2回目はパキスタン映画「Daughter」
本日のひこ

Lisa-S_img_885_590.jpg

懐かしいカラス姫が生まれて初めて披露の写真
愛するdaughterが生まれ愛が満ち満ちた幸せな写真です

さて
あいち国際女性映画祭2日目はパキスタン映画
アフィア・ナサニエル監督の「Daughter(Dakhtar)」を観てきました

10352989_799395006785607_2922691676980888618_n.jpg

パキスタンといえば まず頭に浮かぶのは
ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん
実は同日の午後からドキュメンタリー「わたしはマララ」が
上映されたけど 仕事の合間に1日に1回だけと決めて観てるので
今回は日本初公開のこちらを選びました

11949277_963153423743097_6710099702391666694_n.jpg

敵対する部族との和平のため、その長トルグルと結婚させられることになった10歳の娘ゼナブ。母親は自分と同じ運命を辿らせまいと娘を連れて家を飛び出す。夫とトルグルに追われ、命からがら通りすがりのトラックに乗り込む母娘。心優しいトラック野郎とともに、母娘の逃亡劇が始まる。(映画祭あらすじより)



アフィア・ナサニエル 監督 プロフィール
1974年8月28日、パキスタン西北、アフガニスタンとの国境に近いクエッタに生まれ、2006年、米国コロンビア大学映画学科大学院を卒業。コンピュータ・サイエンティストから監督に転じ、最初の長編監督作である”Daughter”で、いきなり世界各地の映画賞を受賞し、2015年の米国アカデミー賞外国語映画賞部門パキスタン代表作に選ばれ、将来を嘱望されている。現在の活動拠点はニューヨーク。(映画祭パンフより)

20151111220700.jpg

とても色彩の美しい作品で 何時か行きたくなりました(笑)

でも
この映画は衣装や自然の美しさに目を奪われてる場合じゃ有りません

Dukhtar_film.jpg

実話にインスパイアされて 脚本監督制作を担って完成させた
「Daughter」はパキスタンが抱える2つの大きな問題に
女性監督が真正面から取り組んだ凄い意欲作なのです
名誉殺人という言葉を聞いたことがありますか?
親が決めた相手ではない男性と結婚したり
結婚後において夫に反抗したりする女性を
一族の名誉を汚したという理由で 両家族から殺害される事
それは名誉殺人という慣習として根付いているのです
パキスタンでは2011年に900人の女性が名誉殺人の
犠牲になったとの調査もあるそうです

そしてこのパキスタンで今問題になっているもう1つ重大な問題
それは児童婚 18歳未満の少女たちが結婚を強制されています

パキスタンの山間部にある村に10歳のゼナブ(Saleha Aref)は
家族と共にのんびりと暮らしていた
家にはいつでも母のアッラー・ラクリ(Samiya Mumtaz)がいて
優しく守ってくれたが 実は村は隣の部族と血で血を洗う紛争中で
一族を守るために ゼナブと隣の高齢の村長との結婚が決まる
父親の一方的な言葉に 母親は衝撃を受ける
自分も同じように若くして年の離れた夫との結婚をさせられたのだ
女性の尊厳を踏みにじるこの忌まわしい慣習が耐え難い母は
遂に娘の結婚式の当日 娘を連れて決死の逃避行に踏み出す

5066778_orig.jpg
 
父は自分たち一族の名誉を傷つけたとして娘を連れ戻し
母親を即刻殺害するように命じるのです これが「名誉殺人」です

実は映画を観ていて 此処までは私は数十年位前の設定だと
思っていたので 突然父親が携帯電話を取り出して 男達と
連絡を取り合うのに唖然としました
『え!?今の時代なの?』 私達には有得ない殺人です
でも現実には名誉殺人によって殺害される被害者は
世界中で年間5000人にのぼる という仰天の事実!?
主に中東のイスラム文化圏を中心に行われています

img_f07_daughter2.jpg

さて 逃げ出した母と娘ゼナブが隠れたのは極彩色のトラック
運転する若い男はソハイル(Mohib Mirza)という
助けを求める2人に対して最初は冷淡な態度を見せる彼
しかし 追手がトラックを止めて中を覗くが2人はいない
男気を見せて2人を荷台に隠し 逃走に手を貸すのだ

5623163_origtora.jpg
(実はめっちゃ好みの良い男です)

更にとある村のトイレを使う2人の姿を見た村民に通報され
又トラックが追跡される時 男が銃を慣れた手つきで撃つのだが
実は男は子供の頃孤児院を逃げ出し 憧れのテロ集団で
戦士として生きたのだが 今は脱退してトラック野郎なのです

映画「トラック野郎」シリーズは昭和50年代一世を風靡し
シリーズの大ヒットで 同じように車体を電飾で飾り
派手なペイントを施して走るデコトラが増加したけど
このトラックも負けない位に派手派手で可愛い小物が一杯(笑)

トラックv1

でもさりげなく話される男の言葉の端々から中東のテロ組織が
人々の生活の中に組み込まれているのを知り思わず戦慄した

追いかけられる2人を助ける事にした男の家で落ち着くと
母親は結婚以来会っていない自分の母親への思いが募り
危険を承知で娘を連れて会いに行くのですが
パキスタンの第2の都会ラホールのモスクで再会する女たちの前に
義弟が現れ撃たれて重体の母は不思議な夢を見るのです・・・

映画は此処で終わってしまうのですが 上映後のトークで
この場面には希望を込めましたと話す監督に会場は拍手喝采

このラホールのモスクはテロの危険がとても高いので 
実は全部セットですという監督の言葉に
パキスタンを取り巻く闇の深さを感じて沈としたけど

「Daughter(Dakhtar)」には確かに未来への輝きが感じられた

10354609_684266584993928_2172637027180408071_n.jpg

2017年の春に岩波ホールで公開予定 是非ご覧いただきたい!


3回目は「ベトナムの怪しい彼女」を今日観てきました
私はオリジナルの映画を観てないので 単純に笑い泣き
楽しく良い映画でした それについてはまた続き(笑)

スポンサーサイト
【2016/09/10 22:15 】
色々映画の話 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<地元の映画祭も終わり秋が・・・ | ホーム | あいち国際女性映画祭始まり「火Hee]>>
コメント
この彦ちゃんファミリーの写真はいつ見ても天使が舞い降りた様な荘厳な感じがします。

彦ちゃんファミリーは何よりも先ずパパさんが娘を守りますが(笑)、
広い世界の中ではこの様な悲しい現実が有るのですね。

もしDVDが出たら見たいと思います。
【2016/09/11 08:33】
| URL | ちほ #PJakg2V.[ 編集] |
ちほさん~こんばんは

本当にそうね~天使の様な姫の姿をたまには見せて欲しいわね~
最近はとんとご無沙汰で こうなると後ろ姿も恋しいわ(笑)

配給さんはついたからDVDは出るんじゃないかな
【2016/09/12 20:48】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
世の中にはまだまだいっぱい理不尽なことがあるんだろね~。
監督さんには、これからも頑張ってよい作品を作ってほしいね。
アメリカに行かなきゃ作れないってのも悲しいことだけど。。。

トラック運ちゃんw、アタシも好み(笑)
『ベトナムの~』はキムチのリメイクかな?
【2016/09/13 23:03】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
Pさん こんばんは

実はトルコでも何百人も殺されてるのよ!?

でもね監督さんが言ってたけど この映画パキスタンで4週間のロングラン上映されたんだって!
多くの女性や新しい考えの男性が観たそうよ 希望は有りますって仰ってた

この男優さんは向こうじゃ大人気のスターさんなの
ちょっと髪型とかステちゃん風よ(笑)

はいキムチ版がオリジナルです
【2016/09/13 23:35】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2786-63893261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター