない映画の1本です 
僕はより暗くより暴力的な素材に拘泥する傾向があります
彼の知能的な画像処理を見て一層魅力を感じました」

彼の次のプロジェクトは 脚本を書き 武術指導をし
プロデュースをするAMCのシリーズ「バッドランズ」だ
まるでダニエルのこれまでのキャリアが完全な円を描くように
この役に当て嵌っている
西欧の16世紀の叙事詩に基づき 彼は強い戦士として
戦争アートドラマに主演する 少年の従者として
「僕は それはシュールレアリスム的な不思議で
非現実的な世界を作りだしたいと思います」
ひこは人を説得するように言うのだった

とまあひこは益々中国以外でも名前が知られていくようです

上の写真のひこよりも私は↓のひこの方が好き 

Img409829976.jpg

このひこが演じる「滚蛋吧!肿瘤君」の事については次回(笑)



スポンサーサイト
【2015/03/20 22:50 】
ひこの記事 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<ひこのInstagram@金像奨撮影 | ホーム | ひこ大忙しの帰港>>
コメント
usakoさん、有難うございました。

ダニエル、化粧濃いので怖いです(笑)。
次回の役柄のイメージでしょうか。。。

確かにあのゼニアの短編のダニエルはセリフは少しでしたが、
ミステリアスで魅力的でした。
これから益々広い世界で仕事をしていくのでしょうね。
【2015/03/21 06:11】
| URL | nabi #FcZfbeYc[ 編集] |
これでは彦祖君の良さが消されている気がします。
こういうキャラで向こうでは売り出すのでしょうか(笑)。

最後の写真の方がずっとずっと彦君の魅力が伝わり私は好きです。v-238
【2015/03/21 09:10】
| URL | 幸 #nLQskDKw[ 編集] |
良いんですけど〜でこの後退が急に進んだように見えるのは気のせいと言うことに。(笑)

どんどんアメリカにシフトして行くつもり?
寂しいけど仕方ないのかしら、彦ちゃんがそう望むならね。
【2015/03/21 12:19】
| URL | ちほ #PJakg2V.[ 編集] |
nabiさん 遅くなりました

本当に何度見ても化粧濃くて・・・
「魔曾世界」が悪役だからでしょうか

確かにあのゼニアの短編のダニエルはセリフは少しでしたが、
ミステリアスで魅力的でした。
>ええ!とても素敵でうっとりでしたね
黙ってズボン脱いだりも可愛かった(笑)

これから益々広い世界で仕事をしていくのでしょうね
>嬉しいのですが香港映画も忘れず出て欲しいです
【2015/03/26 20:52】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
幸さん こんばんは

これでは彦祖君の良さが消されている気がします。
>ひこはあんまり濃い化粧は似合わないですね

こういうキャラで向こうでは売り出すのでしょうか(笑)。
>さあどうでしょう でもこれでは人気が出るとは思えません(笑)

最後の写真の方がずっとずっと彦君の魅力が伝わり私は好きです。
>私もそうです 多分日本や中華な人達は皆そう思うでしょう。(笑)
【2015/03/26 21:01】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
ちほさん こんばんは

でこの後退が急に進んだように見えるのは気のせいと言うことに。(笑)
>気の所為じゃ無い証拠に 中華メディアがこぞってハゲてきたと書いてます(苦笑)

どんどんアメリカにシフトして行くつもり?
>アメリカでもお仕事の話が増えてるってことですね

何処でもひこが望む作品を頑張って作って欲しいです
【2015/03/26 21:22】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2522-13fd98e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター