夢を織り込む~ティナラク織の映画
本日のひこ

8bce2b88jw1evrkb8ebktj20u00u0ac5.jpg

中国でヒット中の「滚蛋吧!肿瘤君(Go Away Mr.Tumor)」
遂に5億元の興行収入に達しました と大喜びです

凄いなぁ~ああ日本でも観たいなぁ~!!!

さて
今年のあいち国際女性映画祭も今日が最終日
生憎の雨降りですが 今日は吉永小百合さんの
「ふしぎな岬の物語」の上映とトークがあるので
大勢の方が訪れて盛況のうちに終る事でしょう

私は今回は3本の作品を観ることが出来ました

「マルガリータで乾杯を」インド映画
「カナ夢を織る女」フィリピン映画
「ザ・レッスン/授業の代償」ブルガリア映画

決算月の月初めの1週間は普段でも忙しく
更に今年は採用活動がずれたので この時期も
会社説明会の真っただ中でどうしても観たかった
作品だけを 無理無理な時間を都合して観たのですが
どの作品も見応え有って頑張った甲斐が有りました

9月3日に観たのが
カナ 夢を織る女(ひと) K'na, the Dreamweaver

監督 アイダ・アニータ・キト・デル・ムンド
出演 マラ・ロペス・ヨコハマ

10_Kna.jpg

フィリピン・ミンダナオ島の美しい湖・セブ湖に住むティボリ族
その南の族長の娘・カナ(マラ・ロペス・ヨコハマ)は幼くして
母を喪い 夢織者の祖母に育てられた
夢織者とは 土地の女の仕事であるティナラク織の中でも
特別のデザインが織れる女の事で 夢の中で神が
教えてくれる者だけが夢織者になれるのです
彼女は同じ村の織物の原料である糸を作っている青年と
愛し合っていたが 長年の因縁から戦争状態にある
北の部族との和平の為に 北の部長の息子との結婚を強いられ
悩んだ末に涙をこらえ 美しい翠の湖を丸木船に乗って
北に向うのです そして・・・
2人の子供を連れて里帰りするカナの丸木船が 南に進んで来ます

ストーリーは単純ですが とにかく自然の美しさに息を呑みます
冒頭の翠色のセブ湖からもううっとりでした
丸木船と一緒に進んで行き着いた岸辺で迎える村人たちの
衣装の素晴らしさには夢中になりました
「何?これ 何?これ この布は何???」 

img_2.jpg

ティボリ民族が夢を織り込む~ティナラク織に魅せられました
『ティナラク織』 はフィリピンの芭蕉布です 英語ではアバカ 
フィリピンで2番目に大きく一番南に位置するミンダナオ島
その南部の山間に暮らすティボリ民族が何百年も受け継いできた
現在するフィリピン共和国の最古の織物であり伝統の織物です
アバカ(別名:マニラ麻)の繊維を赤 黒 生成り の糸に草木染め
その糸で原始的な腰端(こしばた)で手織りしたものです

糸から染色 そして織までの全行程を1人の女性が完遂していく
織物は世界でも残り少なく 大変貴重な工芸品と言われています

もう一本観た「ザ・レッスン」もそうなのですが
冒頭とエンディングの映像がとても印象的でした
こちらは美しさが目に焼き付いた作品でした
すっかりティナラク織の虜になった私はネットを
何とか美しい布を手に入れる事は出来ないかと彷徨ってます(笑)

tape11kana.jpg

本物を見にミンダナオ島に行ってみたくなりました(また病気)

会場ではゲストとして アイダ・アニータ・キト・デル・ムンド監督と
主演女優マラ・ロペス・ヨコハマさんが登場しました

セブ湖でティナラク織の衣装のマラさんを指導する監督
丸木船を漕ぐ男性の衣装もティナラク織です

11988705_974305052612920_1276829137097736599_n.jpg

会場でのお若いお2人

10518635_974692589240833_3777330832092731589_n.jpg

日本人サーファーを父に持つマラさんは
日本語が堪能で通訳さん手持無沙汰でした

会場に来てらしたお父様 カッコ良かった(笑)

11892202_973594116017347_4863724934175529477_n.jpg
(マラさんのFBから)

こういう作品に出会えるのは映画祭ならではですね



スポンサーサイト
【2015/09/06 16:13 】
色々映画の話 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<うちのめされたブルガリア映画 | ホーム | ベンツの新車発表会のひこ>>
コメント
よく知らないけど、台湾の原住民達が着てる衣装にも似てると思ったよ。
世界中のいろんなところにこのような伝統工芸があるんだろね~。

こーゆう映画は、なかなか上映されないだろうし、
映画祭がなければ一生観ないで、知らずに終わるんだろね。
良い映画に出会えてよかったです(^^ゞ

今度は、フィリピン?(笑)
もう、どこでもお供しますってば~(爆)
【2015/09/06 23:01】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
きっと映画の方からusakoさんを選んでる気がする今回の作品ですね。(笑)
同じ映画を観ても、何となく通り過ぎる人の方が多いと思うのですが、
usakoさんの琴線に響いた作品だった訳で、出会うべくして出会った布だと思います。
この布をusakoさんがどう探して自分の物にされるのか気になります。
【2015/09/07 09:46】
| URL | 幸 #nLQskDKw[ 編集] |
サーファーのお父さんがメッチャカッコいい!
自分のスタイルに拘り持ってるね。
いやぁ〜こういう写真見せてもらうと、
日本のオヤジもイケてるって思う。(笑)
【2015/09/07 09:51】
| URL | えり #7C/zVFSk[ 編集] |
Pさん こんばんは

世界中のいろんなところにこのような伝統工芸があるんだろね~。
>そうなのよね~中国や台湾 始め東南アジアの各地でも似た様な民族衣装見るけど
これは映画で見てると本当に綺麗でうっとりだったの

こーゆう映画は、なかなか上映されないだろうし、
映画祭がなければ一生観ないで、知らずに終わるんだろね。
>そう思うわ ストーリーは単純だし 殆ど無名な方たちだし 縁あって観れて良かった!

今度は、フィリピン?(笑)
もう、どこでもお供しますってば~(爆)
>先ず来年はインドからね(爆)
【2015/09/08 22:04】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
幸さん こんばんは

きっと映画の方からusakoさんを選んでる気がする今回の作品ですね。(笑)
>そうかもしれません 3日は午後から会社説明会で 本来なら観無いのですが 何だかどうしても観たくて頑張りました(笑)

この布をusakoさんがどう探して自分の物にされるのか気になります。
>日本でも売っているお店が有るのですが 映画で見た様な美しい布は無くて 何時か現地に行きたいです(笑)
【2015/09/08 22:16】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
えりさん こんばんは

サーファーのお父さんがメッチャカッコいい!
>おとうさんは会場にも来ていらっしゃって お洒落で人目を惹く本当にカッコイイ方でした

日本のオヤジもイケてるって思う。(笑)
>イケてるオヤジ代表です
【2015/09/08 22:20】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2596-2efa6d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター