母とシネマ歌舞伎に
本日のひこ

81486569gw1ezybszc5vcj20fd0bpwf7.jpg

この後の記事の方に対抗するには たまご肌のひこしかないです(笑)

連休最後の日は母孝行(笑)

去年の春4月 シネマ歌舞伎最新作『阿古屋』を
2017年1月7日(土)に全国公開することが決定致しました!
というニュースを見て 母にプリントして渡しました

以後8カ月 実の所忘れてたのですが 年末に
母のカレンダーを見て 「来年1月玉さま」と書いてあるのを見て
Σ(゚д゚lll)ガーンとしました 慌ててネットで見て日程をチェック
幸い3連休の後半は暇でした 母に1月9日に「阿古屋」の映画を
観に行きましょう~と伝えました

前日にネットで座席は予約して行きました
ミッドランドスクエアシネマはソフトレザー張りの椅子が楽ちんだし
前の席との段差が有るので邪魔にならないとても良いスクリーンです

o0480064113840305084.jpg

『高度な技術、表現力、美しさが必要なことから、演じられる人間が極めて少ない演目『阿古屋』。日本を代表する女方 坂東玉三郎が阿古屋を演じ多くの観客を魅了した公演が、シネマ歌舞伎作品としてスクリーンに登場!

『阿古屋』は通称「琴責め」とも言われ、琴・三味線・胡弓の三曲を阿古屋自ら演奏するという趣向が眼目の演目です。3つの楽器の弾き分けをはじめ、傾城の気品や色気、景清を想う心理描写も表現しなければならず、女方屈指の大役と言われる阿古屋。

今回は舞台映像だけでなく、舞台裏で『阿古屋』という作品を支える人々の様子をとらえた特別映像もたっぷり収録。最高級の遊女である傾城の華やかな衣裳に楽器の演奏と、視覚的にも聴覚的にもお楽しみいただけます。

絢爛豪華な舞台を映画館の大スクリーンでご堪能ください。』
(シネマ歌舞伎作品紹介より)

という事で堪能しました(笑)

akoya.jpg
「阿古屋」女方屈指の大役として 亡き中村歌右衛門が演じ
そして現在演じることができるのは坂東玉三郎ただ一人

玉三郎は「阿古屋という役を演じることは 私にとって
技術と体力と精神力が要求されるとても難しい役だった
いずれはこの役を演じる若い人が出てくることを切に願います」
と語っています

実際 琴・三味線・胡弓を完璧に弾くのは並大抵の事では無いはず
20㎏にもなろうという鬘と衣装を着こんでのあの演奏!弾き語りまで!

玉三郎は守田勘弥の養子になった時 父から琴・三味線・胡弓の
稽古をするように言われたと 映画の中のドキュメンタリーの部分で
説明しているけれど それが今の阿古屋につながったのですね
何時かは玉三郎の後をつぐ立女形が生まれるのだろうけれど
本物の阿古屋を演じきれる人が他にいるのだろうか・・・
この人の様に完璧を求め 芸一筋に真っ直ぐに生きて来た人は
やはり後にも先にも五代目坂東玉三郎ただ一人だろうなぁ~と
私と一つしか年は違わないのに 大写しになってもつるりとした
綺麗なたまご肌の美しい人に見惚れていました

母が絶賛していましたが 菊之助の重忠の気品はさすがでした
この人の女形は大好きだけど 立役の凛とした姿も最高に綺麗!!
今が一番華やかな年頃なのかしらね
でも今回の微動だにしない立役は大層凛々しく美しかったけど
やはりこの人にはぜひこの先阿古屋に挑戦して欲しいと思います!

岩永役の亀三郎の人形ぶりが 玉三郎と菊之助の間を
可笑しさでフッと場の緊張を緩ませて 
とても良いアンサンブルだと思いながら楽しみました

母じゃ無いけど 歌舞伎座まで行くと 交通費に宿泊費チケット代で
万札が沢山飛んでいくけど 2階席だと小さくて良く見えない・・・
でもシネマ歌舞伎だと 近くて安くて・・・衣装も表情もしっかり見えて 
声も良く分かり良い事尽くめ という事で次は3月の2人藤娘です
母は又カレンダーに書き込む事でしょう(笑)

ただ・・・今日の観客の大多数が中高年の女性でしたが
中には高齢のご夫婦も結構見かけました 
私達の列の方もご夫婦でしたが 
途中から結構大きないびきが聞こえてきました
私は気になって気になって 折角の琴や胡弓の繊細な音が
邪魔されて 出て行って欲しいなぁ とイライラしました 
結局最後までその方のいびきは聞こえました

幸い母の左側の方の方だったので 左耳が殆ど聞こえない母は
気が付かなかった様で文句が出なかったのでヤレヤレでしたが(笑)
映画と言えども 隣のお嬢さんは前のめりになって観てらしたし 
好きな者にとっては大事な時間でしたから 
思わず意識が遠のくのは分かるけど 後半ずっと
いびきが聞こえるのは勘弁して欲しかったです

でも自分もたまに途中寝てしまう事が有るのですが
もしかしたらいびきかいてるかもとちょっと怖くなりました(笑)
年を取るという事は中々辛いことです・・・


スポンサーサイト
【2017/01/09 23:49 】
うさぎの話 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<今年の香港金像奨は・・・ | ホーム | 香港に戻ると家に帰った気がします@ひこ>>
コメント
usakoさんとお母様がお2人で歩いていらっしゃるのを、柱の影から覗いてみたいです(笑)。
きっと凄いオーラなのでしょうね~!

この彦ちゃんは可愛い過ぎます、若い頃は本当に愛らしい人だったのだと感動です。。。v-238

ダンナさんが鼾かいてるのを奥さんはどうして起こさなかったのか?不思議です。
興味が無いのなら観に来ないで欲しいですね。
人間誰しもいつ何時鼾をかくかも知れないけど、こういう場所では迷惑この上無しです。
折角の美しい舞台がぶち壊しで、本当に残念でした。
【2017/01/10 17:40】
| URL | ちほ #PJakg2V.[ 編集] |
ちほさん こんばんは

80代後半のお婆さんともうちょっと若いおばあさんペアです
汚らしくはしていませんが(笑)

ダンナさんが鼾かいてるのを奥さんはどうして起こさなかったのか?不思議です。
>私も実はおばあさんに起こしてくださいって心の中で言い続けてた(笑)

人間誰しもいつ何時鼾をかくかも知れないけど、こういう場所では迷惑この上無しです。
>そうなのよね~だから余り強く文句を言えないけど 本当に迷惑だった!

折角の美しい舞台がぶち壊しで、本当に残念でした。
>玉さまに誤って欲しかった!
【2017/01/11 23:33】
| URL | usako #udg4x/Zk[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/2837-cec314b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター