自分らしい葬儀
IMG_1007.jpg

昨日 今日と久しぶりに従兄妹たちに会いました
母は7人姉弟の末っ子です 
先週末に伯母が86歳で亡くなりました
これで 母は一人になりました 
淋しいけどこればかりは仕方ないです

そんなわけで 従兄弟 従姉妹が12人集まりました
総勢はもっといるのですよ(笑)
上は70歳から一番下が50歳です 
子供の頃の20歳の差はものすごい差でしたが
今は 余り年の差を感じないから不思議ですね

私は 末っ子で皆に可愛がられていた母に付いて
伯父伯母たちと親しくしていたので 
自然従兄妹たちとも親しいのですが
中には 何十年も会っていない従兄妹もいます
でも 今回 30年ぶりに同い年の従兄弟に会ったのですが
見た瞬間に誰か分かりました 伯父に瓜二つでしたから(爆)
若い頃は判らなかったのですが 年をとると
恐ろしい程に親に似るものなのですね
従兄妹たちと話していると 伯父や伯母の面影が過ぎります
亡くなった伯母はとても華やかな人でした
7人姉弟の中で上から三番目の三女で
(上から4人が女で男2人そして母)
隣のお大尽の家に養女に行き 蝶よ花よと育てられた
他の姉弟の垂涎の人でした
養い親が亡くなると 養子の伯父の庇護の元
更に好き勝手に 華やかに華やかに生きました
でも 最後は 愛する息子二人に先立たれ
夫にも先立たれ 嫁の世話になったこの2年の日々でした
それでも 最後まで 自分の我を通していましたから
やはり幸せな人生といえるのでしょう

華やかなピンクのバラでハート型にかたどった祭壇の真ん中に
20年ほど前の綺麗な伯母が ピンクの額の中で艶やかに笑ってました
お棺もうっすらピンク色の絹の布で出来ていました
ここ5年の間に 次々と亡くなった家族の葬儀を取り仕切った
亡き次男の友人の葬儀社さんが 伯母のイメージに合う様にと
心を込めて作ってくれた葬儀の場でした
参列の皆さんが口々に 伯母らしいと感嘆していました
伯母は天真爛漫な人生を生き抜いて 最後も印象深く去りました

今回 私は 自分の場合はどの写真にして。。。
祭壇は どの花で飾り どの様な式にしようか
なんて真剣に考えてしまいました
それほど 伯母の葬儀は伯母らしくて素敵でした
まだ死は遠いものなのですが でも明日の事は実際判りません
最近も 知人がくも膜下で突然亡くなりました
私は どうせなら 自分の気に入った自分らしい写真を
大好きな花に囲まれて飾りたいとつくづくと思ったのです

今の私には 一枚気に入っている写真があります
昨年 クラス会で皆で撮った写真が 
好きな紅い服を着て 年よりも若く写って見えました(爆)
年よりになると 1歳でも若く見えるって大事です
たとえ傍目は一緒でもね 
さしあたり 10年位の間はあれがイイなんて思いながら 
ところであの写真は何処に仕舞ったかしら。。。と焦りながら
葬儀の場に居た私でした(爆)

IMG_1150.jpg



スポンサーサイト
【2008/03/25 22:35 】
うさぎの話 | コメント(13) | トラックバック(0)
<<あと2週間 | ホーム | 早咲き桜便り>>
コメント
おば様、亡くなられたのね。
ご愁傷様です。
ご冥福をお祈りします。

あたしもusakoさんの文章読みながら、あ、あの写真にしよう!って思ったのあります。

はっかんコンサートのときの。

むくくっ。v-10
実に幸福そうな顔してるんだもん。

最後に「いい人生だったわ、ありがとう」、って言えたらいいですね。




【2008/03/25 23:02】
| URL | やっほー #-[ 編集] |
更新がなかったから、どしたのかな~?と思ってたよ。
まさか、Pの例の件のせいかな?なんて、あせったりしたよ~(苦笑)
ってか、お忙しかったら、無理しないでくださいね~。

そっか、おば様、残念でしたね。。。
お母さんも1人になっちゃって、寂しいだろね~、usakoさん元気づけてあげてね。
【2008/03/26 00:00】
| URL | パブロ・あいまーる #iU4puUNs[ 編集] |
もう、usakoさんったら、
タイトルに驚くじゃないですか。

伯母様は残念でしたね。

でも本当に素敵な方だったのが、ピンクのハートでよく分かりました。

この辺りでは、まだ見ません。
田舎では勇気がいりますね(汗)。

でも羨ましいです。
両親もそんな風に送ってやりたいです。



【2008/03/26 00:05】
| URL | nabi #FcZfbeYc[ 編集] |
こんにちは。
周囲とともに年をとるせいで最近はお葬式ばかり・・・昨日もご近所の60歳のご主人が亡くなりました。葬儀社で演出されたプロフィール紹介にちょっと嫌悪感を抱いたりして、自分らしいお葬式について考えたばかりでした。

伯母様、素敵な人生を歩まれたのですね。家族に先立たれる悲しみを背負われたのはお気の毒でしたが。
他人様から見て形容のしやすい人生っていいなぁ、なんて思ったりもしました。
【2008/03/26 07:02】
| URL | 藍*ai #a2fnBRhM[ 編集] |
おはようございます。
最近、自分らしいお葬式をあげたいから、生前に準備する人が少しづつ増えているようです。
関係ない不特定多数の人に送られるより、本当に関係のある人にだけによる密葬も、私の周りでも多くなりました。
伯母様の場合は、ご本人の意思と云うよりも、周りの方の想いいれの様ですが、こんな風に想われるって、本当に素晴らしい方だったと判ります。
きっと皆様は、日がたつと共に淋しさが募ることでしょうね。
お1人になられたお母様は殊の外でしょうから、どうぞお大事にして下さい。
何時そんな日が訪れても良い様に、私も何かに自分の希望を書きとめておこうと思います。
【2008/03/26 10:48】
| URL | まさき #kgvl9yD.[ 編集] |
☆usakoさん☆
伯母さまは華やかな人生を送られたんですね。
素敵な女性だったんでしょうね。
旦那様・息子さんに先立たれとても辛い思いをなさったんですね・・・
でも幸せな人生を送れるなんて素晴らしいです!
不思議ですがやっぱり親子なんだなぁとつくづく思います。
いつそのような日がくるかわかりませんし、1日1日を大切に生きなきゃいけませんね。
写真☆少しでもキレイ?!に見えるものを残しておかなければ。
そうですね、年を重ねるたびに親と似てくる部分が増えてきてます・・・
【2008/03/26 14:58】
| URL | yuki #-[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/26 21:52】
| | #[ 編集] |
やっほーさん こんばんは
 
いいなぁ はっかんのコンサートの時の写真があるなんて
幸せいっぱいの写真で 
「いい人生だったわ、ありがとう」なんて最高!
是非是非!!!
【2008/03/26 22:47】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
Pさん 大丈夫よ
あっちの方は私の得意分野ですもの
ちょちょいのちょいで 出来上がりましたので
明日 送りますね 遅くとも2日後にはお手元に
気に入ってもらえるか。。。とても心配
まあ気に入らなかったら こっそり他のものにチェンジしてね


母は今のところは あんまり惨めな伯母を見たくなかったから
良かったと思っているけど これから段々と淋しくなるのでしょうね
【2008/03/26 22:52】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
nabiさん こんばんは

最近は本当にお葬式の形式が変わってきましたね
戦後に生まれ 自由に生きてきた人達が 老人になってきた所為でしょうか

どんどん自由な形式に囚われないものが 認められるようになりつつあります
nabiさんの地域もすぐに変わってきますよ


【2008/03/26 23:21】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
藍*aiさん こんばんは
季節の変わり目はお葬式も多い気がします
60歳ではまだ惜しいですね。。。

自分らしいって実際どんなでしょう。。。

伯母は すごく判り易い生き方 だったと思う半面
やはり誰だって 知られていない面があります
お通夜の席で 二人のお嫁さんから聞く姑の伯母は 少し違う人でした
息子二人に先立たれても 傍目には平気そうに見えましたが
そんな筈はありませんよね
実のところ 私には 謎の多い人でした

それでも 綺麗な伯母の遺影を前にすると 
美しい思い出だけで良い気がしました

【2008/03/26 23:30】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
まさきさん こんばんは
最近は 自分らしい葬儀を考えるという特集などが
あちらこちらで見かけますよね
でも実際は結構他人事の人が多いと思います
勿論若くて元気だったら当然です(笑)
私は 自分が病気だったり 周りが年寄りだらけだったりで
普通よりそういう事に関心があるのだと思います
今回 思いのほか 自由に出来るのだと判ったので
何か準備をしておこうと思ったわけです
ご賛同頂けて嬉しいです 

【2008/03/26 23:43】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
yukiさん こんばんは 
ここのコメント欄は 時々ダブってしまう事があるみたいですの
気がついたら 直しておくのですが 今夜は遅くなってしまい ごめんなさい

伯母は戦前のお嬢様で そのまま妻になり母になりましたが
実際は女中さんがいましたから 何もしてなかったみたいです
ですから ほんのこの2年前から 
初めて一人で何でもしなくてはいけない生活でした
お金は何時でも湧いてくると思って 使う事しか知らない伯母が 
初めてお金の無い生活をしました
このまま こんな生活が長いと可哀相でしたから
母は何時も 息子たちや 伯父に 早く迎えに来てやって欲しいと祈っていました
なので 母は今は心からほっとしているようです
世間知らずの子供の様で 気前が良いので人気者で
何時も綺麗で 笑ってばかりいる人でしたから 多くの参列者でした
まずは 幸せな人生だったと思います

親子は不思議ですね 若い頃は両方に似ているのですが
年を重ねていくと 息子は父に 娘は母に 何故か似てくるのです
私なども 父にそっくりと言われていたのに 
最近 母に似てきたようです 自分では分かりませんが(笑)
【2008/03/27 00:05】
| URL | usako #dN1wHbUA[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hikomei.blog56.fc2.com/tb.php/508-d9892af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

無料カウンター